20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
John Wayne

ジョン・ウェイン

John Wayne

   
1907-1979(アメリカ)

   
愛称:デューク(Duke)
starbar


     代表作
 
Stagecoach
Red_River-4
駅馬車
Stagecoach
(1939年/アメリカ)
赤い河
Red  River
(1948年/アメリカ)
She_Wore_a_Yellow_Ribbon-3
The_Quiet_Man
黄色いリボン
She Wore a Yellow  Ribbon
(1949年/アメリカ)
静かなる男
The Quiet Man
(1952年/アメリカ)
The_Searchers-3
Rio_Bravo-3
捜索者
The Searchers
(1956年/アメリカ)
リオ・ブラボー
Rio Bravo
(1959年/アメリカ)
True_Grit
The Shootist
勇気ある追跡
True Grit
(1969年/アメリカ)
ラスト・シューティスト
The Shootist
(1976年/アメリカ)


    本国アメリカで人気No.1のウエスタン・ヒーロー

 ・1907年、アイオワ州生れ。両親はアイルランド系で、本名はMarion Robert Morrison。1911年、カリフォルニア州パームデールへ、1916年に同州グレンデールへ移住した。
 いつも愛犬(エアデール・テリア)の‟デューク(公爵)”と一緒だったため、隣人が犬を「リトル・デューク」、彼のことを「ビッグ・デューク」と呼ぶようになった。彼はその呼び名を気に入り、以来、「デューク」が愛称 となった。
 (右の写真)家族と愛犬 ‟デュークと。一番左がジョン・ウェイン
with Family

John Wayne-5  ・高校卒業後、海軍士官学校を志願したが入学は叶わなかった。高校時代にフットボールのスター選手だった彼は、奨学金を得て南カリフォルニア大学へ入学(1925年)した。
  ボディサーフィンで肩を怪我してフットボールが出来なくなり、大学は中退(1927年)した。
 (左の写真)学生時代のジョン・ウェイン

 ・大学のフットボールのコーチの知人だった映画スター、トム・ミックスの紹介で、夏休みに大道具・小道具係のアルバイトをして、エキストラで数本の映画に出演した。
 (右の写真)トム・ミックス
Tom_Mix-2

 ・大学中退後の1928年からFOX社の撮影所で働き始め、恩師となるジョン・フォード監督と出会った。フォード監督の『マザー・マクリー』、『4人の息子』(1928年)といった作品にエキストラで出演。
 役者として初めて名前がクレジットされた作品は、ミュージカル『Words and Music (1929年)だが、この頃は「デューク・モリソン」という芸名だった。 

The_Big_Trail-3
 ・1930年、大作『ビッグ・トレイル』(監督:ラオール・ウォルシュの主役に大抜擢された。ウォルシュ監督は、主役に考えていたゲーリー・クーパーをパラマウント社から借りることが出来ず困っており、相談を受けたジョン・フォード監督が「デューク」を紹 介した。ウォルシュ監督は、無名の俳優だった「デューク」を起用することに決め、「ジョン・ウェイン」の芸名を授けた。アメリカ独立戦争時の将軍アンソニー・ウェインが由来である。
 (左の写真)『ビッグ・トレイル』出演時。当時23歳。
 ・『ビッグ・トレイル』は、当時としては革新的な70ミリのフィルムで撮影され、200万ドル超の巨費を投じた超大作だったが、興行的 には失敗作となった。
 (右の写真)『ビッグ・トレイル』 マーゲリット・チャーチルと
The_Big_Trail-4

 ・スターとなるチャンスを掴み損ねたジョン・ウェインは、2流、3流の映画会社とも契約。コロンビア社の『The Deceiver(1931年)では死体を演じ、マスコット社、モノグラム社などで、B級(低予算)西部劇に数多く出演した。
 * 1935年、マスコット、モノグラムなど6社が統合してリパブリック社が誕生。

Josephine_Saenz-2
 ・1933年、ロス駐在のパナマ領事の娘ジョセフィンと結婚。学時代に知り合い、7年間の交際を経ての結婚だった。結婚式は女優ロレッタ・ヤングの家で行われた。ジョセフィンとの間で2男2女を授かった。
 (左の写真)最初の妻ジョセフィン(中央)、ロレッタ・ヤングと

 ・1939年、『駅馬車』(監督:ジョン・フォード)の主役リンゴ・キッド役で、漸くスターの座を掴んだ。
 フォード監督は、自分と同じアイルランド系であり、一向に目が出ない彼のことを気にかけており、撮影時には、「演技しようとは思うな。俺の言う通りに反応(Reactすればいい」とアドバイスしたという。
 (右の写真)『駅馬車』 クレア・トレヴァーと
Stagecoach-4

/with_John_Ford-2
 ・フォード監督とは、ハリウッドでも屈指の黄金コンビとなった。ウェインは、「ボス(フォード監督)の言うことは絶対だ」と従い、生涯、固い絆で結ばれた師弟関係だった。
 (左の写真)ジョン・フォード監督と
 『アパッチ砦』(1948年)撮影時

 ・人気スターとなり、メジャー会社の作品で人気女優と共演するようになったが、契約が残っていたリパブリック社のB級作品にも出演し続けていた。
The_Long_Voyage_Home
Seven_Sinners
『果てなき航路』(1940年/監督:ジョン・フォード)
ミルドレッド・ナトウィックと

『妖花』(1940年)
マレーネ・ディートリッヒ

Reap_the_Wild_Wind
The Spoilers
『絶海の嵐』(1942年/監督:セシル・B・デミル
ポーレット・ゴダード
『スポイラース』(1942年)
マレーネ・ディートリッヒと
A Lady Takes a Chance They_Were_Expendable-2
『西部を駆ける恋』(1943年)
 ジーン・アーサー
『コレヒドール戦記』(1945年/監督:ジョン・フォード)
ドナ・リード、ロバート・モンゴメリー(右)と


 ・政治的には筋金入りの愛国主義者で、タカ派として知られていたジョン・ウェイン。第2次世界大 戦中、本人は兵役を望んでいたが、稼ぎ頭を失うことを恐れたリパブリック社が、契約を盾に映画への出演を強要していたとの話もある。いずれに しても、兵役に就かなかったことを生涯悔いており、その事がより愛国心を強くしたと言われている。

 ・1945年にジョセフィンと離婚し、翌1946年に、メキシコ人女優のエスペランザ・バウアーと再婚。2人の間に子供はなく、1953年に離婚した。
 (右の写真)2番目の妻エスペランザ・バウアーと
Esperanza_Baur-2

Angel_and_the_Badman
 ・俳優業だけに留まらず、映画製作、監督業にも携わった。最初に製作した作品は『拳銃無宿』(1947年)
 (左の写真)『拳銃無宿』 ゲイル・ラッセルと

 ・『駅馬車』で人気スターとなった後、今一つ作品に恵まれていなかったが、『赤い河』(1948年/監督:ハワード・ホークスの大ヒットにより、人気は更に上昇。ジョン・ウェインの黄金時代の幕開けを告げる作品となった。
 (右の写真)『赤い河』 モンゴメリー・クリフト(左)と
Red_River-3

Fort Apache-2
3 Godfathers
『アパッチ砦』(1948年/監督:ジョン・フォード)
 ヘンリー・フォンダ(左)と

『三人の名付親』(1948年/監督:ジョン・フォード)
ペドロ・アルメンダリス(左)、ハリー・ケリー・ジュニア(右)と

 ・演技力も磨き上げていき、「騎兵隊3部作」の第2作『黄色いリボン』では初老の大尉を、『硫黄島の砂』(1949年)では鬼軍曹を好演。 『硫黄島の砂』で初めてアカデミー賞にノミネートされたが、この年のオスカーは『オール・ザ・キングスメン』のブロドリック・クロフォードが受賞。ジョン・ウェインがオファーを断った役だった。
She Wore a Yellow Ribbon-2
Sands of Iwo Jima-2
『黄色いリボン』(1949年/監督:ジョン・フォード)
『硫黄島の砂』(1949年/監督:アラン・ドワン)

 ・ジョン・ウェインの銀幕でのベスト・パートーナーと言えばモーリン・オハラ。「騎兵隊3部作」の第3作『リオ・グランデの砦』(1950年)で初共演し、再共演した『静かなる男』(1952年)は、彼の非ウエスタンでの代表作となった。
Rio Grande
The Quiet Man-2
『リオ・グランデの砦』(1950年/監督:ジョン・フォード)
 モーリン・オハラと

『静かなる男』(1952年/監督:ジョン・フォード)
 モーリン・オハラと


Pilar_Pallete-2
 ・1954年、ペルーの国会議員の娘で女優のパイラー・パレットと3度目の結婚。1男2女を授かった。
 1973年に別居したが、法的には夫婦のままだった。
 (左の写真)3番目の妻パイラー・パレットと


< 次ページ >

HOME