20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Duck Soup

     我輩はカモである
     Duck Soup
     監督:レオ・マッケリー
     (1933年/アメリカ)
filmbar

 
 ナンセン ス・コメディ マルクス兄弟の代表作

 財政難にあえぐフリードニア国は資産家のティ スディル夫人に資金援助を求め、夫人はファイアフライを 首相にすることを条件に融資をした。
 ファイアフライ首相就任の祝賀パーティー。隣国シルベニアの大使トレンチーノは、踊子のヴェラ・マーケルをスパイとして送り込んでいた。

Duck Soup-2 Duck Soup-4

  


youtube
 『我輩はカモである』 予告編


  主な出演者など 

Duck_Soup
 マルクス兄弟 (左 から)
   グルーチョ(三男) … ファイ アフライ役
   ゼッポ(五男) … 
秘書官役
   チコ(長男) … 
チコリーニ役
   ハーポ(次男) … 
ピンキー役
 マーガレット・デュモント … ティスディル夫人役
 ルイス・カルハーン … トレンチーノ役


 ・マルクス兄弟の代表作と評価されているが、公開当時は興行的に振るわず、彼等が契約して いたパラマウント社で の最後の作品となった。
 五男のゼッポは本作を最後にタレント業を引退し、以後、タレント・エージェントとなった。
Duck_Soup-17

Duck Soup-19  ・監督はレオ・マッケリー。 キャリアの初期は本作をはじめ、数多くのコメディ映画を撮っている。
  (左の写真) 左から、マッケリー監督、チコ、ハーポ

 ・マルクス兄弟の大ファンであるウッディ・アレンは、『ハンナとその姉妹』(1986年) において、自身が演じるノイローゼの男がこの 『我輩はカモである』 を観て救われるというオチでマルクス兄弟をレスペクトしている。 Duck Soup-20

 ・AFI (アメリカ映画協会) が2000年に選定した 「笑えるアメリカ映画ベスト100」 で、第5位に選出。

HOME