20世紀・シネマ・パラダ イス

hearttbar
Olivia De Havilland

オリヴィ ア・デ・ハヴィランド

Olivia De Havilland

1916-    (イギリス/アメリカ)


heartbar

     代表作

Captain_Blood
 海賊ブラッド
 Captain Blood
  (1935年/アメリカ)
The_Adventures_of_Robin_Hood.
 ロビン・フッドの冒険
 The Adventures of
   Robin Hood

 (1938年/アメリカ)
Gone with the Wind
 風と共に去りぬ 
  Gone with the Wind
  (1939年/アメリカ)
To Each His Own
 遥かなる我が子
 To Each His Own
  (1946年/アメリカ)
The Snake Pit
 蛇の穴
  The Snake Pit
  (1948年/アメリカ)
The Heiress
 女相続人
 The Heiress
 
(1949年/アメリカ)
 
    日本で生まれた 『風と共に去りぬ』 のメラニー役女優

 ・1916年、東京生まれ。本名は Olivia Mary de Havilland 。父親は東京帝国大学の英語教授、母親は元舞台女優で、共にイギリス人。翌年、妹のジョーン・フォンテイン (Joan de Beauvoir de Havilland ) が生また。
 姉妹が病弱であったため、母親の意向で、1919年にイギリスへ向かって出立。旅の途中、姉妹が病気となり、療養のために滞在したカリフォルニア州にそ のまま定住した。
 父親は家族と別れ日本へ戻り、その後、両親は離婚した。
  (右の写真) 赤ん坊の頃のオリヴィア・デ・ハヴィランド
Olivia De Havilland-4

Olivia De Havilland 1933  ・オリヴィアとジョーン姉妹の不仲は有名だが、これは子供の頃からのことで、母親がオリ ヴィアの方を特に可愛いがったことが原因との説もある。

 ・1933年、高校生の時に地元サラトガのアマチュア劇団の公演で、「不思議の国のアリス」 の主人公アリス役を演じた。これが彼女の初舞台。
  (左の写真) 1933年当時のオリヴィア

 ・1934年、ハリウッドの劇場でシェークスピアの 「真夏の夜の夢」 に出演。
 その後の巡業中に同作の映画化が決まり、映画監督も務めることになった舞台演出家のマックス・ラインハルトに口説かれ、舞台と同じハーミヤ役での出演を 承諾。翌35年に公開された同作で銀幕デビューし、ワーナー・ブラザーズ社と契約を交わした。
  (右の写真) デビュー作 『真夏の夜の夢』 でのオリヴィア
A Midsummer Night's Dream
   * マックス・ラインハルト … 戦前のドイツ演劇界で、「皇帝」 と称されていたオーストリア人の名演出家。

Dodge_City
 ・4本目の出演作、エロール・フリンの相手役を務めた冒険アクション 『海賊ブラッド』 (1935年/監督:マイケル・カーティス が大ヒット2人の出世作となった。
 以後、エロール・フリンとは、『ロビン・フッドの冒険』 (1938年) など、合計9本で共演。
 ワーナー社のドル箱コンビとなった。
  (左の写真) 共演5作目 『無法者の群』 (1939年) でのオリヴィアとエロール・フリン

 ・超大作 『風 と共に去りぬ』 (1939年/監督:ヴィク ター・フレミング のメラニー役に抜擢され、アカデミー賞助演女優賞にノミネート。
 しかし、受賞したのは同作での共演者、マミー役のハティ・マ クダニエルだった (黒人俳優として史上初のオスカー受賞) 。
 
『風と共に去りぬ』 は、独立系のデビッド・O・セルズニックが製作しMGM社が配給した作品。その為、オリヴィアが所 属していたワーナー・ブラザーズ社が彼女の後押しをしなかったとも言われている。
  (右の写真) 『風と共に去りぬ』 でのオリヴィア
Gone with the Wind

with_James_Stewart
 ・この時期、私生活ではジェー ムズ・ステュアートが恋人だった。
  (左の写真) 『風と共に去りぬ』 ニューヨークでのプレミア時
   ジェームズ・ステュアートと


 ・オリヴィアは、セルズニック製作の 『レ ベッカ』 (1940年/監督:アルフレッ ド・ヒッチコック への出演を望み、セルズニックもその気であったが、ワーナー・ブラザーズ社が許可しなかったという。結局、『レベッカ』 のヒロインは妹のジョーン・フォンテインが演じ、アカデミー賞主演女優賞にノミネートもされ、一躍人気スターの仲間入りを果たした。
 (右の写真) デビッド・O・セルズニックとオリヴィア
with_Selznick

The_Strawberry_Blonde
Hold_Back_the_Dawn-2
『いちごブロンド』 (1941年/監督:ラオール・ウォルシュ
ジェームズ・キャグニー
Holid Back the Dawn 』 (1941年)
シャルル・ボワイエ

Olivia and Joan  ・パラマウント社に貸し出されて出演した恋愛映画 『Holid Back the Dawn(1941年) でアカデミー賞主演女優賞にノミネート。しかし、オスカーを獲得したのは、『断崖』 (監督:アルフレッド・ヒッチコック) に出演した妹のジョーン・フォンテインだった。
  (左の写真) アカデミー賞授賞式にて。ジョーン・フォンテイン(左)と

 ・アカデミー賞レースにおいて、1度目は共演者に、2度目は実の妹に苦杯を嘗めさせられたオリヴィア。ワーナー・ブラザーズ社が提示した単純なヒロイン 役を拒否するなど、会社と衝突するようになった。

The_Male_Animal
In_This_Our_Life
『男性』 (1942年)
ヘンリー・フォンダ
『追憶の女』 (1942年/監督:ジョン・ヒューストン
ベティ・デイビス

 ・1943年、オリヴィアは契約期間を巡り、ワーナー・ブラザーズ社を提訴。
 当時のハリウッドでは、所属俳優が会社の提 示した役を拒否した場合、その作品の撮影期間も契約期間に加算延長することが認められていた。オリヴィアはこれを不当として訴え、裁判は彼女の勝訴となっ た。
 ハリウッドの俳優に大きな恩恵を与えたこの判例は、今日でも 「デ・ハヴィランド法」 として知られている。

 ・裁判には勝ったものの、女優の仕事を干されていたオリヴィアは、約3年ぶりの出演作 『遥かなる我が子』 (1946年/パラマウント社)で、念願のアカデミー賞主演女優賞を受賞。
 「私が演技の質を保ち続けたことを認めて下さり感謝します…」 とスピーチした。
  (右の写真) オスカー像を手にするオリヴィア。プレゼンターのレイ・ミランド
Olivia Oscar
 ・このアカデミー賞授賞式で有名な事件が発生。舞台裏で、妹のジョーンが祝福しに来た時、 オリヴィアはくるりと背を向け、「私の気持ちは知っているくせに…」 と呟いたという。その時の写真が新聞に出て、姉妹の不仲が公然の事実となった。

Marcus_Goodrich
 ・私生活では、ジェームズ・ステュアートと別れた後、ジョン・ヒューストン監督との交際を 経て、1946年に作家のマーカス・グッドリッチと結婚。49年に息子を授かったが、53年に離婚。
  (左の写真) 最初の夫マーカス・グッドリッチと

The_Snake_Pit-2
The_Heiress-2
『蛇の穴』 (1948年/監督:アナトール・リトヴァク) 『女相続人』 (1949年/監督:ウィリアム・ワイラー
モンゴメリー・クリフト

 ・精神病患者を熱演した 『蛇の穴』 で、アカデミー賞にノミネート。受賞は逃したが、ベネチア国際映画祭主演女優賞の他、多くの賞を受賞した。

 ・『女相続人』 で、2度目のアカデミー賞主演女優賞を受賞。
  (右の写真) 2つ目のオスカー像を手にするオリヴィア
Olivia Oscar-2

 ・1951年、舞台 「ロミオとジュリエット」 のジュリエット役でブロードウェイ・デビュー。

My_Cousin_Rache
Not_as_a_Stranger
『謎の佳人レイチェル』 (1952年)
リチャード・バートン

『見知らぬ人でなく』 (1955年/監督:スタンリー・クレイマー
ロバート・ミッチャム


Pierre_Galante
 ・1955年、フランス人ジャーナリスト、ピエール・ガランテと再婚。結婚を機にパリに移 住した。
 56年に娘を授かったが、79年に離婚。
  (左の写真) 2番目の夫ピエール・ガランテと
 
 

Lady_in_a_Cage
Hush_Hush,_Sweet_Charlotte
『不意打ち』 (1964年) 『ふるえて眠れ』 (1964年/監督:ロバート・アルドリッチ)
ベティ・デイビスと

 ・『ふるえて眠れ』 では、ワーナー社時代の先輩ベティ・デイビスと22年ぶりの共演。ジョーン・クロフォードが降板し、ヴィヴィアン・リーが辞退した役。 
 ベティは、オリヴィアよりも先にワーナー社と裁判で争ったが敗訴している。2人は私生活でも親友であった。
  (右の写真) 仲良く和食を召し上がっているベティ(左)とオリヴィア 
with Bette Davis

Golden_Globe_1987
 ・1970年代に入ってからも、『エアポート’77 バミューダからの脱出』 (1977年)、『スウォーム』 (1978年) といったオールスター・キャストの大作映画に出演。
  劇場用映画への出演は 『The Fifth Musketeer(1979年) が最後となっているが、TVドラマ 『アナスタシア/光・ゆらめいて』 (1986年)で、ゴールデ ン・グローブ賞助演女優賞を受賞。
  (左の写真) ゴールデン・グローブ賞授賞式でのオリヴィア

 ・2003年、第75回アカデミー賞授賞式に登場。スタンディング・オベーションで迎えら れた。

youtubelogo
 第75回アカデミー賞授賞式。過去のオスカー受賞者が大集合。そうそうたる顔ぶれ。

 ・2008年、アメリカ政府から国家芸術メダルを授与される。

 ・2010年、フランス政府からレジオンドヌール勲章を授与される。
Olivia Oscar-3
 
Olivia De Havilland-2
Olivia De Havilland-3

HOME