20世紀・シネマ・パラダ イス

hearttbar
Barbara Stanwyck

バーバラ・ スタンウィック

Barbara Stanwyck

1907-1990 (アメリカ)


heartbar

     代表作

Stella Dallas  ステラ・ダラス 
  Stella Dallas
  (1937年/アメリカ)
The Lady Eve  レディ・イヴ 
  The Lady Eve
  (1941年/アメリカ)
Meet_John_Doe
 群 衆
 Meet John Doe
  (1941年/アメリカ)
Ball_of_Fire
 教授と美女
 Ball of Fire
 
(1941年/アメリカ)
Double Indemnity  深夜の告白
 Double Indemnity
  (1944年/アメリカ)
Sorry, Wrong Number
 私は殺される
 Sorry, Wrong Number
 
(1948年/アメリカ)

    共演者やスタッフから愛され息長く活躍

 ・1907年、ニューヨークにて、5人兄妹の末っ子として生まれた。本名は Ruby Catherine Stevens
 4歳の時に母親が交通事故で亡くなり、間もなく父親が子供たちを見捨てて蒸発。5歳年上の姉と共に、里親のもとを転々とした。
 14歳で学校を中退し、デ パートや電話局などで働き始め、15歳の時に当時人気のあった歌劇団 「ジーグフェルド・フォーリーズ」 のコーラス・ダンサーになり、憧れのショー・ビジネスの世界に入った。

 ・ブロードウェイの舞台劇 「The Noose (1926年) で役に就き、この時から芸名をバーバラ・スタンウィック としている。翌27年、主要キャストを務めたコメディ劇 「Burlesque 」 が大ヒットし、ブロードウェイの人気スターとなった。
 同年、『Broadway Nights 』 で銀幕デビュー。スクリーン・テストで泣くことが出来ずに主要キャストからは外された。
  (右の写真) 舞台 「The Noose 」 で、レッ クス・チェリーマンと
Rex Cherryman

 ・私生活では、「The Noose 」 で共演したレックス・チェリーマンと恋に落ちたが、彼が31
歳の若さで病死 (1928年)
Frank Fay  その後、当時最も成功していたボードビリアンの1人フランク・フェイと結婚し、夫婦でハリ ウッドへ移った。
 スタンウィックは15歳の時に妊娠・中絶した後遺症で子供を産めず、1932年に養子を迎え入れている。
  (左の写真) 最初の夫、フランク・フェイと

 ・2作目の 『壁の中の声』 (1929年) で ヒロインを演じ、以後、フランク・キャプラウィ リアム・A・ウェルマンといった名監督に気に入られ、順調にキャリアを積んでいったが、夫のフランクはハリウッドでは成功せず、1935年に離 婚。
  * フランク・キャプラ監督作品 … 『希望の星』 (1930年)、『奇蹟の処女』 (1931年)、『たそがれの女』 (1932年)、
     『風雲のチャイナ』
(1933年)、『群衆』 (1941年) に出演。
  * ウィリアム・A・ウェルマン監督作品 … 『夜の看護婦』 (1931年)、『母』 (1932年)、『The Purchase Price 』 (1932年)、
     『The Great Man's Lady 』(1942年)、『Lady of Burlesque 』 (1943年) に出演。

Night_Nurse Forbidden
『夜の看護婦』 (1931年) ベン・ライオンと 『たそがれの女』 (1932年) アドルフ・マンジュー
His Brother's Wife
This is My Affair
『愛怨二重奏』 (1936年) ロバート・テイラー
This is My Affair 』 (1937年) ロバート・テイラーと

Stella_Dallas-2
 ・サイレント期の名作のリメイク 『ステラ・ダラス』 (1937 年/監督:キング・ヴィダー で、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、名実ともにハリウッドのトップ女優の仲間入りを果たした。
  * サイレント版 (1925年) はベル・ベネットとロ ナルド・コールマンが主演
  (左の写真) 『ステラ・ダラス』

Union Pacific
Golden Boy
『大平原』 (1939年/監督:セシル・B・デミル
『ゴールデン・ボーイ』 (1939年/監督:ルーベン・マムーリアン
ウィリアム・ホールデン

 ・私生活では、『愛怨二重奏』、『This is My Affair 』 で共演したロバート・テイラーと1939年に再婚。
 (1951年に離婚)
  (右の写真) 2番目の夫、ロバート・テイラーと
Robert Taylor

Taylor_&_Stanwyck-3
Taylor_&_Stanwyck-4

 ・1940年代、キャリアの絶頂期を迎えた。
The_Lady_Eve
Meet John Doe-2
『レディ・イヴ』 (1941年) ヘンリー・フォンダ 『群衆』 (1941年)  ゲーリー・クーパー

Ball of Fire-2  ・ゲーリー・クーパーと再共演したスクリューボール・コメディの傑作 『教授と美女』 (1941年/監督:ハワード・ホークスで、2度目のアカデミー賞主演女優賞候補に。
  (左の写真) 『教授と美女』 ゲーリー・クーパーと

 ・フィルム・ノワールの傑作 『深夜の告白』 (1944 年/監督:ビリー・ワイルダー では、従来のイメージから一転、悪女を演じて3度目のアカデミー賞主演女優賞候補に。
 彼女が演じたフィリス・ディートリクスンは、AFI (アメリカ映画協会) が2003年に選定した 「アメリカ映画悪役ベスト50」 で第8位にランクされた。
  (右の写真) 『深夜の告白』 フレッド・マクマレー
Double Indemnity-2

Sorry, Wrong Number  ・1944年には、ハリウッドで最高給取りの女優となった。
 サスペンス映画 『私は殺される』 (1948年/監督:アナトール・リトヴァク で、4度目のアカデミー賞主演女優賞候補になったが、またも受賞には至らなかった。
  (左の写真) 『私は殺される』 バート・ランカスター

Blowing Wind Executive Suite
『吹き荒ぶ嵐』 (1953年) ゲーリー・クーパーと 『重役室』 (1954年) ウィリアム・ホールデンと
Roustabout
The_Night_Walker
『青春カーニバル』 (1964年) エルヴィス・プレスリー
『ナイト・ウォーカー 夜歩く者』 (1964年) ロバート・テイラーと

 ・1950〜60年代も第一線で活躍。かつての夫ロバート・テイラーと共演した 『ナイト・ウォーカー 夜歩く者』 (1964年) が最後の劇場用映画となった。

 ・1950年代からはTVでも活躍。「バーバラ・スタンウィック・ショー」 (1960〜61年)、「バークレー牧場」 (1965〜69年)、 「The Thorn Birds (1983年) で、3度エミー賞を受賞。「The Thorn Birds 」 では、ゴールデン・グローブ賞助演女優賞 (TVドラマ部門) も 受賞した。
 「The Colbys (1985〜86年) への出演が、最後の仕事となっ た。
  (右の写真) 「バークレー牧場」
The Big Valley

Academy 1978  ・1978年のアカデミー賞授賞式に、ウィリアム・ホールデンと一緒にプレゼンターとして 登場。
  ホールデンは、自身初の大役 『ゴールデン・ボーイ』 の撮影中にクビになりかけたところを、スタンウィックによって救われたエピソードを披露した。
 彼はこの恩を忘れず、毎年、撮影の記念日に彼女に花束を贈っていたという。 (左の写真) 1978年のアカデミー賞授賞式でウィリアム・ホールデンと

 ・1982年アカデミー賞の名誉賞を受賞。
 前年の11月に他界したウィリアム・ホールデンについて、「彼は私がオスカーを手にすることを願ってくれていました。私のゴールデン・ボーイ、あ なたの願いが叶ったわ 」 とスピーチ。

youtube-logo
 アカデミー賞名誉賞の受賞スピーチ。プレゼンターはジョン・トラボルタ。


 ・1986年、ゴールデン・グローブ賞のセシル・B・デミル賞を 受賞。

 ・1987年、AFI (アメリカ映画協会) の生涯功労賞を受賞。

 ・晩年、自宅に強盗が押し入り暴行を受けたり (1981 年)、自宅の火事でロバート・テイラーからのラブレターなどを焼失してしまう (1985年) 不幸に見舞われた。

 ・1990年82歳で他界。
  とても気さくな性格で、共演者や現場スタッフの皆から愛されたという。故人の希望により遺体は火葬され、遺灰はカリフォルニア州のローンパインに散布さ れた。
  (右の写真) 1982年のアカデミー賞授賞式で
Stanwyck_Oscar

 ・1999年、AFI (アメリカ映画協会) が選定した 「伝説のスター・ベスト50」 で、女優部門の第11位に選出。

Barbara Stanwyck-2
Barbara Stanwyck-3

HOME