20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Raoul Walsh

ラオール・ウォルシュ

Raoul Walsh

1887-1980 (アメリカ)

Megaphonrbar

     代表作

The Thief of Bagdad
 バグダッドの盗賊
 The Thief of Bagdad
  
(1924年/アメリカ)
The Roaring Twenties
 彼奴は顔役だ!
 The Roaring Twenties
  (1939年/アメリカ)
Colorado Temitory
 死の谷
 Colorado Temitory
 (1949年/アメリカ)
White Heat
 白熱
 White Heat
 (1949年/アメリカ)

    男性映画の巨匠

 ・1887年、ニューヨーク生れ。テキサス州でカウボーイをしていたが、地方巡業の劇団に入り、ニューヨークへ戻った。メキシコ革命の英雄パンチョ・ビラのドキュメンタリー映画 『Life of Villa(1912年) のロケ隊に加わり、映画界入り。同作の監督が撮った 『The Life of General Villa (1914年) では、若き日のパンチョ・ビラを演じた。

 ・『Life of Villa 』 の製作者であったD・W・グリフィスの下で働きながら映画について学び、13年に短編映画を撮って、監督としてデビューした。
 グリフィス監督の 『國民の創生』 (1915年)では、アシスタント・ディレクターを務めたほか、リンカーン大統領殺人犯を演じた。
  (右の写真) 『國民の創生』。リンカーン大統領の殺害シーン。
   一番左がラオール・ウォルシュ
 
thebirthofanation-2

Regeneration
 ・初の長編 『Regeneration (1915年) を監督。ニューヨークを舞台に、ギャングになった青年と、彼を更生させようとする女性を描き、批評家から絶賛された。マンハッタンでの撮影では、本物のギャングや娼婦がエキストラで出演。最古の長編ギャング映画とされている。
  (左の写真) 『Regeneration 』。ヒロイン役はアンナ・Q・ニルソン

 ・1916年、女優のミリアム・クーパーと結婚 (26年に離婚)
 彼女や、弟のジョージ・ウォルシュが主演の作品も数多く手がけた。
  * ミリアム・クーパー  …  『國民の創生』、『イントレランス』 等に出演
  (右の写真) 最初の妻ミリアム・クーパーと

Miriam_Cooper

The_Thief_of_Bagdad-2
 ・ダグラス・フェアバンクス製作・主演の大作 『バグダッドの盗賊』 (1924年) の監督に抜擢され、大成功を収めて名監督としての地位を確立した。
  (左の写真) 『バグダッドの盗賊』 撮影時。ダグラス・フェアバンクス(右)と

 ・1927年、アカデミー協会 (「映画芸術科学アカデミー」) の創設会員36名の1人として名を連ねた。  

 ・グロリア・スワンソン製作・主演の 『港の女』 (1928年)では、監督だけでなく、久方ぶりに役者として出演も。
 その後、監督兼主役として 『懐かしのアリゾナ』 の撮影に臨んだが、野ウサギが車に飛び込んできて右目を負傷。以後、アイパッチを着用することに。
役者としては 『港の女』 が最後となった。
  (右の写真) 『港の女』 グロリア・スワンソンと
Saddie_Tompson-2
  * 『懐かしのアリゾナ』 (1928年) … アーヴィング・カミングスが監督を引き継ぎ、代役として出演したワーナー・バクスターがアカデミー
    賞主演男優賞を受賞した。

The_Big_Trail-2
 ・『ビッグ・トレイル』 (1930年) の撮影前、ゲーリー・クーパーをパラマウント社から借りることが出来ず困っている時に、ジョン・フォード監督から無名の新人マリオン・ロバート・モリソンを紹介され、主役に抜擢。彼にジョン・ウェインという芸名を授けた。ウォルシュ監督はジョン・ウェインの名付親でもある。
  (左の写真) 『ビッグ・トレイル』 出演時のジョン・ウェイン
 
当時としては革新的な70ミリのフィルムで撮影され、200万ドルの巨費を
投じた超大作だったが、興行的には失敗作となった。

 ・『ハイ・シェラ』 (1941年) では、それまで助演(大半が悪役)クラスに甘んじていたハンフリー・ボガートを主役に起用。ボギーが大スターへの階段を駆け上がるきっかけとなった。
 (右の写真) 『ハイ・シェラ』 撮影時。ハンフリー・ボガート(左)と
 
ウォルシュ監督は、同作を西部劇にリメイクした 『死の谷』 (1949年) も撮り、こちらも傑作に仕上げた。
Bogart Walsh

The_Strawberry_Blonde
Manpower.
『いちごブロンド』 (1941年) 撮影時。オリヴィア・デ・ハヴィランドと
『大雷雨』 (1941年) 撮影時。マレーネ・ディートリッヒ(黒服)と

Cagney Walsh  ・『白熱』 (1948年)では、ジェームズ・キャグニーから迫真の演技を引き出し、フィルム・ノワールの傑作に仕上げた。
   (左の写真) 左から、キャグニーの妹、キャグニー、キャグニーの弟、ウォルシュ監督

Captain_Horatio_Hornblower_R.N.
The_King_and_Four_Queens
『艦長ホレーショ』 (1951年) 撮影時。グレゴリー・ペック
『ながれ者』 (1956年) 撮影時。クラーク・ゲーブル

 ・『遠い喇叭』 (1964年) を最後に引退。

 ・1980年93歳で他界。

 ・2008年、AFI (アメリカ映画協会) が選定したジャンル別ベスト10で、『バグダッドの盗賊』 がファンタジー映画の第9位、『白熱』 がギャング映画の第4位にランクイン。

HOME