20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
F.W.Murnau

F・W・ムルナウ

Friedrich Wilhelm Murnau

1888-1931 (ドイツ)

Megaphonrbar


   代表作

Nosferatu-3 Der Letzte Mann
吸血鬼ノスフェラトゥ
Nosferatu, eine Symphonie des Grauens
 
(1922年/ドイツ)
最後の人
Der Letzte Mann
 (1924年/ドイツ)
Sunrise
4 Devils
サンライズ
Sunrise
 (1927年/アメリカ)
四人の悪魔
4 Devils
(1928年/アメリカ)


    サイレント期の映像の魔術師

 ・1888年、 ドイツのビーレフェルト生れ。ショーペンハウエルやニーチェを愛読し、ハイデルベルク大学では哲学と美術史を専攻していた。学生演劇に出演していたところ、舞台演 出家のマックス・ラインハルトに誘われ、ベルリンの舞台にも立った。その後、1914年に召集され、ドイツ空軍の一員として第1次世界大戦に参戦した。

 ・戦後、『Der Knabe in Blau (1919年)で映画監督としてデビューし、『サタン』、『ジェキル博士とハイド』(1920年)等を監督。
Murnau-3
 * マックス・ラインハルト … ドイツ演劇界で「皇帝」と称された演出家。アメリカへ渡り、オリヴィア・デ・ハヴィランのデビュー作『真夏の夜の夢』(1934年)等を撮った。

Nosferatu-2  ・『吸血鬼ノスフェラトゥ』(1922年)。恐怖小説「ドラキュラ」(1897年)の映画化権が得られず、名前を「ノスフェラトゥ(不死者)」に変えるなど、独自の解釈により完成させた作品。
 ハリウッドの『魔人ドラキュラ』より9年も前に製作された吸血鬼映画の元祖。
 (左の写真) 『吸血鬼ノスフェラトゥ』

 ・ドイツ最大のスタジオ、ウーファ社と契約し、『最後の人』(1924年)を監督。サイレント映画につきものの中間字幕を排除し、映像作家としての手腕を発揮。国際的な名声を確立した。但し、悲劇的だった結末は、社の方針により、安直なハッピーエンドに変えられてしまった。
 (右の写真)『最後の人』 エミール・ヤニングス
Der Letzte Mann-2

Faust  ・予算無制限という破格の条件で、大作『ファウスト』(1926年)を監督。同作を撮り終えた後、FOX社に招かれ、ハリウッドへ渡った。
 (左の写真)『ファウスト』 エミール・ヤニングス

Faust-2
『ファウスト』撮影時
ムルナウ監督(左)、エミール・ヤニングス(右)


 ・ハリウッドでの1作目『サンライズ』(1927年)は、第1回アカデミー賞で芸術作品賞、主演女優賞(ジャネット・ゲイナー、撮影賞を受賞。サイレント期を代表する古典的名作として高く評価されている。
 * 芸術作品賞は第1回のみ設けられていた。
 (右の写真)『サンライズ』 
 ジョージ・オブライエンとジャネット・ゲイナー
Sunrise-4

4 Devils-2  ・『サンライズ』と同じくジャネット・ゲイナーがヒロインの『四人の悪魔』(1928年)は、ムルナウ監督の傑作の1本とされていたが、フィルムが消失し、現在では観る事が出来ない。
 (左の写真)『四人の悪魔』 左から、
 バリー・ノートン、ナンシー・ドレクセル、
 ジャネット・ゲイナー、チャールズ・モートン

 ・FOX社での3作目『都会の女』(1930年)を撮った後、ドキュメンタリー映画の先駆者ロバート・フラハティとタヒチ島で『タブウ』(1931年)を撮った。『ダブウ』はアカデミー賞撮影賞を受賞した。

 ・『都会の女』撮影中からFOX社と衝突していたため、『タブウ』はパラマウント社が買い取り、同社と長期契約も交わしていたが、同作の公開前に交通事故で亡くなった。享年42歳

 ・ドイツでの葬儀では、同時代の巨匠フリッツ・ラング監督が弔辞を読んだ。

 ・サイレント末期に卓越した映像表現で名を成したムルナウ監督。
 FOX社では、あのジョン・フォード監督もムルナウ監督を訪ね、教えを請うたという。
 (右の写真)『サンライズ』撮影時。左から、
 ジョージ・オブライエン、 マーガレット・リヴィングストン、
 ジャネット・ゲイナー、ムルナウ監督
Murnau-2

友人だったグレタ・ガルボが、長年、ムルナウ監督のデスマスクを所持していたという。
2015年、何者かがムルナウ監督の墓から頭蓋骨を盗み出す事件が発生した。
 

HOME