20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Corinne Luchaire

コリンヌ・リュシェール

Corinne Luchaire

1921-1950 (フランス)


heartbar

   代表作

Prison_Sans_Barreaux-2
 格子なき牢獄
 Prison Sans Barreaux
 
(1938年/フランス)
 
    『格子なき牢獄』 で鮮烈な印象を残した戦前のアイドル

  ・1921年、パリ生れ。14歳の時に、歴史家・作家であった祖父が書いた舞台劇で女優デビュー。その後、『みどりの園』 (1935年)、『真夜中の歌手』(1937年)にエキストラとして出演し、『格子なき牢獄』 (1938年)で本格的な銀幕デビューを果たした。
 一躍脚光を浴び、『美しき争ひ』 (1938年)、『郵便配達は二度ベルを鳴らす』 (1939年)等に出演。
 イタリア映画 『Abbandono (1940年) に出演後、結核を患い、銀幕から姿を消した。
 映画女優として活動した期間は僅か2年。出演作は10本にも満たない。
Conflit
Le_dernier_tournant
『美しき争ひ』 アニー・デュコー(左)と
『郵便配達は二度ベルを鳴らす』

 ・『格子なき牢獄』 は、日本では1939年に公開され大ヒット。不良少女を演じたコリンヌは当時の青年たちの間で大変な人気を博した。
 週刊文春が1988年に実施した大アンケート 「わが青春のアイドル ベスト150」 の洋画女優部門では第3位に選出されている。
 自身も彼女の大ファンであった作家の野坂昭如さん (1930年生れ) が一文を寄せている。
 「…十歳くらい上の皆様が、彼女に熱を上げられた。即ち、戦死者をもっとも多く出した世代の、銀幕の恋人なのだ。
Prison_Sans_Barreaux

Corinne_Luchaire-4
 ・親独派で裕福な家庭に育ったコリンヌは、フランス占領下でナチス・ドイツ軍将校の愛人であったため、パリ解放後に市民から糾弾を受けた。頭を坊主にされ、対独協力の罪で投獄されたという。
 1948年に釈放されたが、1950年、結核により28年の短く、波乱万丈の生涯を終えた。
 当時の日本で、これほどの高い人気を得ていたことを、恐らく本人も知らなかったであろう。

Corinne Luchaire-2
Corinne Luchaire-3

HOME