20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
Sessue Hayakawa

早川 雪洲

Sessue Hayakawa

1886-1973 (日本)


starbar

     代表作
 
The Cheat
 チート
 The Cheat
 (1915年/アメリカ)
River Kwai
 戦場にかける橋
 The Bridge on The River
 Kwai

 (1957年/イギリス・アメリカ)
  
    創生期のハリウッドを席巻した日本人スター

 ・1886年、千葉県生れ。本名は早川 金太郎。海軍兵学校を受験したが、素潜りで鼓膜を負傷し、身体検査で不合格となった。
 1907年、21歳の時に単身渡米。リトルトーキョー (ロサンゼルス) の日本人劇団で役者として活動するようになった。

 ・雪洲の主演舞台 「タイフーン(台風)」 (1913年) を観た映画監督・製作者のトーマス・H・インスにスカウトされ、銀幕デビューへ。当初、あまり乗り気でなかった雪洲は、断るつもりで高額なギャラを要求したが、それをインスが承諾したという。デビュー作は青木鶴子主演の 『おミミさん』 (1914年) 。 

 ・自身初の長編 『神々の怒り (火の海)』 (1914年) がヒット。
 青木鶴子扮する日本人女性が、白人男性 (フランク・ボーゼージが演じた) と結婚をすると、神が怒って桜島が噴火するというストーリー。日本では3年ほどお蔵入りとなった。
  (右の写真) 『神々の怒り (火の海)』 青木鶴子と早川雪洲
The Wrath of the Gods

Tsuruko Aoki  ・『神々の怒り (火の海)』 公開前に青木鶴子と結婚。
 彼女は 『ツルさんの誓い』 (1913年) で雪洲よりも1年先に銀幕デビューしており、ハリウッド映画で主演を務めた最初の日本人。
  (左の写真) 青木鶴子

 ・1915年、ジェシー・L・ラスキー・フィーチャー・プレイ・カンパニーに移籍。
 『チート』 (1915年/監督:セシル・B・デミル が大ヒットし、一躍人気スターに。
 雪洲は、白人女性の肩に焼きごてで刻印をするという悪人役。
 当時の日本では公開禁止となり、雪洲は 「国辱俳優」 とされた。
  (右の写真) 『チート』 より
The_Cheat-2

The_Beggar_Prince
 ・淀川長治さんによると、雪洲はハリウッド最初の美男子スター。創生期のハリウッドにおいてトップスターとなった。
 1918年、自ら映画製作会社を設立。ハリウッドに建てた大豪邸では、売れる前のルドルフ・ヴァレンチノが働いていたこともあったという。
  (左の写真) 『奮起の王国』 (1920年)

 ・1922年、反日感情の高まりを受けて、一旦ハリウッドから離れて、フランス、イギリスで映画に出演。
 その後、5年程銀幕から遠ざかっていたが、ハリウッドに復帰し、初のトーキー作品 『大和魂』 (1929年/短編)に出演。そして、『龍の娘』 (1931年)の撮影後に帰国した。
  (右の写真) 『龍の娘』 アンナ・メイ・ウォンと
Daughter_of_the_Dragon

Atarashikitsuchi
 ・帰国後、日本映画に出演。原 節子の出世作となった日独合作の 『新しき土』 (1937年) 等に出演した。
  (左の写真) 『新しき土』

 ・1937年、家族を残して単身フランスへ。戦中、戦後もフランスで映画に出演しながら暮らしていた。

 ・『東京ジョー』 (1949年)でハリウッドにカムバック。
 主演のハンフリー・ボガートが雪洲との共演を熱望し、関係者が当時パリにいた雪洲を捜し出しての出演であった。
  (右の写真) 『東京ジョー』 ハンフリー・ボガートと
Tokyo Joe

DeMille_Sessue
 ・『東京ジョー』 の後、もう1本ハリウッド映画 『三人帰る』(1949年)に出演した後、13年ぶりに帰国。その後、日本映画界で活躍した。
  (左の写真) ハリウッドでセシル・B・デミル監督とも再会。

 ・『戦場にかける橋』 (1957年/監督:デヴィッド・リーンに出演。
 オファーを受けた時、雪洲はあまり乗り気でなかったが、妻の鶴子の熱心な薦めで出演を決めたという。
 日本人男優として初めてアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、戦後の代表作となった。
  (右の写真) 左から、撮影中のデビット・リーン監督、アレック・ギネス、雪洲
Leaan-Guinness-Sessue

Green Mansions
 ・その後、オードリー・ヘップバーン主演の 『緑の館』 (1958年/監督:メル・フェラー)、鶴子との最後の共演作となった 『戦場よ永遠に』 (1960年) 等のハリウッド映画に出演。
  (左の写真) 『緑の館』 撮影時。オードリー・ヘップバーンと

 ・1959年には、ブロードウェイの舞台 「Kataki 」 で主役を務め、アメリカの人気TV番組 「ルート66 」 にゲスト出演 (1963年) もした。
 

 ・1959年、自伝 「武者修行世界を行く」 を出版。日本映画 『純情二重奏』 (1967年) が遺作となった。

 ・1973年87歳で他界。

     雪洲は、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名を刻まれた唯一の日本人男性。
                 他には女優のマコ若松とゴジラのみ (2014年現在)。 
         … 2016年に三船敏郎の名が刻まれることが決定。                         
    
     背の低い俳優が箱の上に乗るなどして、背の高さをごまかして撮影することをSessueする」
       
と言う。もし、雪洲が本名のまま俳優活動をしていたら、Kintaroする」 となっていた?
    
Sessue-2
Sessue-3

HOME