20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
John Ford

ジョン・フォード

John Ford

1894-1973 (アメリカ)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

The Iron Horse
 アイアン・ホース
 The Iron Horse
  
(1924年/アメリカ)
The_Informer
 男の敵
 The Informer
  (1935年/アメリカ)
Stagecoach
 駅馬車
 Stagecoach
  (1939年/アメリカ)
The Grapes of Wrath
 怒りの葡萄
 The Grapes of Wrath
 (1940年/アメリカ)
How Green Was My Valley
 わが谷は緑なりき
 How Green Was My
  Valley

 (1941年/アメリカ)
My Darling Clementine
  荒野の決闘
 My Darling Clementine
 
(1946年/アメリカ)
The Quiet Man
 静かなる男
 The Quiet Man
  (1952年/アメリカ)
The Searchers
 捜索者
 The Searchers
  (1956年/アメリカ)

    「西部劇の神様」 ハリウッドを代表する巨匠

 ・1894年、メイン州にて、11人兄弟の10番目として生れた。本名はJohn Mertin Feeney 。両親はアイルランドからの移民。メイン州ポートランド高校時代はフットボールの花形選手であった。 * 1895年生れとの説もある

 ・1914年、映画監督兼俳優であった12歳年上の兄フランシスを頼ってハリウッドへ行き、ユニヴァーサル社に入社。‟ジャック・フォード” の芸名で俳優としてデビューし、D・W・グリフィス監督の 『國民の創生』 (1915年) にもエキストラで出演した。

 ・俳優業だけでなく、裏方の仕事や助監督も務めるようになり、ユニヴァーサル社の創設者カール・レムリに認められ、『颱風』(1917年) で監督デビュー。
 1920年までに30数本をユニヴァーサル社で監督したが、その内の26本はハリー・ケリー主演の西部劇だった。
  (右の写真) ハリー・ケリー

 
・1920年フォックス社へ移籍。この年に結婚をし、後に2人の子を授かった。
harry Carey

 ・『侠骨カービー』 (1923年/主演:ジョン・ギルバートを監督した時から、‟ジョン・フォード” と名乗るようになった。

The Iron Horse-2  ・大陸横断鉄道の敷設に取り組む人々を描いた大作 『アイアン・ホース』 (1924年) を大ヒットさせ、映画監督として名を上げた。
 パラマウント社の大作西部劇 『幌馬車』 (1923年)に対抗する作品であり、「西部劇の神様」 の第一歩をスタートさせた記念碑的作品となった。
  (左の写真) 『アイアン・ホース』 撮影時のフォード監督 (一番右)

 ・1927年、フォックス社が招いたドイツの巨匠F・W・ムルナウ監督を訪ね、映画技法について学んだ。

 ・フォックス社初のトーキー作品 『マザー・マクリー』 (1928年) を監督。ジョン・ウェインがエキストラでフォード監督作品に初出演した。

 ・サミュエル・ゴールドウィン社で 『人類の戦士』 (1931年) を監督。病原菌と格闘する医師と彼を支える妻を描いた作品は、アカデミー賞の作品賞など4部門でノミネートされた。
  (右の写真) 『人類の戦士』 ヘレン・ヘイズロナルド・コールマン
Arrowsmith

The_Informer-2
 ・アイルランド独立運動を背景にしたドラマ 『男の敵』 (1935年) を監督。
 フォックス社は話が地味だとして映画化をNGとしたが、アイルランド移民2世のフォード監督は諦めず、『キング・コング』 (1933年)を製作・監督したメリアン・C・クーパーがGOサインを出し、RKO社で映画化が実現。低予算のため、僅か3週間で撮り終えた。
  (左の写真) 『男の敵』 ヴィクター・マクラグレン
 アカデミー賞において作品賞を含む6部門でノミネートされ、監督賞、主演男優賞(ヴィクター・マクラグレン)、脚色賞、作曲賞の4部門で受賞。
 尚、脚色賞のダドリー・ニコルズは、アカデミー賞史上初の受賞拒否者となっている。<混乱のアカデミー賞授賞式>
  (右の写真) 『男の敵』 撮影時。ヴィクター・マクラグレン(右)と
The_Informer-4

Stagecoach-3
 ・西部劇の金字塔 『駅馬車』 (1939年) を監督。トーキーでは自身初の西部劇。主役に抜擢したジョン・ウェインは同作をきっかけに大スターへと駆け上がっていった。
 
アカデミー賞では作品賞など7部門でノミネートされ、助演男優賞トーマス・ミッチェル、作曲・編曲賞の2部門で受賞。
  (左の写真) 『駅馬車』 クレア・トレヴァーとジョン・ウェイン
 ロケ地のユタ州モニュメント・ヴァレーはフォード監督お気に入りの地となり、『黄色いリボン』、『捜索者』 などもこの地で撮影した。
 モニュメント・ヴァレーはナバホ族の居留地であり、フォード監督は彼らをエキストラで雇用し、正規のギャラを支払うことで経済的な支援をしていた。 
  (右の写真) モニュメント・ヴァレーでのフォード監督
John Ford-2

 ・『若き日のリンカーン』 (1939年) を監督。主演のヘンリー・フォンダはフォード監督お気に入りの俳優となり、自身初のカラー作品 『モホークの太鼓』 (1939年)『怒りの葡萄』 (1940年) と3作連続で主役に起用。ジョン・ウェインと並ぶフォード監督作品を代表するスターとなった。
Young_Mr_Lincoln-3
Young_Mr_Lincoln-2
『若き日のリンカーン』 ヘンリー・フォンダ
『若き日のリンカーン』 撮影時。フォード監督(一番左)
ヘンリー・フォンダ(左から2番目)

 ・ノーベル賞作家ジョン・スタインベックのピューリッツァー賞受賞作を映画化した 『怒りの葡萄』 は、アカデミー賞の作品賞など7部門でノミネートされ、自身2度目の監督賞と助演女優賞 (ジェーン・ダーウェル) の2部門で受賞した。
The_Grapes_of_Wrath-3
The_Grapes_of_Wrath-2
『怒りの葡萄』 ヘンリー・フォンダとジェーン・ダーウェル
『怒りの葡萄』 撮影時。ヘンリー・フォンダ(左)とフォード監督。
   女優のアリス・フェィ (右) …同作には未出演。

The Long Voyage Home  ・この年は、ジョン・ウェイン主演の 『果てなき航路』 も作品賞を含む6部門でノミネートされていたが、こちらは無冠に終わった。
  (左の写真) 『果てなき航路』 ジョン・ウェイン(左)

 ・フォード監督の快進撃は続いた。『わが谷は緑なりき』 (1941年)は、アカデミー賞の作品賞など10部門でノミネートされ作品賞、監督賞(2年連続3度目)、助演男優賞(ドナルド・クリスプ)、美術賞(白黒部門)撮影賞白黒部門)の5部門で受賞。
How_Green_Was_My_Valley-3
How_Green_Was_My_Valley-2
『わが谷は緑なりき』 ウォルター・ピジョンモーリン・オハラ
『わが谷は緑なりき』 撮影時。ロディ・マクドウォール

John Ford-3  この年は、映画史上No.1とも言われる 『市民ケーン』 もノミネートされていたが、オーソン・ウェルズは最も好きな映画監督としてジョン・フォードの名前を挙げており、『市民ケーン』 を撮る前にはフォード監督の 『駅馬車』 を何度も観て勉強したとのエピソードも。
  (左の写真) 自身の肖像画をバックにカメラに収まるフォード監督。
   横にはオスカー像も。

 ・第二次世界大戦中は、米国海軍とOSS (戦略事務局…CIAの前身) の為に戦争ドキュメンタリー映画 『ミッドウェイ海戦』 (1942年)、『真珠湾攻撃』 (1943年) を製作。アカデミー賞のドキュメンタリー映画賞を受賞した。
 ミッドウェイ海戦では、日本軍のゼロ戦の空爆により腕を負傷した。 (右の写真) 陸軍に入隊したフランク・キャプラ監督(左)と。
 フォード監督が好きな映画監督はフランク・キャプラであったという。
Capra and Ford

< 次ページ >

HOME