20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Leo McCarey

レオ・マッケリー

Leo McCarey

1898-1969 (アメリカ)

Megaphonrbar

   代表作

Duck_Soup
 我輩はカモである
 Duck Soup
  
(1933年/アメリカ)
The Awful Truth
 新婚道中記
 The Awful Truth
  (1937年/アメリカ)
Love Affair
 邂逅
 Love Affair
  (1939年/アメリカ)
Going My Way
 我が道を往く
 Going My Way
 (1944年/アメリカ)
The Bells of St. Mary's
 聖メリーの鐘
 The Bells of St. Mary's
 (1945年/アメリカ)
An Affair to Remember
  めぐり逢い
 An Affair to Remember
 
(1957年/アメリカ)

    アカデミー賞の作品、監督、脚本の3部門を受賞した最初の監督

 ・1898年、カリフォルニア州ロサンゼルス生れ。
 父親の勧めで、南カリフォルニア大学法科大学院を卒業し、刑事弁護士となったが、一度も勝訴することなく弁護士業に見切りをつけた。

 ・1918年、ユニヴァーサル社に入社。助監督を経て、『Society Secrets(1921年) で監督デビュー。

 ・1923年、ハル・ローチ社に移り、喜劇 『ちびっ子ギャング』 シリーズのギャク・ライターとしても活躍。1927年には、ローレル&ハーディの 「極楽コンビ」 の結成にも関わり、29年までにコンビの短編サイレント映画を8本監督した。

 極楽コンビ」 ローレル&ハーディ
 
チビでハニカミ屋のスタン・ローレルと、デブで気難しいオリバー・ハーディのお笑いコンビ。
 1927年にコンビを組み、トーキーの時代に入ってからも活躍。
51年までにコンビで104本もの映画に出演した。
Laurel&Hardy
Laurel-Oscar  1960年、スタン・ローレルにアカデミー賞名誉賞が贈呈された。(オリバー・ハーディは1957年に他界)
 ローレルは、ハリウッド・デビュー前のイギリス時代に、チャップリンと同じ劇団に所属していた。

 ・1933年、パラマウント社と契約。マルクス兄弟『吾輩はカモである』 (1933年)、メイ・ウエストの 『罪ぢゃないわよ』 (1934年)ハロルド・ロイドの 『ロイドの牛乳屋』 (1936年) といったコメディ映画を監督。
 脚本よりも、喜劇役者たちの即興的な演技を重視することで知られていた。
  (右の写真 )『罪ぢゃないわよ』 撮影時。メイ・ウエストと
Belle_of_the_Nineties

The_Awful_Truth-2  ・1937年、コロンビア社で製作・監督したスクリューボール・コメディの傑作 『新婚道中記』 が、アカデミー賞の作品賞を含む6部門でノミネートされ、監督賞を受賞。
 マッケリー監督は、同作の前に撮った 『明日は来たらず』 が自分のベスト作と信じていたので、「アカデミー協会は、賞を与える作品を間違えた 」 と語った。
   (左の写真) 『新婚道中記』 撮影時。アイリーン・ダンケーリー・グラント(右)と

 ・『明日は来たらず』 は、家を手離すことになった老夫婦が子供たちのところへ行くが、別れて暮らすことになるというヒューマンドラマ。
 オーソン・ウェルズ曰く、「石だって泣かせる映画だ 」。
  (右の写真) 『明日は来たらず』 撮影時のマッケリー監督。
   手前は主演のヴィクター・ムーア(左)とビューラ・ボンディ(右)
Make Way for Tomorrow

Love Affair-2  ・1939年、RKO社でメロドラマの秀作 『邂逅』 を製作・監督。
 アカデミー賞で作品賞を含む6部門でノミネートされたが受賞はならず。
  (左の写真) 『邂逅』 撮影時。シャルル・ボワイエ(中央)、アイリーン・ダンと

 ・1944年、ヒューマンドラマの名作 『我が道を往く』 がこの年最大のヒット作に。
 アカデミー賞では9部門でノミネートされ、作品、監督、主演男優ビング・クロスビー、助演男優(バリー・フィッツジェラルド)、脚色、原案、主題歌の7部門で受賞。
 マッケリー監督は製作者、原案者でもあったので、1人で3つのオスカーを受賞。アカデミー賞の歴史において、作品賞、監督賞、脚本賞の3部門を受賞した最初の人物となった。
 * その後、ビリー・ワイルダー、フランシス・コッポラ、ジェームズ・L・ブルックス、
   ピーター・ジャクソン、コーエン兄妹が達成 (2014年現在)。

  (右の写真) イングリッド・バーグマンビング・クロスビー(右)と
Leo McCarey-oscar

The Bells of St. Mary's-2  ・翌45年の 『聖メリーの鐘』 は、インフレ調整後の興行成績では歴代51位 (2014年現在) という記録的な大ヒットとなった。
 当初の予定と異なり、続編である 『我が道を征く』 の方が先に完成・公開された。アカデミー賞の作品賞を含む8部門でノミネートされ、録音賞を受賞。
 (左の写真) 『聖メリーの鐘』 撮影時。イングリッド・バーグマン、ビング・クロスビー(右)と

 ・戦後は創作活動がスローダウン。ゲーリー・クーパー主演の 『善人サム』 (1948年) を撮った後、短編ドキュメンタリー 『You Can Change the World (1950年) 、反共作品 『My Son John(1952年) を監督。その後、暫らく映画製作の現場から遠ざかった。
  (右の写真) 『善人サム』 撮影時。ゲーリー・クーパー(中央)、アン・シェリダンと
Good_Sam

An_Affair_to_Remember-2
 ・5年ぶりに、自身の作品 『邂逅』 をリメイクした 『めぐり逢い』 (1957年) を監督。
 前作に劣らず、メロドラマの秀作として人気の高い作品で、戦後の代表作となった。
  (左の写真) 『めぐり逢い』 撮影時。ケーリー・グラント(中央)、デボラ・カー

 ・その後、ポール・ニューマン主演の 『女房万歳!』 (1958年)ウィリアム・ホールデン主演の 『誘惑の夜』 (1962年) の2作を監督。
  (右の写真) 『女房万歳!』 撮影時。ポール・ニューマン(左)と

 ・1969年70歳で他界。
Rally_'Round_the_Flag,_Boys
 
HOME