20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Bing Crosby

ビング・ク ロスビー

Bing Crosby

 
1903-1977(アメリカ)


starbar

     代表作
 
Road_to_Morocco
 モロッコへの道
 Road to Morocco
 (1942年/アメリカ)
Going_My_Way
 我が道を往く
 Going My Way
 (1944年/アメリカ)
The_Bells_of_St._Mary's
 聖メリーの鐘
  The Bells of St. Mary's
 (1945年/アメリカ)
White_Christmas
  ホワイト・クリスマス
 White Christmas
 
(1954年/アメリカ)
The_Country_Girl
 喝采
  The Country Girl
 (1954年/アメリカ)
High_Society
  上流社会
 High Society
 
(1956年/アメリカ)

    本国で絶大な人気を誇ったエンターテイナー

 ・1903年、ワシントン州生れ。大学を中退し、友人とロサンゼルスで歌手 活動をスタート。1926年、当時人気の 「ポール・ホワイトマン楽団」 に加入し、翌27年、ボーカル・トリオ 「リズム・ボーイズ」 を結成。
 ポール・ホワイトマン主演の映画 『 King of Jazz(1930年) にも、「リズム・ボーイズ」 として出演した。
 (右の写真) 「リズム・ボーイズ」。 左端がビング・クロスビー
The_Rhythm_Boys

The_Big_Broadcast
 ・1931年、クロスビーのソロ・レコードがヒットし、「リズム・ボーイズ」 は解散。ラジオ番組 「ビング・クロスビー・ショー」 が好評を博し、全米で有数の人気歌手となっていたクロスビーに目をつけたパラマウント社と契約。
 『ラジオは笑う』 (1932年) で、映画界にも本格的に進出した。
  (左の写真) 『ラジオは笑う』 スチュアート・アーウィンと

We're_Not_Dressing
Two_for_Tonight
『恋と胃袋』 (1934年) キャロル・ロンバード
『今宵は二人で』 (1935年) ジョーン・ベネット

 ・ボブ・ホープ、ドロシー・ラ ムーアと共演したミュージカル・コメディ “珍道中シリーズ” は高い人気を誇り、7作品が製作された。
 『シンガポール珍道中』 (1940年)、『アフリカ珍道中』 (1941年)、『モロッコへの道』 (1942年)、『アラスカ珍道中』 (1946年)、『南米珍道中』 (1947年)、『バリ島珍道 中』 (1952年)、『ミサイル珍道中』 (1962年)
  (右の写真) 『アラスカ珍道中』 ボブ・ホープ(右)、ドロシー・ラムーア(中央)と
Road_to_Utopia
  *  『モロッコへの道』 … 日本で最初に公開された作品で、‟珍道中” という言葉が使われていない。

Holiday_Inn
 ・フレッド・アステアと 共演したヒット作 『スイング・ホテル』 (1942年) からは、史上最も売れたシングル・レコード (推定5,000万枚) として、ギネス・ブックに認定されている名曲 「ホワイト・クリスマス」 が生また。
 (左の写真) 『スイング・ホテル』 マージョリー・レイノルズ(左)、フレッド・アステア(右)と
 クロスビーはXマス・ソング 「サイレント・ナイト (きよしこの夜)」  (1935年) も大ヒット (推定3,000万枚で歴代3位) させているが、この曲は宗教音楽のため、売上は慈善事業へ寄付され、彼には1セントも入らなかったとか。

Going_My_Way-2
The_Bells_of_St._Mary's-2
『我が道を往く』 (1944年/監督:レオ・マッケリー
バリー・フィッツジェラルド (右)と
『聖メリーの鐘』 (1945年/監督:レオ・マッケリー)
イングリッド・バーグマン

 ・俳優としては、自他ともに ‟軽いコメディアン” と認めるところで あったが、『我が道を往く』 (1944年) でアカデミー賞主演男優賞を受賞。コミカルな演技だけでなく、シリアスな演技も一流であることを証した。
 その後、『聖メリーの鐘』 (1945年/監督)、『喝采』 (1954 年) でもアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

youtube
 親友でもあったゲーリー・クー パーからオスカー像を贈られるビング・クロスビー。


The_Emperor_Waltz
White_Christmas
『皇帝円舞曲』 (1947年/監督:ビリー・ワイルダー
ジョーン・フォンテイン

『ホワイト・クリスマス』 (1954年/監督:マイケル・カーティス
右からダニー・ケイ、ヴェラ・エレン、ローズマリー・クルーニーと

The_Country_Girl-2 High_Society-2
『喝采』 (1954年) グレース・ケリー
『上流社会』 (1956年) ルイ・アームストロングと

 ・1960年、ゴールデン・グローブ賞のセシル・B・デミル賞を受賞。

 ・MGM社ミュージカルのアンソロジー映画 『ザッツ・エンタテインメント』 (1974年) に、プレゼンターの1人として出演したのが銀幕での最後の姿となった。同社の作品 『上流社会』 (1956年) からのシーン等が使用された。

 ・ドル箱 (マネー・メイキング) スター・ベストテンには、1934年(第7位)に初登場。以後、37年(第4位)、40年(第7位)、43年(第4位)、44年から5年連続で第1位、 49年(第2位)、50年(第3位)、51年(第5位)、52年(第4位)、53年(第5位)、54年(第8位)と15回ランク入り。5年連続での第1位 は、バート・レイノルズ (1978〜82年) と共に歴代第1位。15回のランク入りは歴代第7位 (2014年現在)

Bing_Crosby-4  ・歌手としては全米No.1ヒットが41曲。あのビートルズですら20曲なので、恐らく 歴代最多であろう。
 オスカー受賞曲は4曲。 「スイート・レイラニ」 (『ワイキキの結婚』) 。「ホワイト・クリス マス」 (『スイング・ホテル』)。「星にスイング」 (『我が道 を往く』)。「冷たき宵に」 (『花婿来たる』)。
 1962年、グラミー賞の生涯功労賞 (Grammy Lifetime Achievement Award ) を受賞。同賞の最初の受賞者である。
 「ホワイト・クリスマス」、「星にスイング」、「黄金の雨」、「僕は気ままに」 の4曲がグラミー賞の殿堂入りを果たしている (2014年現在)

 ・ゴルフが大好きで、プロゴルフトーナメント 「ビング・クロスビー・ナショナル・プロアマ」 (1937年〜) を主催。ゴルフが出来なくなると いう理由で、TVの 「刑事コロンボ」 シリーズの主役を辞退したとか。
 ゴルフ競技の発展に貢献したことにより、1978年に世界ゴルフ殿堂入りをした。 
 (右の写真) ボブ・ホープ (左)と。ボブ・ホープも83年にゴルフの殿堂入りをしている。
Bing_Crosby-5

Bing_Crosby-6
 ・1977年、スペインのマドリード郊外にあるゴルフ場でプレー中に、心臓 麻痺で急死。享年77歳
 (左の写真) デビッド・ボウイと。亡くなる1ヶ月程前に、ロンドンで収録されたTV番組より。

Bing_Crosby-2
Bing_Crosby-3

HOME