20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
Leslie_Howard-4

レスリー・ハワード

Leslie Howard

   
1893-1943 (イギリス)


starbar

     代表作
 
Of_Human_Bondage-2
 痴人の愛
 Of Human Bondage
 (1934年/アメリカ)
Romeo_and_Juliet
 ロミオとジュリエット
 Romeo and Juliet
 (1936年/アメリカ)
Pygmalion
 ピグマリオン
  Pygmalion
 (1938年/イギリス)
Gone with the Wind
  風と共に去りぬ
 Gone with the Wind
 
(1939年/アメリカ)

    50歳で非業の死を遂げた 『風と共に去りぬ』 のアシュレー役俳優

 ・1893年、ロンドン生れ。学生の時に1本だけ、叔父のウィルフレッド・ノーイ監督の短編映画 『The Heroine of Mons(1914年) に出演した。大学卒業後、銀行員となったが、第一次世界大戦が勃発し、従軍。戦場で精神を病み、治療の一環として演劇を始め、やがて本格的に取り組むようになった。

 ・1917年、ロンドンで初舞台に立ち、映画にも出演。その後、友人と映画製作会社を設立し、映画製作業にも携わった。しかし、当時のロンドンは不況だったため、多くの同業者と同様にアメリカへ渡った。

 ・1920年、ブロードウェイ・デビュー。「Aren't We All ? (1923年) で注目を集め、 「Her Cardboard Lover(1927年) のヒットで舞台のトップ・スターとしての地位を築いた。
  (右の写真) ロンドンでの舞台 「Her Cardboard Lover 」 (1928年)。
   タルーラ・バンクヘッドと

Her_Cardboard_Lover

 ・自身も出演していた舞台劇の映画化作品 『Outward Bond (1930年)でハリウッド映画デビュー。9年ぶりの映画で、自身初のトーキー作品でもあった。
 ハリウッドでの4作目、ノーマ・シアラークラーク・ゲーブルと共演した 『自由の魂』 (1931年/監督:クラレンス・ブラウン が大ヒットし、ハリウッドでも成功を収めた。
Outward Bond A_Free_Soul-2
Outward Bond 』 アリソン・スキップワースと 『自由の魂』 ノーマ・シアラー)と

 ・舞台監督(共同)、主演を務めたブロードウェイのヒット作の映画化作品 『Berkeley Square (1933年) で、アカデミー賞主演男優賞に初ノミネート。
 ‟アメリカの恋人” メアリー・ピックフォードの引退作 『秘密』 (1933年/監督:フランク・ボーゼージでは相手役を務めた。
Berkeley_Square
Secrets
Berkeley Square 』 ヘザー・エンジェルと 『秘密』 メアリー・ピックフォードと

 ・ベティ・デイビスの出世作 『痴人の愛』 (1934年)、イギリス映画 『紅はこべ 』 (1934年) に出演。米英2ケ国、舞台と映画を股にかけての大活躍だった。
Of_Human_Bondage-2
The_Scarlet_Pimpernel
『痴人の愛』 ベティ・デイビスと 紅はこべ 』 マール・オベロンと

 ・ブロードウェイのヒット作 『化石の森』 (1936年)の映画化の際、ワーナー・ブラザーズ社は共演の悪役としてエドワード・G・ロビソンを起用しようとしたが、レスリーは舞台で共演したハンフリー・ボガートでなければ自分も出演しないと会社を説得。ボギーは期待に応える演技をして彼の出世作となった。ボギーはこの時の恩を忘れず、ローレン・バコールとの間に生まれた娘に 「レスリー・ハワード・ボガート」 と命名した。
The Petrified Forest Romeo_and_Juliet-2
『化石の森』
ハンフリー・ボガート(左)、ベティ・デイビス(右)と
『ロミオとジュリエット』 (1936年/監督:ジョージ・キューカー
ノーマ・シアラーと

 ・『恋愛合戦』 (1937年) でベティ・デイビスと3度目、そして、オリヴィア・デ・ハヴィランドと初共演。
 母国イギリスで 『ピグマリオン』 (1938年) に出演。後の 『マイ・フェア・レディ』 と同じ原作の作品でヒギンズ教授を演じると共に、共同監督も務めた。同作で2度目のアカデミー賞主演男優賞候補となり、ベネチア国際映画祭の男優賞を受賞した。
It's_Love_I'm_After Pygmalion-2
『恋愛合戦』
 オリヴィア・デ・ハヴィランド(左)、ベティ・デイビス(右)と
『ピグマリオン』 
ウェンディ・ヒラーと

 ・イングリッド・バーグマンのハリウッド・デビュー作 『別離』 (1939年) では、彼女をハリウッドに招いたデビッド・O・セルズニックと共同プロデューサーも務めたが、これは 『風と共に去りぬ』 (1939年/監督:ヴィクター・フレミングへの出演の条件でもあった。
 そして、『風と共に去りぬ』 でのアシュレー役。彼の最も有名な代表作であり、最後のハリウッド映画ともなった。
Intermezzo Gone_with_the_Wind-2
『別離』
イングリッド・バーグマンと
『風と共に去りぬ』
ヴィヴィアン・リー(左)、オリヴィア・デ・ハヴィランド(右)と

 ・『風と共に去りぬ』 の完成後にイギリスへ戻り、精力的に活動。『'Pimpernel' Smith (1941年)、『スピットファイアー』 (1942年)では製作・監督・主演の3役をこなした。

 ・第二次世界大戦が勃発すると、連合軍の戦意高揚の宣伝活動や兵士の慰問活動にも従事。
 1943年6月1日、ポルトガルのリスボンからイギリスへ向かう飛行機に搭乗。大西洋上でドイツ空軍に撃墜され、非業の死を遂げた。享年50歳
 民間機が撃墜されたのには、ドイツ空軍がこの飛行機にイギリスのチャーチル首相が搭乗していると誤ったとの説がある。

 ・私生活では1916年に結婚し、長男、長女を授かった。
 長男のロナルド・ハワードは俳優となり、TVのシリーズ番組 『シャーロック・ホームズ』 (1954年〜) などに出演。
  (右の写真) 息子のロナルド・ハワード。
Ronald Howard

 ・英国紳士レスリーは女性にもてたようで、舞台 「Her Cardboard Lover(1928年) で共演したタルラー・バンクヘッド、『南の誘惑』(1931年)で共演したコンチータ・モンテネグロ、『The Animal Kingdom(1932年)で共演したマーナ・ロイ、『紅はこべ (1934年)で共演したマール・オベロンなどと浮名を流した。

 ・1981年、アメリカの劇場の栄誉の殿堂 「American Theater Hall of Fame 」 入り。

Leslie Howard-2
Leslie Howard-3

HOME