20世紀・シネマ・パラダ イス

hearttbar
Greer Garson

グリア・ ガースン

Greer Garson

 1904-1996 (イギリス/アメリカ)


heartbar

   代表作

Blossoms in the Dust  塵に咲く花 
  Blossoms in the Dust
  (1941年/アメリカ)
Mrs._Miniver
 ミニヴァー夫人 
  Mrs. Miniver
  (1942年/アメリカ)
Random_Harvest
 心の旅路
 Random Harvest
  (1942年/アメリカ)
Madame_Curie
 キュリー夫人
 Madame Curie
  (1943年/アメリカ)

    アカデミー賞主演女優賞に5年連続でノミネート

 ・1904年、ロンドン生れ。子供の頃から学業優秀で、特待生としてキング ス・カレッジ・ロンドンに入学。卒業後、フランスのグルノーブル大学に留学した。
 教師を目指していたが、帰国後、広告代理店で秘書として働きながら (ジョージ・サンダースが同僚であった) 演劇クラブに通い、1932年に舞台デ ビュー。その後、プロの役者となり、BBCがTV放映したシェークスピア劇 「十二夜」 (1937年) 等に出演した。33年に外交官と結婚したが、43年に離婚した。 

 ・1938年、ロンドンで彼女の舞台を観たルイ ス・B・メイヤーにスカウトされ、MGM社と契約して渡米したが、出演作の企画が実現せず、一旦イギリスへ戻り、『チップス先生さようなら 』 (1939年/監督:サム・ウッドに出演。
 35歳時の銀幕デビュー作でアカデミー賞主演女優賞にノミネートもされ、人気スターとなった。
  (右の写真) 『チップス先生さようなら 』 ロバー ト・ドーナット
Goodbye,_Mr._Chips-2

Pride_and_Prejudice
 ・MGM社で、『Remember?(1939年)、『高慢と偏見』 (1940年) に出演。
  (左の写真) 『高慢と偏見』 ローレンス・ オリヴィエ

 ・婚外子など、恵まれない子供たちを支援した実在の人物に扮した 『塵に咲く花』 (1941年/監督:マーヴィン・ルロイで、 2度目のアカデミー賞主演女優賞候補に。
 同作で初共演したウォルター・ピジョンとは人気コンビとなった。
  (右の写真) 『塵に咲く花』 ウォルター・ピジョンと
Blossoms in the Dust-2

/Mrs._Miniver-2
 ・アカデミー賞作品賞を受賞した大ヒット作 『ミニヴァー夫人』 (1942年/監督:ウィリアム・ワイラー で、銃後の賢夫人を演じてオスカーを獲得した。
  (左の写真) 『ミニヴァー夫人』 ウォルター・ピジョンと
 ・アカデミー賞授賞式では、最長記録となるスピーチをしたことも有名。
 実際のスピーチ時間は5分半あまりであったが、1時間近くも話をしたとも伝えられていた。
  (右の写真) 主演男優賞のジェームズ・キャグニー
Greer_Garson_Oscar

Random_Harvest-2
 ・同42年には、メロドラマの古典的名作 『心の旅路』 (監督:マーヴィン・ルロイ) も大ヒットし、ハリウッドを代表するトップ女優の1人となった。
  (左の写真) 『心の旅路』 ロナルド・コールマン

 ・『塵に咲く花』 のマーヴィン・ルロイ監督、ウォルター・ピジョン、グリア・ガースンが再集結した伝記映画の第2弾 『キュリー夫人』 (1943年)で、3年連続4度目のオスカー候補に。
 日本では戦後最初に公開されたアメリカ映画。
  (右の写真) 『キュリー夫人』 ウォルター・ピジョンと
Madame_Curie-2

Richard_Ney
 ・1943年、『ミニヴァー夫人』 で、彼女の息子役であった12歳年下のリチャード・ネイと再婚。
 ファンを驚かせた結婚だったが、47年に離婚した。
  (左の写真) リチャード・ネイと

 ・ウォルター・ピジョンとの共演4作目 『パーキントン夫人』(1944年) で、4年連続5度目のオスカー候補に。
  (右の写真) 『パーキントン夫人』 ウォルター・ピジョンと
Mrs._Parkington

The_Valley_of_Decision
 ・『愛の決断』 (1945年) で、5年連続6度目のオスカー候補に。
 アカデミー賞主演女優賞5年連続のノミネートは、ベティ・デイビス (1938年〜42年) と並ぶ最長記録である。
  (左の写真) 『愛の決断』 グレゴリー・ペック

 ・グレタ・ガルボ (41年引退)ノーマ・シアラー(42年引退)ジーン・ハーロー(37年他界) といった人気女優が去った後のMGM社の看板女優として大活躍したが、当時、同社は彼女の年齢を10歳もサバを読んでいたという。
Adventure The_Miniver_Story
『冒険』 (1945年/監督:ヴィクター・フレミング
クラーク・ゲーブル
The Miniver Story 』(1950年)
ウォルター・ピジョンと
 ・1940年代後半になると主演作の興行成績が落ち込み、54年にMGM社との契約が終 了。以後、TVを中心に活動。58年には舞台の大ヒット作 「メイム叔母さん」 のタイトル・ロールをロザリンド・ラッセルから引き継ぐかたちでブロードウェイ・デビューを果たした。
 私生活では、49年にテキサス州の大富豪 (石油業者) と3度目の結婚。夫が亡くなるまで連れ添った。また、51年にはアメリカの市民権を取得した。

 ・第32代大統領フランクリン・ルーズベルトの伝記映画 『ルーズベルト物語』 (1960年) で、5年ぶりに銀幕復帰。
 小児麻痺を患った夫を支える妻を演じ、7度目のアカデミー賞主演女優賞候補となった。オスカーは逃したが、ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞を受賞し た。
  (右の写真) 『ルーズベルト物語』 ラルフ・ベラミーと
Sunrise_at_Campobello

The_Happiest_Millionaire
 ・劇場用映画への出演は、ウォルト・ディズニーが最後に手掛けた実写映画 『最高にしあわせ』 (1967年) が最後となったが、その後もTVに出演したほか、後にヘンリー・フォンダキャ サリン・ヘップバーン主演で映画化もされた舞台劇 「黄昏」 (1979年) などの共同プロデューサーとしても活躍した。
  (左の写真) 『最高にしあわせ』 フレッド・マクマレー

 ・1996年91歳で他界。

Youtube
 グリア・ガースン トリビュート動画



Greer Garson-2
Greer Garson-3

HOME