20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Clarence_Brown

クラレンス・ブラウン

Clarence Brown

  1890-1987 (アメリカ)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

Flesh_and_the_Devil
 肉体と悪魔
 Flesh and the Devil
  
(1926年/アメリカ)
Anna_Christie-2
 アンナ・クリスティ
  Anna Christie
  (1930年/アメリカ)
A_Free_Soul  自由の魂
  A Free Soul
  (1931年/アメリカ)
Anna_Karenina-2.
 アンナ・カレニナ
 
Anna Karenina 
 (1935年/アメリカ)
National_Velvet
 緑園の天使
 National Velvet
 (1945年/アメリカ)
The_Yearling
 子鹿物語
 The Yearling
 (1946年/アメリカ)

    MGM社興隆の一翼を担う

 ・1890年、マサチューセッツ州生れ。テネシー大学卒業後、自動車関連の仕事に就いたが、映画に興味を抱き、フランス人の モーリス・トゥールヌールの映画会社に入社。編集や助監督などを務め、第一次世界大戦中は従軍したが、戦後、トゥールヌールとの共同監督で 『大救世主』 ウォーレス・ビアリー主演の 『モヒカン族の最後』 (1920年) 等を撮った。

 ・1923年、ユニヴァーサル社に移籍し、『燻ゆる情念』 (1924年) 等、5作品を監督。
 その後、ユナイテッド・アーチスツ社で、ルドルフ・ヴァレンチノ主演の 『荒鷲』 (1925年)、ノーマ・タルマッジ主演の 『お転婆キキー』 (1926年) の2作品を監督した。 
  (右の写真) 『荒鷲』 撮影時。ルドルフ・ヴァレンチノ (左)と
The_Eagle

Flesh_and_the_Devil-2
 ・MGM社での最初の作品 『肉体と悪魔』 (1926年) が大ヒット。
 主演のグレタ・ガルボが一躍世界的な人気スターとなったサイレント期を代表する恋愛映画の1作。
 グレタ・ガルボ、ジョン・ギルバートのコンビとは、『恋多き女』 (1928年) で再び組んだ。
  (左の写真) グレタ・ガルボ (左)、ジョン・ギルバート (右)と

 ・グレタ・ガルボ初のトーキーとして話題を集めた 『アンナ・クリスティ』、『ロマンス』 (1930年) を監督。この2作品により、アカデミー賞監督賞にダブル・ノミネートされたが受賞は逃した。
 (右の写真) 『アンナ・クリスティ』 撮影時。
  グレタ・ガルボと一緒に、音声マイクを見上げるブラウン監督。

Anna_Christie-2
 
 ・グレタ・ガルボとは、その後も 『インスピレーション』 (1931年)、『アンナ・カレニナ』 (1935年)、『征服』 (1937年) で組み (合計7作品)、『アンナ・カレニナ』 は、ヴェネツィア国際映画祭でムッソリーニ賞 (当時の大賞)を受賞した。
 
ガルボと並び、MGM社の看板女優であったジョーン・クロフォードノーマ・シアラーの作品も監督した。
 クロフォードとは、『蜃気楼の女』 (1931年)、『令嬢殺人事件』 (1932年)、『駒鳥の唄』 (1934年)、『私のダイナ』 (1934年)、『豪華一代娘』 (1936年) の5作品で組み、シアラー主演の 『自由の魂』 (1931年) では、アカデミー賞監督賞にノミネートされた。
A_Free_Soul-2 The_Gorgeous_Hussy Conquest
『自由の魂』 撮影時。左から、ブラウン監督、
レスリー・ハワードクラーク・ゲーブル
ノーマ・シアラー
『豪華一代娘』 撮影時。
ジョーン・クロフォードと
 
『征服』 撮影時。
グレタ・ガルボと

 ・ミッキー・ルーニー主演の 『町の人気者』 (1943年)、『緑園の天使』 (1944年)グレゴリー・ペック主演の 『子鹿物語』 (1946年) でも、アカデミー賞監督賞にノミネートされたが、受賞は逃した。
 監督賞に6回も候補となり、受賞に至らなかったのは、アルフレッド・ヒッチコック監督よりも1回多い。
The_Human_Comedy National_Velvet-2 The_Yearling-2
『町の人気者』 撮影時。
ジャッキー・ジェンキンス(左)、
ミッキー・ルーニー(中央)と
『緑園の天使』 撮影時。
エリザベス・テイラー
『子鹿物語』 撮影時。
左から、ブラウン監督、
グレゴリー・ペック、
クロード・ジャーマン・ジュニア


 ・最後の監督作品 『Plymouth Adventure (1952年/主演:スペンサー・トレイシー を撮った後、『哀愁のロシア』 (1953年/主演:クラーク・ゲーブル) を製作し、引退。
To_Please_a_Lady
 ・1987年97歳で他界。母校のテネシー大学には、彼の名を冠した劇場がある。 
  (左の写真) 『スピード王』 (1950年) 撮影時。
   バーバラ・スタンウィック、クラーク・ゲーブル(右)と

 
HOME