20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Loretta_Young

ロレッタ・ヤング

Loretta Young

 1913-2000 (アメリカ)


heartbar

   代表作

Suez-2  スエズ
  Suez
  (1938年/アメリカ)
The_Farmer's_Daughter
 ミネソタの娘
  The Farmer's Daughter
  (1947年/アメリカ)

    『ミネソタの娘』 でアカデミー賞を受賞

 ・1913年、ユタ州生れ。本名は Gretchen Young 。2歳の時に両親が離婚。3歳の時にロスアンゼルスに引っ越し、母親が娘たちを映画に出演させた。

 ・4人姉妹全員が女優となり、『科学者ベル』 (1939年) では共演もした。
  
(右の写真) 左から、ロレッタ・ヤング (三女)
   ジョージアナ・ヤング (四女/1923-2007) …異父姉妹
   ポリー・アン・ヤング (長女/1908-1997)
   サリー・ブレーン (次女/1910-1997)

The_Story_of_Alexander_Graham_Bell

 ・3歳の時から映画に出演。15歳の時に出演した 『The Whip Woman (1928年) からロレッタ・ヤングの芸名を名乗るようになり、以後、多くの人気男優と共演した。
The_Devil_to_Pay!. Taxi!
A_Man's_Castle
『放蕩息子』 (1930年)
ロナルド・コールマン
『タクシー』 (1932年)
ジェームズ・キャグニー
『青空天国』 (1933年)
スペンサー・トレイシー
Born_to_Be_Bad Private_Number Suez
『濁流』 (1934年)
ケーリー・グラント
『愛の花籠』 (1936年)
ロバート・テーラー
『スエズ』 (1938年)
タイロン・パワー
Along_Came_Jones
The_Stranger-2
Rachel_and_the_Stranger
『無宿者』 (1945年)
ゲーリー・クーパー

『ストレンジャー』 (1946年)
オーソン・ウェルズ

『荒原の女』 (1948年)
ウィリアム・ホールデン


Loretta_Young_Oscar
 ・ジョゼフ・コットンと共演したコメディ 『ミネソタの娘』 (1947年) でアカデミー賞主演女優賞を受賞。事前の予想では最下位の候補だったとか。
 受賞スピーチでは、オスカー像を見つめながら 「At long last… (ついに… )」 と言った後、絶句した。『星は輝く』 (1949年) でも同賞にノミネートされた。
 (左の写真) オスカー像を手にするロレッタ・ヤング

 ・1953年にスタートしたTV番組 「ロレッタ・ヤング・ショー」 は高い人気で、61年まで続いた。「新ロレッタ・ヤング・ショー」 (1962-63年) の終了後は引退し、カトリック教徒の慈善団体で働いていた。
 23年ぶりに復帰したTVドラマ 「Christmas Eve (1986年) で、ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞を受賞。

 ・私生活では、17歳の時に俳優のグラント・ウィザーズと駆け落ち同然の結婚 (1930年) をしたが1年で離婚。
 『青空天国』 (1933年) で共演したスペンサー・トレイシーとは不倫の関係になったと言われている。
 『野生の叫び』 (1935年) で共演した既婚者クラーク・ゲーブルの子供を授かり、カトリック教徒だった彼女は中絶せずに娘を出産。公には養子としていたが、晩年、死後に公表することを条件に、自伝作家にゲーブルの子であることを認めた。
  (右の写真) 『野生の叫び』 クラーク・ゲーブルと
The_Call_of_the_Wild
Key_to_the_City  1940年、プロデューサーのトム・ルイスと再婚し、2人の息子を授かったが、69年に離婚。
 1993年、衣装デザイナーのジーン・ルイスと3度目の結婚。97年に彼が亡くなるまで連れ添った。
  (左の写真) クラーク・ゲーブルと再共演した 『Key to the City 』(1950年)

 ・2000年87歳で他界。

Loretta_Young-2
Loretta_Young-3

HOME