20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Joan Fontaine

ジョーン・フォンテイン

Joan Fontaine

1917-2013 (イギリス/アメリカ)


heartbar

     代表作

Rebecca
 レベッカ 
  Rebecca
  (1940年/アメリカ)
Suspicion-2
 断崖 
  Suspicion
  (1941年/アメリカ)
Jane Eyre  ジェーン・エア
 Jane Eyre
  (1943年/アメリカ)
Letter from an Unknown Woman
 忘れじの面影
 Letter from an Unknown
  Woman
 (1948年/アメリカ))
 
    ヒッチコック作品でオスカーを獲得した唯一のスター

 ・1917年、東京生まれ。本名は Joan de Beauvoir Havilland父親は東京帝国大学の英語教授、母親は元舞台女優で、共にイギリス人。1歳年上の姉はオリヴィア・デ・ハヴィランド
 姉妹が病弱であったため、母親の意向で、1919年にイギリスへ向かって出立。旅の途中、姉妹が病気となり療養のために滞在したカリフォルニア州にそのまま定住。父親は家族と別れ日本へ戻り、その後、両親は離婚した。
  3歳の時に、IQテストで160のスコアを出した天才児だった。

 ・高校生になると、ジョーンだけが日本へ戻り、父親と暮らしながら、アメリカン・スクールと聖心女学院に通った。

 ・1935年、高校卒業後アメリカへ戻り、銀幕デビュー (1935年) を果たしていた姉の後を追うように女優となり舞台に出演。MGM社にスカウトされ、ジョーン・クロフォード主演の 『男子牽制』 で銀幕デビュー。
 その後、RKO社と契約し、フレッド・アステア主演 『踊る騎士』 (1937年)ケーリー・グラント主演 『ガンガ・ディン』 (1939年/監督:ジョージ・スティーヴンスノーマ・シアラー主演 『ザ・ウィメン』 (1939年/監督:ジョージ・キューカー 等に出演したが、39年に契約を打ち切られてしまった。
Gunga_Din
The_Women
『ガンガ・ディン』 左から、ヴィクター・マクラグレン
ケーリー・グラント、ダグラス・フェアバンクス・ジュニアと

ザ・ウィメン』
ロザリンド・ラッセル(左)、ノーマ・シアラー(右)と


Brian Aherne
 ・1939年、俳優のブライアン・エイハーンと結婚したが、45年に離婚。
 (左の写真) ブライアン・エイハーンと
  * ブライアン・エイハーン … 『Juarez 』 (1939年) でアカデミー賞
   助演男優賞にノミネートされた。


 ・女優として鳴かず飛ばずの状況であったが、独立系の大物プロデューサー、デビッド・O・セルズニックとの出会いが転機となった。
 セルズニックに 『風と共に去りぬ』 (1939年) のメラニー役を勧められたが、彼女はスカーレット役を狙っていた為、姉のオリヴィアをメラニー役に推薦したとの逸話が残っている。
  (右の写真) デビッド・O・セルズニック(左)、アルフレッド・ヒッチコック監督(右)と
David O. Selznick

/Rebecca-2  ・セルズニックが製作したヒッチコック監督のハリウッド・デビュー作品 『レベッカ』 (1940年) のヒロイン役を演じ、アカデミー賞主演女優賞にノミネート。一躍人気スターとなった。
  (左の写真) 『レベッカ』

 ・ヒッチコック監督との2作目 『断崖』 (1941年)アカデミー賞主演女優賞を受賞。ヒッチコック作品でオスカーを獲得した俳優は彼女だけである。
 同じくオスカー候補であった姉のオリヴィアを破って受賞したことが、姉妹の不仲の原因の一つと言われている。
  (右の写真) 『断崖』 ケーリー・グラントと
Suspicion-2

              アカデミー賞授賞式にて
Olivia De Havilland Gary Cooper
オリヴィア・デ・ハヴィランド (右) と ゲーリー・クーパー

 ・シャルル・ボワイエと共演した 『永遠の処女』 (1943年) で、3度目のアカデミー賞主演女優賞候補に。本人のお気に入りの作品。
The Constant Nymph Jane_Eyre-2
『永遠の処女』 シャルル・ボワイエと 『ジェーン・エア』 (1943年) オーソン・ウェルズ

William_Dozier  ・1946年、製作者のウィリアム・ドジャーと再婚。女の子を授かったが、51年に離婚。
 『忘れじの面影』 (1948年) はウリアム・ドジャーが製作した作品。
  (左の写真) ウィリアム・ドジャーと
    * ウィリアム・ドジャー … TVの 「バットマン」 (1966-68) 等を製作

Letter_from_an_Unknown_Woman-2
The_Emperor_Waltz
『忘れじの面影』 (1948年)
ルイ・ジュールダンと
『皇帝円舞曲』 (1948年/監督:ビリー・ワイルダー
ビング・クロスビー
You_Gotta_Stay_Happy
September Affair
『不時着結婚』 (1948年) ジェームズ・ステュアート
『旅愁』 (1950年) ジョゼフ・コットン

 ・1951年、ペルー人の女の子を養子縁組。彼女が16歳になったら両親のもとへ戻す約束だったが、女の子がペルーへ戻ることを拒否したため、ジョーンとの関係も疎遠になったという。
 (右の写真) 2人の娘と
Joan Fontaine-4
 ジョーンは3度目の結婚 (1952-61年)、4度目の結婚 (1964-69年) とも長くは続かなかった。

Ivanhoe
Casanova's_Big_Night
『黒騎士』 (1952年) ロバート・テイラー 『豪傑カサノヴァ』 (1954年) ボブ・ホープ
Beyond_a_Reasonable_Doubt
The Witches
『条理ある疑いの彼方に』 (1956年/監督:フリッツ・ラング
ダナ・アンドリュース
『影なき裁き』 (1966年)

 ・1950年代以降、徐々にヒット作に恵まれなくなり、劇場用映画は 『影なき裁き』 (1966年) が最後となったが、舞台やTVで息長く活躍した。
 大ヒットした舞台 「お茶と同情」 (1953年) にも出演。デボラ・カーから引き継いだ役でアンソニー・パーキンスと共演した。
  (右の写真) 舞台 「お茶と同情」 アンソニー・パーキンスと
Tea and Sympathy

Joan_Fontaine-3
 ・TV 「ヒッチコック劇場」 (1963年) にもゲスト出演。
 TVドラマ 「Good King Wenceslas (1994年) が、女優としての最後の作品となった。
  (左の写真) アルフレッド・ヒッチコック監督と

  ・1978年、自伝 「No Bed of Roses 」 を出版。

 ・東京で生まれたオリヴィアとジョーン。姉妹でアカデミー賞主演女優賞を獲得したのは、後にも先にもこの2人だけ (2014現在)。そんな2人が不仲であったのはちょっと残念。
  ジョーンは、「結婚もアカデミー賞も私の方が先だった。私が先に死ねば、姉は激怒するでしょう 」 と語っていたそうだが、姉よりも先に逝ってしまった。
   (右の写真) オリヴィア・デ・ハヴィランド (右) と。1939年。
with Olivia De Havilland

 ・2013年96歳で他界。

Joan Fontaine-2
Joan Fontaine-3

HOME