20世紀・シネマ・パラダ イス

Megaphonebar
Howard Hawks

ハワード・ ホークス

Howard Hawks

1896-1977 (アメリカ)

Megaphonrbar

 ◆ 代表作

Scarface
 暗黒街の顔役
 Scarface
  
(1932年/アメリカ)
Twentieth Century
 特急二十世紀
 Twentieth Century
  (1934年/アメリカ)
Sergeant York
 ヨー ク軍曹
 Sergeant York
  (1941年/アメリカ)
Ball of Fire
 教授と美女
 Ball of Fire
 (1941年/アメリカ)
To have and Have Not  脱出
 To Have and Have Not
 (1944年/アメリカ)
The Big Sleep   三つ数えろ
 The Big Sleep
 (1946年/アメリカ)
Red_River-2.
 赤い河
 Red River
 
(1948年/アメリカ)
Rio Bravo
  リオ・ブラボー
 Rio Bravo
 
(1959年/アメリカ)

    様々なジャンルで傑作を撮った娯楽映画の巨匠

 ・1896年、インディアナ州にて、製紙会社を営む裕福な家庭の長男として 生まれた。
 コーネル大学在学中に、祖父から買い与えられたレーシング・カーでアマチュア・カー・レースに参加。レーサー仲間のヴィクター・フレミングの紹介で、アルバイトとしてダグラス・フェアバンクスメアリー・ピックフォードの映画の小道具係りなどを務めた。第一次世界大戦中は陸軍航空 隊に入隊し、飛行部隊の教官を務めた。
 
  ・戦後、映画界入りを決意し、製作担当、助監督などを経て、1922年にパラマウント社と脚本家として契約。2年間で60本近くの脚本を執筆した。

 ・1925年、フォックス社と監督として契約。『栄光への道』 (1926年) で監督デビューし、同社で8本のサイレント映画を監督 (8本目の 『空中サーカス』 は一部トーキー)。
 
フォックス社との契約終了後は、映画会社と長期契約を交わさずに、独立した映画監督としてキャリアを積んでいった。
  (右の写真) 『港々に女あり』 (1928年) ヴィクター・マクラグレンルイーズ・ブルックス
A Girl in Every Port

The Dawn Patrol  ・ファースト・ナショナル社で、自身初の全編トーキー作品 『暁の偵察』 (1930年) を監督。航空部隊もののブームに乗り大ヒットした。
 『地獄の天使』 を製作中であったハワード・ヒューズから、著作権の侵害だとして訴えられたが、訴訟中に2人は意気投合したと言われている。
 (左の写真) 『暁の偵察』 撮影時。リチャード・ バーセルメス(右)
  
ダグラス・フェアバンクス・ジュニア(左)と

 ・アル・カポネをモデルにした映画を構想していたハワード・ヒューズに招かれ、『暗黒街の 顔役』 (1932年) を監督。
 主演のポール・ムニ共々、出世作となったギャング映画の古典的名作。
  (右の写真) 『暗黒街の顔役』 ポール・ムニ
Scarface-2

Today We Live  ・MGM社で 『今日限りの命』 (1933年) を 監督。原作は、後にノーベル賞作家となるウィリアム・フォークナーの 「Turnabut 」。フォークナーとは親友となり、度々協業することとなった。
 MGM社で3本撮る契約をしていたが、あとの2本、『世界拳闘王』、『奇傑パンチョ』 は会社と対立して途中降板した。
 (左の写真) 『今日限りの命』 撮影時。ゲーリー・クー パージョーン・クロフォード

 ・コロンビア社で、自身初のコメディ 『特急二十世紀』 (1934年) を監督。
 ヒロインには、またいとこキャロル・ロンバードを起用。スク リューボール・コメディの傑作に仕上げ、ロンバートの出世作となった。
  (右の写真) 『特急二十世紀』 撮影時。キャロル・ロンバード、ジョン・バリモア
Twentieth_Century-2.

 ・サミュエル・ゴールドウィン社で 『バーバリー・コースト』、ワーナー・ブラザーズ社で 『無限の青空』 (1935年)、フォックス社 で 『永遠の戦場』 (1936年) を監督。
 サミュエル・ゴールドウィン社での2作目 『大自然の凱歌』 (1936年) は途中降板させられ、残りはウィリアム・ワイラーが撮った。

Bringing Up Baby-2  ・RKO社で 『赤ちゃん教育』 (1938年) を監督。現在では、スクリューボール・コメディの傑作とされているが、当時は興行的に振るわず、次に監督する予定であった 『ガンガ・ディン』 (1939年)ジョージ・スティーブンスと 交代させられた。
 (左の写真) 『赤ちゃん教育』 撮影時。ケーリー・グラントキャサリン・ヘップバーン

 ・コロンビア社で 『コンドル』 (1939年)、 『ヒズ・ガール・フライデー』 (1940年) を監督。『赤ちゃん教育』 以後、3作連続でケーリー・グラント主演作を撮った。
  (右の写真) 『ヒズ・ガール・フライデー』 撮影時。ケーリー・グラント、
   ロザリンド・ラッセル
  

His_Girl_Friday-2

Sergeant_York
 ・ワーナー・ブラザース社で、伝記映画 『ヨーク軍曹』 (1941年) を監督。
 ホークス監督のキャリアで最大のヒット作となり、アカデミー賞監督賞の候補にもなった。
 主演のゲーリー・クーパーにアカデミー賞主演男優賞をもたらした。
  (左の写真) 『ヨーク軍曹』 ゲーリー・クーパー(左)、ジョーン・レスリー(右)

 ・サミュエル・ゴールドウィン社で 『教授と美女』 (1941年) を監督。
 映画監督を目指していた脚本家のビリー・ワイルダーが、ホークス監督を指名したとさ れている。
 (右の写真) 『教授と美女』 撮影時。ゲーリー・クーパー、バーバラ・スタンウィック
Ball of Fire-2

 ・ワーナー・ブラザーズ社で 『空軍/エア・フォース』 (1943年) を撮った後、ハワード・ヒューズに招かれ 『ならず者』 (1943 年) の撮影に臨んだが、ヒューズと対立し降板。

To_Have_and_Have_Not-2
 ・ワーナー・ブラザーズ社でハードボイルドの傑作 『脱出』 (1944年) を監督。原作は親交のあった文豪アーネスト・ヘミングウェイの 「持つと持たぬと」。ヘミングウェイに、「君の駄作でも傑作映画にしてみせる 」 と豪語したと言われている。ウィリアム・フォークナーが脚本で参加。
  (左の写真) 『脱出』 撮影時。ハンフリー・ボ ガート

 ・引き続き、ハンフリー・ボガート、ローレン・バコールと組み、『三つ数えろ』 (1946 年) を監督。原作はレイモンド・チャンドラーの「大いなる眠り」。 
 『脱出』 同様、ウィリアム・フォークナーが脚本で参加。
  (右の写真) 『三つ数えろ』 撮影時。ホークス監督(左)、
  ハンフリー・ボガート(右から2番目)、ローレン・バコール(右から3番目)
The Big Sleep-2
  
 ・ホークス監督の映画で、キャサリン・ヘップバーンやバーバラ・スタンウィック、ローレ ン・バコールなどが演じた勝気なヒロインたちは、「ホーキシャン・ウーマン」 と呼ばれ、フェミニストの原型ともされた。

Red_River-3
 ・ジョン・ウェインと初め て組み、西部劇 『赤い河』 (1948年) を監督。
 大ヒットし、ジョン・ウェインの人気を決定的なものとし、本作で銀幕デビューをしたモ ンゴメリー・クリフトも一躍人気スターの仲間入りを果たした。
  (左の写真) 『赤い河』 撮影時。左から時計回りに、ホークス監督、
   モンゴメリー・クリフト、ジョン・ウェイン


 ・サミュエル・ゴールドウィン社で、『教授と美女』 をミュージカルにリメイクした自身初のカラー作品 『ヒット・パレード』 (1948年) を監督。

 ・20世紀FOX社で、ケーリー・グラントと9年ぶりに組んだ 『僕は戦争花嫁』 (1949年) を監督。
 長年、編集を務めていたクリスティアン・ナイビイに監督させたSFホラー 『遊星よりの物体X 』 (1951年) を製作。実際はホークスが監督をしたとも言われている。
  (右の写真) 『僕は戦争花嫁』 撮影時。ケーリー・グラントと
I Was a Male War Bride

Monkey Business  ・O・ヘンリーの短編小説のオムニバス映画 『人生模様』 (1952年) の第4話 「赤い酋長の身代金」 を撮った後、ケーリー・グラントとの5作目で最後の作品 『モンキー・ビジネス』 (1952 年) を監督。
  (左の写真) 『モンキー・ビジネス』 撮影時。左からケーリー・ グラント、マリリン・モンロー
       ホークス監督

 ・引き続き20世紀FOX社で、ミュージカル・コメディ 『紳士は金髪がお好き』(1953年) を監督。マリリン・モンローとジェーン・ラッセルの出世作となった。
  (右の写真) 『紳士は金髪がお好き』 マリリン・モンロー、ジェーン・ラッセルと
Gentlemen_Prefer_Blondes

 ・ワーナー・ブラザーズ社で大作史劇 『ピラミッド』 (1955年) を監督。ウィリアム・フォークナーとの最後のコラボレーションだったが失敗作となり、ホークス監督は長期休養に入った。

Rio_Bravo-3
 ・西部劇 『リオ・ブラボー』 (1959年) で4年ぶりに復帰。
 ゲーリー・クーパー主演の 『真昼の決闘』 (1952年)について、「市民に助けを求めるなん て、そんな弱腰な保安官がいるものか 」 と、意見が一致したジョン・ウェインを主役に起用した痛快ウエスタンで健在ぶりを示した。
  (左の写真) 『リオ・ブラボー』 撮影時。左からジョン・ウェイン、ディーン・マーティン
    リッキー・ネルソン、ホークス監督
               

 ・ジョン・ウェインとは、『ハタリ!』 (1961年)、 『エル・ドラド』 (1966年)、『リオ・ロボ』 (1970年)で も組み、『リオ・ロボ』 がホークス監督最後の劇場用映画となった。
  (右の写真) 『リオ・ロボ』 撮影時。ジョン・ウェインと
Rio Lobo

Hawks-Oscar  ・1974年度のアカデミー賞で名誉賞を受賞。
 ホークス監督がアカデミー賞監督賞にノミネートされたのは 『ヨーク軍曹』 (1941年) だけであった。
 受賞スピーチでは、友人でもあったジョン・フォード監督から、「君もいつかアカデ ミー賞を受賞することになるさ 」 と言われた、とのエピソードを披露した。
  (左の写真) アカデミー賞授賞式で。プレゼンターのジョン・ウェインと

youtube
 アカデミー賞名誉賞の受賞時



 ・私生活では、1928年にノー マ・シアラーの姉アソーレ・シアラーと結婚したが、40年に離婚。
 41年に社交界の花形ナンシー゜スリム’キースと再婚したが、49年に離婚。
 53年に女優のディー・ハートフォードと再々婚したが、59年に離婚した。
Howard Hawks-2 Dee_Hartford
2度目の結婚式の時。ゲーリー・クーパー(右) 3人目の妻ディー・ハートフォードと

 ・1977年81歳で他界。

Howard Hawks-2

HOME