20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Alfred Hitchcock

アルフレッド・ヒッチコック

Alfred Hitchcock

1899-1980 (イギリス/アメリカ)

Megaphonrbar

   代表作

Rebecca
 レベッカ
 Rebecca
  
(1940年/アメリカ)
Suspicion
 断崖
 Suspicion
  (1941年/アメリカ)
Notorious
 汚名
 Notorious
  (1946年/アメリカ)
Rear Window
 裏窓
 Rear Window
 (1954年/アメリカ)
Vertigo
 めまい
 Vertigo
 (1958年/アメリカ)
North by Northwest
  北北西に進路を取れ
 North by Northwest
 
(1959年/アメリカ)
Psycho
 サイコ
 Psycho
  (1960年/アメリカ)
The Birds
 鳥
 The Birds
 (1963年/アメリカ)

    サスペンス映画の神様

 ・1899年、ロンドン生まれ。実家は青果や鶏肉の卸売業を営んでいた。
 5歳の時に父親の言つけに背いた罰として留置場に入れられ、以来警察嫌いになったというエピソードがあるが、これは本人の作り話とも言われている。
 1908年から1913年まではカトリック系の聖イグナチウス校の寄宿舎で過ごした。
 1914年に父親が亡くなり、家計を助けるために電信ケーブル会社で働き始めた。製図を描き、後に広告を手掛けた。

 ・1919年、アメリカのフェーマス・プレイヤーズ社 (後のパラマウント社 ) がロンドンのイズリントンに設立した撮影所に入社。タイトルデザインを数本手がけた後、美術監督となった。その後、撮影所が映画製作者マイケル・バルコンに買収されたが、ヒッチコックはそのまま雇われ、美術監督の他、脚本家、助監督なども務めるようになった。
 初の監督作品 『第十三番』 (1922年) は、製作費を工面出来ずに製作中止となった。
  (右の写真) 若い頃のヒッチコック監督
Alfred_Hitchcock-6
 ・マイケル・バルコン製作の 『快楽の園』 (1925年) で監督デビュー。ドイツで撮影された作品だが、ヒッチコックは当時のドイツの巨匠F・W・ムルナウ監督フリッツ・ラング監督の作品に感銘し、影響を受けたとされている。

Alma_Reville  ・1926年、『快楽の園』 で撮影記録係を務めていたアルマ・レヴィルと結婚。
 彼女は 『断崖』 や『疑惑の影』 等の脚本家としても活躍。ヒッチコックの最大の理解者として、彼が亡くなるまで連れ添った。
  (左の写真) 結婚式でのヒッチコック監督とアルマ・レヴィル
 ・1928年、一人娘パトリシアを授かった。
 彼女は 『舞台恐怖症』、『見知らぬ乗客』、『サイコ』 に出演した。
  (右の写真) 妻と娘と
Hitchcock's Family

 ・監督3作目で、‟切り裂きジャック” をモデルとした初のサスペンス 『下宿人』 (1927年) を撮った。
 ヒッチコック監督がカメオ出演した最初の作品でもある。製作費を抑えるためのエキストラ出演だったが、その後ヒッチコック作品のお約束となり、ファンを楽しませることとなった。 
The Lodger The Lodger-2
『下宿人』 下宿人役のアイヴァー・ノヴェロ 『下宿人』 ヒッチコック監督の初登場シーン

初のトーキー作品 『恐喝 (ゆすり)』 (1929年) 撮影時
初期の傑作の1本 『暗殺者の家』 (1934年) 撮影時
Blackmail The Man Who Knew Too Much
アニー・オンドラと ピーター・ローレ

ギリス時代の最高傑作 『三十九夜』 (1935年) 撮影時
『バルカン超特急』 (1938年) 撮影時
The 39 Steps The Lady Vanishes
ロバート・ドーナット、マデリーン・キャロル マーガレット・ロックウッドと

Selznick Hitchcock  ・『バルカン超特急』 でニューヨーク映画批評家協会賞の監督賞を受賞するなど、国際的な名声を得たヒッチコック監督は、独立系の映画製作者デビット・O・セルズニックに招かれハリウッドへ渡った。
 (左の写真) デビット・O・セルズニック(左)と

 ・ハリウッドでの1作目 『レベッカ』 (1940年) は、アカデミー賞の作品賞、監督賞など11部門でノミネートされ、作品賞と撮影賞(白黒部門)の2部門で受賞した。
  (右の写真) 『レベッカ』 撮影時。ジョーン・フォンテインローレンス・オリヴィエ
Rebecca-2

Foreign_Correspondent  ・2作目の 『海外特派員』 (1940年/製作:ウォルター・ウェンジャーも、作品賞など6部門でノミネートされたが、こちらは無冠に終わった。
 同作の主演のオファーを断ったゲーリー・クーパーは、完成した映画を観て、辞退したことを後悔したと言われている。
  (左の写真) 『海外特派員』 撮影時。ジョエル・マクリー、ハーバート・マーシャルと

 ・ヒッチコック監督最初で最後のコメディ・ロマンス 『スミス夫妻』 (1941年) は、主演のキャロル・ロンバードの要望に応じてメガホンをとった。やっぱりブロンドの美人には弱いのかな?
  (右の写真) 『スミス夫妻』 撮影時。ロバート・モンゴメリー、キャロル・ロンバードと
Mr. & Mrs. Smith

Suspicion-3
 ・セルズニック製作の2作目 『断崖』 は、アカデミー賞の作品賞を含む3部門でノミネートされ、ジョーン・フォンテインが主演女優賞を受賞。ヒッチコック作品でオスカーを獲得した唯一の俳優となった。
 また、同作で初めて組んだケーリー・グラントは、ヒッチコック監督一番のお気に入りの男優となった。
  (左の写真) 『断崖』 撮影時。ケーリー・グラント、ジョーン・フォンテインと

『逃走迷路』 (1942年) 撮影時 『疑惑の影』 (1943年) 撮影時
Saboteur Shadow_of_a_Doubt-2
プリシラ・レーン、ノーマン・ロイドと テレサ・ライト(右)と

 ・『救命艇』 (1944年) は、タイトル通り、救命艇内を舞台とした密室サスペンス。ヒッチコック監督は新聞のダイエット広告のモデルとして登場。カメオ出演の最高傑作?
 ヒッチコック監督は2度目のアカデミー賞監督賞候補に。
  (右の写真) 『救命艇』 のカメオ出演シーン
Lifeboat

 ・1944年、第二次世界大戦の激化に伴いイギリスに帰国。英国情報省の依頼により、フランス戦線の戦意高揚映画を撮った。

Spellbound  ・戦後ハリウッドに戻り、セルズニック製作のニューロティック(異常心理)サスペンス 『白い恐怖』 (1945年) を監督。
 主演は人気絶頂期のイングリッド・バーグマン
 作品は大ヒットし、アカデミー賞の作品賞、監督賞(3度目)など6部門でノミネートされ、劇・喜劇映画音楽賞を受賞。
  (左の写真) 『白い恐怖』 撮影時。イングリッド・バーグマン、グレゴリー・ペック

 ・イングリッド・バーグマンとケーリー・グラント。監督のお気に入りの2人が共演した 『汚名』 (1946年) も大ヒット。
 当時の映画倫理規程ではキスは3秒以内と定められていたが、ヒッチコック監督は持ち前のイタズラ心とサービス精神を発揮して、主役の2人に3秒以内のキスを連続させて、2分半にも及ぶキス・シーンを展開して見せた。 
 (右の写真) 『汚名』 撮影時。ケーリー・グラント、イングリッド・バーグマンと
Notorious-2

The_Paradine_Case
 ・『パラダイン夫人の恋』 (1947年)が、セルズニックとの契約下での最後の作品となった。
 (左の写真) 『パラダイン夫人の恋』 撮影時。後列左から、ヒッチコック監督、
  ルイ・ジュールダン、セルズニック、チャールズ・ロートン、チャールズ・コバーン、
  グレゴリー・ペック。
  前列左から、アリダ・ヴァリ、アン・トッド、エセル・バリモア


 ・ヒッチコックは、旧知のシドニー・バーンスタインと映画製作会社 「トランス・アトランティック社」 を設立。
 新会社での1作目は自身初のカラー作品 『ロープ』 (1948年)
 主役はケーリー・グラントと並び、ヒッチコック作品の常連となるジェームズ・ステュアートを初起用。
 映画の中の時間と実際の時間が同時に進み、それをワン・ショットで撮るという実験的な意欲作であったが興行的には失敗作となった。
  (右の写真) 『ロープ』 撮影時。左から、ファーリー・グレンジャー、ジョン・ドール、
   ジェームズ・ステュアートと

Rope

Under_Capricorn
 ・非サスペンスの 『山羊座のもとに』 (1949年) は、イングリッド・バーグマンの為に撮った作品とも言われている。
 公開時にバーグマンとロッセリーニのスキャンダルが発覚していたこともあって、興行的には失敗作となった。
  (左の写真) 『山羊座のもとに』 撮影中。イングリッド・バーグマンと

・2作続けて興行的に失敗作となり、「トランス・アトランティック社」 は解散に追い込まれた。
 お気に入りの女優であったイングリッド・バーグマンはイタリアに愛の逃避行。
 ヒッチコック監督にとって辛い時期であった?
Alfred_Hitchcock-7

< 次ページ > 

HOME