20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
Walter Pidgeon

ウォルター・ピジョン

Walter Pidgeon

   
1897-1984 (カナダ/アメリカ)


starbar

     代表作
 
Man_Hunt-2
 マン・ハント
 Man Hunt
 (1941年/アメリカ)
Blossoms_in_the_Dust
 塵に咲く花
 Blossoms in the Dust
 (1941年/アメリカ)
How Green Was My Valley
 わが谷は緑なりき
 How Green Was My Valley
 (1941年/アメリカ)
Krs. Miniver
 ミニヴァー夫人
 Mrs. Miniver
 (1942年/アメリカ)
Madame Curie
 キュリー夫人
  Madame Curie
 (1943年/アメリカ)
Forbidden Planet
  禁断の惑星
 Forbidden Planet
 
(1956年/アメリカ)

    グリア・ガースンとの名コンビで人気スターに

 ・1897年、カナダのニューブランズウィック州生まれ。地元の大学に在学中に第一次世界大戦が勃発。軍に入隊したが事故で負傷し、約1年半入院した。戦後に渡米し、ボストンの銀行で働きながらニューイングランド音楽院で声楽を学んだ。

 ・ミュージカル 「Puzzles of 1925 (1925年)でブロードウェイ・デビューし、翌26年に 『Mannequin 』 で銀幕デビュー。
 トーキーの時代になるとミュージカル映画を中心に出演していたが、ミュージカル俳優という型にハマることを嫌い、 1935年にブロードウェイへ戻り、コメディ劇に出演。ミュージカル映画 『ショウボート』 (1936年)への出演オファーも断っている。

 ・長いこと助演クラスに甘んじていたが、1941年にキャリアの転機を迎えた。
 反ナチスのサスペンス映画 『マン・ハント』 (監督:フリッツ・ラングの主役に抜擢されて好演。
  (右の写真) 『マン・ハント』 ロディ・マクドウォール(右)と
Man Hunt

Blossoms_in_the_Dust-2
 ・『塵に咲く花』 (監督:マーヴィン・ルロイ で、人気コンビとなるグリア・ガースンと初共演。
  (左の写真) 『塵に咲く花』 グリア・ガースンと

 ・『わが谷は緑なりき』 (監督:ジョン・フォードが大ヒット作となり、アカデミー賞作品賞を受賞。
  (右の写真) 『わが谷は緑なりき』 モーリン・オハラ
How_Green_Was_My_Valley-3

Mrs._Miniver-2
 ・翌42年、『ミニヴァー夫人』 (監督:ウィリアム・ワイラー が、その年最大のヒット作となり、ウォルター・ピジョンはアカデミー賞主演男優賞候補に。
 2年連続でアカデミー賞作品賞受賞作の主役を務め、キャリアの絶頂期を迎えた。
  (左の写真) 『ミニヴァー夫人』 グリア・ガースンと

 ・グリア・ガースンとの共演3作目 『キュリー夫人』 (1943年/監督:マーヴィン・ルロイ) も大ヒットし、2年連続でアカデミー賞主演男優賞候補となったが、受賞には至らなかった。
 尚、『キュリー夫人』 は、日本で戦後初めて輸入公開 (1946年) された外国映画。
  (右の写真) 『キュリー夫人』 グリア・ガースンと
Madame Curie-2
 グリア・ガースンとは、『パーキントン夫人』 (1944年)、『奥様武勇伝』 (1948年)、『フォーサイト家の女』 (1949年)、『The Miniver Story(1950年)、『Scandal at Scourie(1953年) でも共演 (合計8本)した。

 ・1950年代以降も、『雨の朝巴里に死す』 (1954年)、『禁断の惑星』 (1956年)、『野望の系列』 (1962年)、『ファニー・ガール』 (1968年) 等に出演。『Sextette(1978年) への出演を最後に引退した。

 ・1984年87歳で他界。

Walter Pidgeon-2
Walter Pidgeon-3

HOME