20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Jean Harlow

ジーン・ハーロー

Jean Harlow

1911-1937 (アメリカ)


heartbar

     代表作

Hell's_Angels
 地獄の天使
  Hell's Angels
  (1930年/アメリカ)
The Public Enemy
 民衆の敵
 The Public Enemy
  (1931年/アメリカ)
Red Dust
 紅塵
 Red Dust
 (1932年/アメリカ)
Dinner at Eight
 晩餐八時
 Dinner at Eight
  (1933年/アメリカ)

    26歳で天に召された1930年代のセックス・シンボル

 ・1911年、ミズーリ州生れ。16歳の時に資産家の息子と駆け落ちして結婚。ロスアンゼルスへ引越して、新婚生活をスタートさせたが2年で離婚した。

 ・1928年、結婚中に銀幕デビュー。知人に誘われてのエキストラ出演だったが、離婚後、本格的に女優を目指すようになった。「極楽コンビ」 ローレル&ハーディ の作品や、クララ・ボウ主演の 『恋のデパート』 (1929年)等に出演した。 * チャップリン『街の灯』 (1931年) にも、ナイトクラブの場面でエキストラとして出演している。同作は撮影に2年もかかっているので、ハーローの出演シーンは29〜30年に撮影されたものと思われる。

 ・大富豪ハワード・ヒューズが莫大な製作費を投入した超大作 『地獄の天使』 (1930年) のヒロインに抜擢され大ブレイク。
 当初、ノルウェー出身のグレタ・ニッセンがヒロインで、サイレントとして撮影していたが、トーキーに切り替えた際に、訛りのひどいニッセンに代わり、 ハーローが起用された。作品は大ヒットし、ハーローは新たなセックス・シンボルとして一躍人気スターとなった。当時まだ19歳。 
  (右の写真) 『地獄の天使』 ベン・ライオンと
Hell's_Angels-2

The_Public_Enemy-2
 ・ハワード・ヒューズとの契約下で、他社の作品、『秘密の6』、『民衆の敵』、『プラチナ・ブロンド』 (1931年) 等に出演。
  (左の写真) 『民衆の敵』  ジェームズ・キャグニー

 ・『プラチナ・ブロンド』 (監督:フランク・キャプラは、主役のロレッタ・ヤングの役名でもある「Gallagher 」 というタイトルであったが、ハワード・ヒューズの要請で 『プラチナ・ブロンド』 に変更された。
 ヒューズは全米の美容院で賞金付きの 「プラチナ・ブロンド」 キャンペーンを実施。街はハーローそっくりのヘア・スタイルの女性で溢れたという。
 「プラチナ・ブロンド」 はハーローの代名詞となった。アメリカでは 「プラチナ爆弾」 とも言われたが、日本では 「セックス爆弾」 という凄い呼ばれ方をされていた。
Platinum Blonde

Paul Bern  ・1932年4月、MGM社へ移籍。この時に立ち回ったのが、MGM社の製作者ポール・バーン。2人は 『秘密の6』 製作時に出会い、恋に落ちていた。
 同年7月に結婚。しかし、僅か2ヶ月後にバーンがピストル自殺?。様々な憶測を呼ぶスキャンダルとなった。
  (左の写真) 2番目の夫、ポール・バーンと
 
 ・私生活では悲劇に見舞われたが、女優業の方は順調で、MGM社へ移籍後、『Red-Headed Woman 』、『紅塵』 (1932年/監督:ヴィクター・フレミングの2作が立て続けに大ヒット。
 当時のMGM社には、グレタ・ガルボ (1905年生)ノーマ・シアラー (1902年生)ジョーン・クロフォード (1904年生)といった看板女優がいたが、彼女たちよりも若いハーローは期待の星であり、同社の人気男優たちと共演した作品はことごとく大ヒットした。
Gable-Harlow Wife vs. Secretary
『春の火遊び』 (1933年/監督:サム・ウッド
クラーク・ゲーブル
『妻と女秘書』 (1936年/監督:クラレンス・ブラウン
ジェームズ・ステュアート
Libeled_Lady
Personal Property
『結婚クーデター』 (1936年)
スペンサー・トレイシー(左)、ウィリアム・パウエル(右)と
『座り込み結婚』 (1937年)
ロバート・テイラー

 ・私生活では、ヘビー級のプロ・ボクサー、マックス・ベアと浮名を流したが、彼は既婚者であり、新たなスキャンダルを恐れたMGM社が交際にストップをかけたと言われている。
 (右の写真) マックス・ベアと

  * マックス・ベア … 1934年に世界ヘビー級チャンピオンとなり、
   引退後は俳優としても活躍した。

Max Baer
Harold Rosson
 ・1933年、『紅塵』、『春の火遊び』 のカメラマン、ハロルド・ロッソンと3度目の結婚。しかし、MGM社がお膳立てした結婚だったようで、僅か8ヶ月で離婚した。
 (左の写真) ハロルド・ロッソンと
 * ハロルド・ロッソン … 『オズの魔法使』 (1939年)、『雨に唄えば』
  (1952年) 等も撮影

 ・最後の恋人だったのがウィリアム・パウエル。
 ハーロー初のミュージカル 『無軌道行進曲』 (1935年)、『結婚クーデター』 (1936年)で共演もした。
  (右の写真) 『無軌道行進曲』 ウィリアム・パウエルと
Reckless

Saratoga
 ・1937年、『サラトガ』 の撮影中、病に倒れ、回復することなく他界。享年26歳
 私生活でもセックス・シンボル視されることへのストレスからか、かなり早い時期からアルコールに浸り、それで腎臓を悪くしたとされている。
 母親がクリスチャン・サイエンスの信者であり、医者の治療を拒んだとする説や、本人が拒んだとする説など、諸説がある。
 入院時には病状は悪化しており、手遅れであったという。
  (左の写真) クラーク・ゲーブルと。遺作となった 『サラトガ』 は、死後に公開され大ヒット。

 ・セックス・シンボルと謳われ、結婚・離婚を繰り返し、その早すぎる死には不明な点もある、となれば、マリリン・モンローと重なることが多い。最後の共演相手がクラーク・ゲーブルということまで同じである。

 ・1999年、AFI (アメリカ映画協会)が選定した 「伝説のスター・ベスト50」 の女優部門で第22位に選出。

Jean Harlow-2
Jean Hrlow-3