20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
The General

     キートン将軍 (キートンの大列車追跡)
     The General
      監督:バスター・キートン、 クライド・ブラックマン
     (1926年/アメリカ)
filmbar

 
 バス ター・キートンの代表作

 1861年、南北戦争開戦直前のジョージア州。
 機関士のジョニーには愛するものが2つあった。自分が運転する機関車の「将軍号」 と恋人のアナベルだ。
 ジョニーアナベル宅を訪問中に南 北戦争開戦の報せが届き、彼女の父と兄が南軍への入隊を志願した。
The Genaral-2 The General-3

 ジョニーも志願したが、「機関士として働かせた方が良い」 との係官の判断により不採用となった。(本人は不採用の理由を知らない)。ジョニーはアナベルの父から「南 部の面汚し」と罵られ、アナベルにも「軍服を着るまで口をきかない」 と振られてしまった。
The General-4 The General-5


  


  主な出演者など

General-19
 ジョニー役
  バスター・キートン Buster Keaton
 アナ ベル役
  マリオン・マック Marion Mack

 ・キートン本人が最も好きな作品だったと言われている。公開当時の評価は芳しくなく、興 行的には失敗作となったが、キートンの没後に再評価され、現在では彼の代表作でありサイレント期の喜劇の代表的傑作とされている。
The General-16 General-20

General-21
General-22

 ・AFI(アメリカ映画協会)が2000年に選定した「笑えるアメリカ映画ベスト100」 で第18位に。サイレント映画では最高位である。
General-17
General-23

General-24
The General-18


HOME