20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
The Wizard of Oz

       オズの魔法使
        The Wizard of Oz
        監督:ヴィ クター・フレミング
        (1939年/アメリカ)
filmbar

  アメリカの国民的映画となったミュージカル・ファンタジー

 カンザスの農場で、エムおばさん、ヘンリーおじさんと暮らしている少女ドロシーは、虹の彼方のどこかにきっと素敵な場所があると信じていました。
 ある日、意地悪な地主のガルチさんが、ドロシーの愛犬トトを連れて行ってしまいました。ガル チさんが言うには、トトは人に噛みつく危険な犬なので、保安官に処分してもらうとのことでした。
 ドロシーが一人で泣いていると、トトが戻って来ました。ガルチさんのところから逃げて来たのです。
 ドロシーは、ガルチさんがトトを連れ戻しに来ると思い、トトと一緒に家出をしてしまいまし た。 Oz-1 Oz-2

  

youtubelogo
 『オズの魔法使』 の予告編


  主な出演者など 

Oz-19
 ・ドロシー役 … ジュディ・ガーランド Judy Garland
 ・案山子、ハンク役 … レイ・ボルジャー  Ray Bolger
 ・ブリキ男、ヒッコリー役 … ジャック・ヘイリー  Jack Haley
 ・ライオン、ジーク役 … パート・ラー  Bart Lahr
 ・グリンダ役 … ビリー・バーク Billie Burke
 ・大魔王、マーベル役 … フランク・モーガン Frank Morgan
 ・西の魔女、ガウチ役 … マーガレット・ハミルトン  Margaret Hamilton

 ・原作 「オズの魔法使い」 は、アメリカの児童文学作家ライマン・フランク・ボームが、1900年に発表したベストセラー。
 出版の2年後にミュージカル劇となり、大成功を収めている。

 ・ディズニー社の 『白雪姫』 (1937年) の大ヒットに触発されたMGM社が、子供も楽しめるミューカルの大作として企画。
Oz-20
Oz-27
 ・当初、監督には 「ターザン」 シリーズ等を撮ったリチャード・ソープ が起用さ れたが、ジョージ・キュー カーに交替。しかし、キューカーが 『風と共に去りぬ』 の監督として引き抜かれ、ヴィクター・フレミングは3番手で、会社に押し付けら れての起用であった。 
 その後、キューカーが 『風と共に去りぬ』 の監督を降板させられ、その後釜として指名されたのがフレミング。
 フレミングは撮影完了直前に 『風と共に去りぬ』 の撮影に回され、『オズの魔法使』 の残りを撮影し、最後に完成させたのはキング・ヴィダーだった。
 但し、完成したフィルムに 監督として名前がクレジットされたのはフレミングだけである。 
  (右の写真) ブリキ男さんとヴィクター・フレミング監督
Oz-23
Oz-21  ・ドロシー役は、当時大人気であったシャーリー・テンプル (10歳) を起用する計画だったが、彼女が所属していたFOX社との交渉が決裂し、自社のジュディ・ガーランド (17歳) が抜擢された。

 ・アカデミー賞では作品賞など6部門でノミネート。作曲賞、歌曲賞の2部門で受賞したほか、ジュディ・ガー ランドが特別賞を受賞。
 ・アメリカでは1956年にTVで初放映。以後毎年のように放映され、史上最も多く鑑賞さ れた映画と言われている。

 ・AFI (アメリカ映画協会) が選定した 「アメリカ映画100年ベスト100」 (1998年選定)では第6位にランクイン。「ミュージカル映 画ベスト25」 (2006年選定) では第3位。ジャンル別の 「ファンタジー映画」 部門 (2008年選定)では第1位に。
Oz-24
Oz-28
 「アメリカ映画主題歌ベスト100」 (2004年選定) では 「虹の彼方に」 が第1位。
 「名セリフ・ベスト100」 (2005年選定)では、「トト、ここはカンザスじゃないみたいよ ( Toto, I've got a feeling we're not in Kansas anymore. ) 」 が第4位、「やっぱり、おうちが一番 ( There's no place like home. ) 」 が第23位に選出。
   !ジュ ディ・ガーランドが亡くなった日、カンザスでは竜巻が発生したと 伝えられている。

  !ジュディ・ガーランドの娘ライザ・ミネリの2番目の夫は、ブリキ男 役 のジャック・ヘイリーの息子だった。

HOME