20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Bette Davis

ベティ・デイビス

Bette Davis

1908-1989 (アメリカ)


heartbar

     代表作

Of Human Bondage
 痴人の愛 
  Of Human Bondage
  (1934年/アメリカ)
Dangerous
 青春の抗議
 Dangerous
  (1935年/アメリカ)
Jezebel
 黒蘭の女
  Jezebel
 
(1938年/アメリカ)
The_Letter
 月光の女
 The Letter
  (1940年/アメリカ)
The_Little_Foxes
 偽りの花園
 The Little Foxes
  (1941年/アメリカ)
All About Eve
 イヴの総て
 All About Eve
  (1950年/アメリカ)
What Ever Happened to Baby Jane?
 何がジェーンに起ったか?
 What Ever Happened to
  Baby Jane ?
  (1962年/アメリカ)

thewhalesofaugust
 八月の鯨
 The Whales of August
  (1987年/アメリカ)
 
    ‟ハリウッドのファースト・レディー” と称された伝説の大女優

Bette_Davis-6  ・1908年、マサチューセッツ州生れ。本名は Ruth Elizabeth Davis 。7歳の時に両親が離婚し、13歳の時に母親と妹とニューヨークへ移住。
 子供の頃からダンスや演技を習っており、1929年、オフ・ブロードウェイの舞台 「The Earth Between 」 で本格的な女優デビューを果たした。
  (左の写真) 赤ん坊の頃のベティ

 ・1930年、ユニヴァーサル社と契約し、『姉妹小町』 (1931年) で銀幕デビュー。
 RKO社やコロンビア社に貸し出され、6作品に出演したが、スターになる資質がないと判断され、お払い箱にされた。
  (右の写真) デビュー作 『姉妹小町』 でのベティ・デイビス
The Bad Sister

The Man Who Played God  ・ニューヨークへ戻ることも考えていた折に、ジョージ・アーリスから 『The Man Who Played God(1932年) への出演オファーが届いた。
 同作で注目を集めたベティは、ワーナー・ブラザーズ社と契約した。
  (左の写真) 『The Man Who Played God 』 ジョージ・アーリスと

 ジョージ・アーリス (1866-1946) … イギリスの舞台で活躍した名優。
 1921年、55歳の時にハリウッドで銀幕デビュー。
  『Disraeli
(1929年)でアカデミー賞主演男優賞を受賞。
 「映画界最初の紳士」 と称され、ベティ・デイビスを見出し、彼女が生涯感謝の念を持ち続けたとされる人物。
  
(右の写真) 共演2作目の 『The Working Man 』 (1933年)
The Working Man

20,000_Years_in_Sing_Sing
Jimmy_the_Gent
『春なき二万年』 (1932年/監督:マイケル・カーティス
スペンサー・トレイシー

『偽物紳士』 (1934年/監督:マイケル・カーティス)
ジェームズ・キャグニー


Of Human Bondage-2  ・サマセット・モームの小説 「人間の絆」 を映画化した 『痴人の愛』 (1934年/監督:ジョン・クロムウェル) で、一躍トップ女優の仲間入りを果たした。
 男をたぶらかす悪女役であり、多くの女優が尻込みしたという役柄。
 RKO社の作品だが、ベティはワーナー社の反対を押し切って出演したとも言われている。
  (左の写真) 『痴人の愛』 レスリー・ハワード
 ベティの演技は、「かつて米国の女優がスクリーン上で示した最高の演 」 と激賞された。
 しかし、他社の作品、他社の女優の後押しをしたくないワーナー社とRKO社の意向により、アカデミー賞にはノミネートすらされなかった。
 アカデミー協会には抗議が殺到し、デモ隊まで出る騒動となった。その結果、協会は、ノミネート者以外に投票してもよい、という異例の措置をとり、事態を収拾することになった。尚、受賞者は、『或る夜の出来事』クローデット・コルベールだった。 (右の写真) 『痴人の愛』
Of_Human_Bondage-4

Bette Davis Oscar  ・翌年、『青春の抗議』 (1935年) でアカデミー賞主演女優賞を受賞。
 ベティは前年の 「埋め合わせ」 的な受賞だと感じていたようで、「今年は 『乙女よ嘆くな』 のキャサリン・ヘップバーン が受賞するべきでした 」 とコメントした。
  (左の写真)オスカー像を手にするベティ・デイビス

 ・1936年、会社から与えられた役柄に不満なベティはイギリスに渡り映画に出演しようと試みたが、ワーナー・ブラザーズ社と訴訟になり、敗訴した。
  (右の写真) 『化石の森』 (1936年) レスリー・ハワードと
The_Petrified_Forest

 ・1937年、『札つき女』 と 『倒れるまで』 (監督:マイケル・カーティス) の2作品での演技によりベネチア国際映画祭の主演女優賞を受賞。
Marked Woman Kid_Galahad
『札つき女』 ハンフリー・ボガート 『倒れるまで』 エドワード・G・ロビンソン

 ・ウィリアム・ワイラー監督との最初の作品 『黒蘭の女』 (1938年) は、南北戦争直前の南部の女性を主人公にした作品で、モノクロ版の 『風と共に去りぬ』 とも言われている。
 『風と共に去りぬ』 については、ベティもスカーレット役を望んでいたが、ワーナー社がエロール・フリンとのコンビでの貸し出しを主張したためご破算となったとの説や、本人が 『黒蘭の女』 と同じタイプの役柄であるスカーレット役に興味を示していなかったとの説がある。
Jezebel-2
The_Sisters
『黒蘭の女』 ヘンリー・フォンダ 『黄昏』 (1938年/監督:アナトール・リトバク) エロール・フリンと

Bette Davis Oscar-2 ・『黒蘭の女』 で、2度目のアカデミー賞主演女優賞を受賞。
 尚、ベティのオスカー像は2001年にオークションに出品され、スティーブン・スピルバーグ監督が落札。その後アカデミー協会に寄贈されている。 
  (左の写真) オスカー像を手にするベティ・デイビス。
   『少年の町』 で主演男優賞を受賞したスペンサー・トレイシーと

 ・『愛の勝利』 (1939年) で、2年連続3度目のアカデミー賞主演女優賞候補に。
Dark_Victory The_Private_Lives_of_Elizabeth_and_Essex
『愛の勝利』
ジョージ・ブレントと
『女王エリザベス』 (1939年/監督:マイケル・カーティス)
エロール・フリンと

 ・『月光の女』 (1940年/監督:ウィリアム・ワイラー) で、3年連続4度目のアカデミー賞主演女優賞候補に。
All_This,_and_Heaven_Too The_Letter-2
『凡てこの世も天国も』 (1940年/監督:アナトール・リトヴァク)
シャルル・ボワイエ
『月光の女』

 ・『偽りの花園』 (1941年/監督:ウィリアム・ワイラー) で、4年連続5度目のアカデミー賞主演女優賞候補に。
 1941年には、女性では初めてアカデミー協会会長に選出されたが、アカデミー賞授賞式を一般に開放する等の改革案を巡り事務局と対立。僅か2ケ月で辞任した。
The_Great_Lie The_Little_Foxes-2
『偉大な嘘』 (1941年) ジョージ・ブレントと 『偽りの花園』 ハーバート・マーシャルと

 ・ウィリアム・ワイラー監督とは3作品で組んだ。
 2人とも演技に対しては妥協を許さぬ完璧主義者。
 撮影現場での喧嘩腰のやり取りは語り草となっている。2人は一時期、恋愛関係にあったとの説も。
 (右の写真)『偽りの花園』 撮影時。ウィリアム・ワイラー監督と
Wyler Davis

 ・『情熱の航路』 (1942年) で、5年連続6度目のアカデミー賞主演女優賞候補に。5年連続のノミネーションは、ベティとグリア・ガースン (1941年〜1945年) だけである (2014年現在)
In_This_Our_Life
Now,_Voyager
『追憶の女』 (1942年/監督:ジョン・ヒューストン
オリヴィア・デ・ハヴィランド

『情熱の航路』
ポール・ヘンリードと

Bette_Davis_Hollywood_Canteen-2.
 ・第二次世界大戦中、俳優仲間の助けを借りて、軍人向けの 「ハリウッド食堂」 (1942年〜1945年) をオープン。ハリウッド・スターや人気ミュージシャンが、ボランティアとして連日入れ替わりで軍人たちをもてなした。
  (左の写真) 「ハリウッド食堂」 で働くベティ・デイビス

 ・『愛の終焉』 (1944年) で、7度目のアカデミー賞主演女優賞候補に。
Watch_on_the_Rhine
Old_Acquaintance
『ラインの監視』 (1943年) ポール・ルーカスと
『旧友』 (1943年) ミリアム・ホプキンス(右)と
Mr._Skeffington Beyond_the_Forest
『愛の終焉』 (1944年)
 クロード・レインズ

『森の彼方に』 (1949年/監督:キング・ヴィダー
ジョセフ・コットン


  ・1949年、18年間在籍したワーナー・ブラザーズ社から独立してフリーに。
 「ワーナー・ブラザーズ社5番目の兄妹 」 とも呼ばれた程、同社の大看板女優として君臨していた。
  (右の写真) ワーナー4兄弟とベティ・デイビス
Bette&Warner_Bros.

< 次ページ >

HOME