20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Victor Fleming

ヴィクター・フレミング

Victor Fleming

1889-1949 (アメリカ)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

Red_Dust
 紅塵
 Red Dust
  
(1932年/アメリカ)
Captains Courageous
 我は海の子
 Captains Courageous
  (1937年/アメリカ)
The Wizard of Oz
 オズの魔法使
 The Wizard of OZ
  (1939年/アメリカ)
Gone_with_the_Wind
 風と共に去りぬ
 Gone with the Wind
 (1939年/アメリカ)

    『風と共に去りぬ』 で不滅の名を残す

 ・1889年、カリフォルニア州生れ。14歳で学校を辞めて自動車工となり、後にカーレーサーに転身。映画俳優・監督のマーシャル・ニーランの運転手となったことがきっかけで、1910年に映画界入り。カー・スタントマンなどを経て、アラン・ドワン監督の撮影助手・撮影監督となった。グリフィス監督『イントレランス』 (1916年)の撮影にも携わった。
    * マーシャル・ニーラン … 映画創生期から俳優として活躍。後に監督に転身。ハワード・ヒューズ監督の 『地獄の天使』 (1930年)
     の脚本も手がけた。
    * アラン・ドワン … 映画創生期から1960年代までに、映画監督、プロデューサーとして活躍。手掛けた作品は430本超。

 ・第一次世界大戦中は陸軍通信隊にカメラマンとして所属。ベルサイユ平和会議の模様を撮影した。

 ・ダグラス・フェアバンクス主演の 『暗雲晴れて』 (1919年) で監督デビュー。アクション映画や西部劇を多く撮り、元カーレーサーで狩猟を好むなどアウトドア派だったこともあり、「男性映画の監督」 と目されるようになった。

Victor_Fleming_&_Clara_Bow  ・1922年、パラマウント社と契約。人気女優クララ・ボウの 『人罠』 (1926年)、『フラ』 (1927年)、ドイツの名優エミール・ヤニングスに第1回アカデミー賞主演男優賞をもたらした 『肉体の道』 (1927年)、ゲーリー・クーパー初のトーキーで彼の出世作となった 『ヴァジニアン』 (1929年) といった作品を監督。
  (左の写真) クララ・ボウと

Victor_Fleming_&_Emil_Jannings Victor_Fleming_&_Gary_Cooper
『肉体の道』 (1927年) 撮影時。エミール・ヤニングス(右)と 『狼の唄』 (1929年)撮影時。ゲーリー・クーパー(右)と

 ・ダグラス・フェアバンクス製作のドキュメンタリー 『ダグラスの世界一周』 (1931年) では、フェアバンクスとの共同監督、撮影、編集を務めた他、自ら出演もした。
 日本人スターの早川雪洲、上山草人も出演。
  (右の写真) 『ダグラスの世界一周』 フレミング監督(左)とダグラス・フェアバンクス(右)
with_Douglas_Fairbanks_1931

 ・1932年、MGM社に移籍。クラーク・ゲーブルジーン・ハーロー主演の大ヒット作 『紅塵』 (1932年)、ウォーレス・ビアリー主演の 『宝島』 (1934年)スペンサー・トレイシーにアカデミー賞主演男優賞をもたらした 『我は海の子』 (1937年)、クラーク・ゲーブル、スペンサー・トレイシー、マーナ・ロイ主演の 『テスト・パイロット』 (1938年)等を撮った他、F
OX社でヘンリー・フォンダの銀幕デビュー作 『運河のそよ風』 (1935年) を監督した。
Red_Dust
The White Sister
『紅塵』 撮影時のフレミング監督(手前)。
右から、ジーン・ハーロー、クラーク・ゲーブル、メアリー・アスター

『ホワイト・シスター』 (1933年) 撮影時。
ヘレン・ヘイズ(中央)、クラーク・ゲーブル(右)と
Reckless Victor_Fleming_&_Spencer_Tracy
『無軌道行進曲』 (1935年) 撮影時。
ウィリアム・パウエル(中央)、ジーン・ハーローと
『我は海の子』 (1937年) 撮影時。
スペンサー・トレイシー(右)と

  ・1939年、ハリウッド映画史に燦然と輝く2本の名作を監督。1本はミュージカル・ファンタジーの 『オズの魔法使』。もう1本は20世紀最大のヒット作 『風と共に去りぬ』

The Wizard od Oz  ・『オズの魔法使』 の当初の監督は、「ターザン」 シリーズのリチャード・ソープだったが、ジョージ・キューカーに交替。その後、キューカーが 『風と共に去りぬ』 の監督として引き抜かれ、フレミングは会社に押し付けられての起用であった。しかも、撮影完了直前に、『風と共に去りぬ』 の撮影に回され、『オズの魔法使』 の残りはキング・ヴィダーが撮った。
  (左の写真) 『オズの魔法使』 撮影中のフレミング(左)、ジュディ・ガーランド(中央)

 ・『オズの魔法使』 に引き続き、キューカーの後釜として 『風と共に去りぬ』 の監督に起用されたが、超大作を任 されたことによる重圧や、女優陣との軋轢により神経をすり減らし、撮影途中でダウン。撮影に喧しく口をはさむ製作者デビッド・O・セルズニックに対する当てつけとの説もある。従って、サム・ウッド監督が代りに撮影している場面もある。
 (右の写真) 『風と共に去りぬ』 撮影時。ヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲーブル(後)と
Gone with the Wind-2

Fleming Oscar  ・1939年度のアカデミー賞で、『風と共に去りぬ』 は作品賞を含む8部門と特別賞の合計9つのオスカーを獲得。フレミングは監督賞を受賞した。
 『オズの魔法使』 は作品賞など5部門でノミネートされ、作曲賞、歌曲賞を獲得したほか、主演のジュディ・ガーランドが特別賞を受賞した。
  (左の写真) オスカー像を手にするフレミング監督

 ・その後、『ジキル博士とハイド氏』 (1941年)、『Tortilla Flat (1942年)、『ジョーという名の男』 (1943年)と、3作連続でスペンサー・トレイシー主演作を監督
 
『ジョーという名の男』 は、スティーブン・スピルバーグ監督のお気に入りとされ、リメイク作 『オールウェイズ』 (1989年) を撮っている。
  (右の写真) 『ジキル博士とハイド氏』 撮影時。イングリッド・バーグマン
   スペンサー・トレイシー(右)と
jekyll  & Hyde

 ・第二次世界大戦中、空軍に入隊していたクラーク・ゲーブルの復員後第1作目となる 『冒険』 (1945年)、イングリッド・バーグマン主演の大作 『ジャンヌ・ダーク』 (1948年) を監督。
Adventure Joan of Arc
『冒険』 の撮影時。グリア・ガースン、クラーク・ゲーブル(右)と 『ジャンヌ・ダーク』 撮影時。イングリッド・バーグマンと

Victor_Fleming-2  ・1949年、『ジャンヌ・ダーク』 完成後間もなく、心筋梗塞により59歳で他界。

 ・AFI (アメリカ映画協会) が1998年に選定した 「アメリカ映画100年ベスト100」 において、『風と共に去りぬ』 が4位、『オズの魔法使』 が6位。
 トップ10に2作品ランクインした監督はヴィクター・フレミングだけである。

HOME