20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Leise_flehen_meine_Lieder

     或る夜の出来事
     It Happened One Night
     監督:フランク・キャプラ
     (1934年/アメリカ)
filmbar

 
 アカデ ミー賞の主要5部門を制覇したロマンチック・コメディの古典的名作

 大銀行家アンドリュース氏の箱 入り娘エリー。彼女は父の反対を押し切って、プレイボーイとして名高いパイロットのウエスト リーと婚約したため、父のヨットに軟禁されていた。
 ある日、父と口論になり、怒ったエリーは海へ飛び込んで逃げ出してしまった。

One_Night-1
One Night-2
 ニューヨークの新聞記者ピーター。彼は取材でマイアミへ来ていたが、電話でクビを言い渡されてしまった。
One Night-3 One Night-4
 見ず知らずのエリーとピーター。2人はマイアミ発ニューヨーク行きの夜行バスで隣り合わ せ になった。

  

youtubelogo
  『或る夜の出来事』 予告編


  主な出演者など 

One Night-57   ピーター役 … クラーク・ゲーブル Clark Gable
 エリー役 … クロー デット・コルベール  Claudette Colbert
  アンドリュース氏役 … ウォルター・コノ リー Walter Connolly 

 ・第7回アカデミー賞で、作品、監督、主 演男優、主演女優、脚色(ロバート・リスキン)の主要5部門制覇と いう快挙を成し遂げたロマンチック・コメディの古典的名作。
 ジャック・レモン、ジューン・アリソン主演 『夜の乗合自動車』 (1956年) としてリメイクも された。
  (右の写真) 左から、フランク・キャプラ、クローデット・コルベール、クラーク・ゲーブル
One_Night-67

One Night-58  ・ピーター役の最初の候補であったロバート・モンゴメリーはスケジュール的にNGだった。 MGM社は、給料に不満を持つな ど天狗ぶりが目についていたクラーク・ゲーブルをお仕置きとして、当時は弱小会社だったコロンビア社に貸し出したとの伝説がある。
  (左の写真) 左から、フランク・キャプラ、クラーク・ゲーブル、クローデット・コルベール

 ・クラーク・ゲーブルと言えば 『風と共に去りぬ』 (1939年) の レット・バトラー役があまりにも有名だが、本作でのチャーミングなゲーブル (キャプラ監督曰はく、ゲーブル本来の性格) も秀逸。
  (右の写真) 左から、クローデット・コルベール、クラーク・ゲーブル、フランク・キャプラ
One Night-59

One Night-60  ・エリー役は最初の候補であったミリアム・ホプキンスに断られ、マー ナ・ロイキャロル・ロンバードはスケジュール的にNGだった。
 マーガレット・サラヴァン、コンスタンス・ベネット、ロレッタ・ヤングなども辞退し、ベ ティ・ デイビスは役を希望したが、ワーナー社が貸し出しを拒否したとも言われている。

 ・クローデット・コルベールはオファーを受けた時、旅行へ行く予定であり、しかも監督 が失敗作となった 『力漕一挺身』 のフランク・キャプラ。断るつもりで高額のギャラと撮影期間は4週間という条件を出したが、これが受け入れられたため出演となったという。
 脚本に不満があった彼女は撮影に入ってからも不機嫌で、有名なヒッチハイクの足を 見せるシーンでは、当初は代役を用意させていたという。
One Night-62

One_Night-66
 ・コロンビア社にとって、当時最大のヒット作品となり、映画の中でゲーブルが肌着を着けず にワイシャツを着ていることから、全米でこのスタイルが大流 行。肌着の売上が前年比で半減し、コロンビア社は肌着メーカーから訴えられたというエピソードも。


 ・AFI (アメリカ映画協会) が1998年に選定した 「アメリカ映画100年ベスト100」 で第35位にランクイン。
 同協会が選定した 「ロマンチック・コメディ映画ベスト10」 で第3位、「笑える映画ベスト10」 で第8位に選出された。
One Night-61 One Night-63

HOME