20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
Ronald Colman

ロナルド・コールマン

Ronald Colman

   
1891-1958 (イギリス)


starbar

     代表作
 
Stella Dallas
 ステラ・ダラス
 Stella Dallas
 (1925年/アメリカ)
Cynara
 シナラ
 Cynara
 (1932年/アメリカ)
Lost Horizon
 失はれた地平線
 Lost Horizon
  (1937年/アメリカ)
The_Prison_of_Zenda   ゼンダ城の虜
 The Prison of Zenda
  (1937年/アメリカ)
Random Harvest
 心の旅路
  Random Harvest
 (1942年/アメリカ)
A Double Life
  二重生活
 A Double Life
 
(1947年/アメリカ)

    トレードマークの口髭にその名がついた人気俳優

 ・1891年、イギリスのサリー州生れ。汽船会社で働く傍ら、アマチュア劇団で演技をしていた。第一次世界大戦中、フランス西部戦線で足を負傷し、帰還。怪我の回復後、プロの役者として舞台に立つようになり、短編映画 『The Live Wire (1917年) で銀幕デビュー。その後、数本の映画に出演したが、不況のイギリスを見限り、1920年に渡米した。

 ・1921年、ブロードウェイ・デビュー。舞台を観たリリアン・ギッシュに、『ホワイト・シスター』 (1923年) での相手役に抜擢され、映画スターとしての地位を確立した。
  (右の写真) 『ホワイト・シスター』 リリアン・ギッシュと
   * 『ホワイト・シスター』 … 1933年、ヘレン・ヘイズクラーク・ゲーブル主演で再映画化
The White Sister

 ・独立系の映画製作者サミュエル・ゴールドウィンと契約し、同社の看板スターとなった。特に、ヴィルマ・バンキーとのコンビは、MGM社のグレタ・ガルボジョン・ギルバートのコンビと匹敵する人気を誇った。
  * ヴィルマ・バンキー … ルドルフ・ヴァレンチノと共演した 『荒鷲』 (1925年)、『熱砂の舞』 (1926年)等も有名。
The_Dark_Angel Stella_Dallas-2
『ダーク・エンジェル』(1925年) ヴィルマ・バンキーと 『ステラ・ダラス』 (1925年)  ロイス・モランと
Lady_Windermere's_Fan
Beau_Geste
『ウインダミア夫人の扇』 (1925年/監督:エルンスト・ルビッチ
メイ・マカヴォイと
『ボー・ジェスト』 (1926年)
ラルフ・フォーブス(左)、ニール・ハミルトン(右)と
The_Winning_of_Barbara_Worth The_Magic_Flame
『夢想の楽園』 (1926年)
ヴィルマ・バンキー(左)、ゲーリー・クーパー(右/デビュー作)と
魔炎』 (1927年) ヴィルマ・バンキーと
   * 『ステラ・ダラス』 … 1937年、バーバラ・スタンウィック主演で再映画化 
   * 『
ボー・ジェスト』 … 1939年、ゲーリー・クーパー主演で再映画化

 ・トーキーの時代に入ると、その美声が大いに受け、更に活躍。『ブルドッグ・ドラモンド』 と 『曳かれ行く男』 (1929年)の演技により、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。
Bulldog_Drummond
Condemned
『ブルドッグ・ドラモンド』 ジョーン・ベネット
『曳かれ行く男』 アン・ハーディングと
Arrowsmith
Cynara-2
『人類の戦士』 (1931年/監督:ジョン・フォード
ヘレン・ヘイズと
『シナラ』 (1931年/監督:キング・ヴィダー
 ケイ・フランシスと
Lost_Horizon-2
The_Prisoner_of_Zenda-2
『失はれた地平線』 (1937年/監督:フランク・キャプラ
ジェーン・ワイアットと
『ゼンダ城の虜』 (1937年)
マデリーン・キャロル
Lucky_Partners
The_Talk_of_the_Town.
『ラッキー・パートナー』 (1940年/監督:ルイス・マイルストーン
ジンジャー・ロジャース

『希望の降る街』 (1941年/監督:ジョージ・スティーヴンス
ケーリー・グラント(左)、ジーン・アーサー

 ・メロドラマの古典 『心の旅路』 (1942年/監督:マーヴィン・ルロイ で、2度目のアカデミー賞主演男優賞候補に。
Random Harvest-2 Kismet
『心の旅路』
グリア・ガースン
自身初のカラー作品 『キスメット』 (1944年)
マレーネ・ディートリッヒ


 ・シェークスピアの 「オセロ」 を演じる俳優が、役と自身との区別がつかなくなるという難役を見事に演じた 『二重生活』 (1947年/監督:ジョージ・キューカー念願のアカデミー賞主演男優賞を受賞。
  (右の写真) 『二重生活』 シェリー・ウィンタース
A_Double_Life-2

Ronald Colman Oscar
 ・1950年代は、TV、ラジオを中心に活躍。
 オールスターキャストの 『80日間世界一周』 (1956年) で、6年ぶりに銀幕復帰。
 マルクス兄弟と共演した 『The Story of Mankind(1957年) が最後の劇場用映画となった。
  (左の写真) オスカー像を手にするロナルド・コールマン
 ・私生活では、『ホワイト・シスター』 (1923年) で共演もした女優のセルマ・レイと1920年に結婚したが、34年に離婚。
 1938年、女優のベニタ・ヒュームと再婚し、娘を授かった。
 尚、ベニタ・ヒュームはコールマンに先立たれた後、ジョージ・サンダースと再婚。サンダース主演の 『未知空間の恐怖/光る眼』 (1960年)は、コールマン主演で企画されていた作品でもある。
  (右の写真) 2番目の妻、ベニタ・ヒュームと
Benita_Hume

 ・淀川長治さん曰く、‟パーフェクト・ジェントルマン”。甘いマスクと魅惑的な声の英国紳士として高い人気を誇った。
 日本ではその昔 (今でも?)、彼のような髭をそのものずばり 「コールマン髭」 と呼んでいた。このことでも、人気が高かったことがうかがい知れる。

 ・1958年67歳で他界。

Ronald Colman-2
Ronald Colman-3

HOME