20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
The_Bridge_on_The_River_Kwai

     戦場にかける橋
     The Bridge on The River Kwai
     監督:デヴィッド・リーン
     (1957年/イギリス・アメリカ)
filmbar

 
 戦争の狂 気、虚しさを見事に描いた不朽の名作

 第2次世界大戦下、タイとビルマの国境付近にある日本軍の捕虜収容所に、捕虜となった英軍 の一隊が移送されて来た。所長の斉藤大佐は、バンコクとラングーンを結ぶ泰緬 (たいめん)鉄道を貫通させるため、クワイ川に橋を建設することを捕虜たちに命じた。
The_Bridge_on_The_River_Kwai-1
The_Bridge_on_The_River_Kwai-2
 翌日。英軍を率いるニコルスン大佐は、 将校に労役を課すことはジュネーブ協定に反すると抗議し、労役を拒んだ。斉藤大佐は英軍の将校たちを銃殺しようとしたが、軍医のクリプトンが止めに入った。
The_Bridge_on_The_River_Kwai-3
The_Bridge_on_The_River_Kwai-4
 英軍の将校たちは営倉に入れられた。その夜、仮病で入院していた米海軍のシアーズ中佐が仲間と脱走したが、シアーズは川に落下し、他の2名は日本兵に銃殺された。
The_Bridge_on_The_River_Kwai-5
The_Bridge_on_The_River_Kwai-6
 捕虜たちの抗議のサボタージュにより橋の建設は遅々として進まず、斉藤大佐は、将校が労役 に就かねば病院を閉鎖して患者たちを働かす、との伝言をクリプトンに託してニコルスン大佐を脅したが、ニコルスン大佐は己の主義・主張を曲げなかった。
The_Bridge_on_The_River_Kwai-7
The_Bridge_on_The_River_Kwai-8

  


youtube
 『戦場にかける橋』 予告編


  主な出演者など

ニコルスン大佐役
斉藤大佐役
シアーズ中佐役
ウォーデン少佐役
Alec_Guinness Sessue_Hayakawa
William_Holden
Jack_Hawkins
ア レック・ギネス
早川雪洲
ウィリアム・ホールデン
ジャック・ホーキンス

 ・原作者のフランス人作家ピエール・ブールは、実際に日本軍の捕虜となった経験があった。 「猿の惑星」 (1963年出版) の作者としても有名。
 
 ・製作者のサム・スピーゲルは、パリからロンドンへ向かう飛行機の中で原作を読み、と んぼ返りでピエール・ブールと会談し、映画化権を取得した。 
 (右の写真) サム・スピーゲル(左) と デヴィッド・リーン監督
Sam_Spiegel_&_David_Lean

 ・『真昼の決闘』 (1952年) のカール・フォアマンが脚本を執筆したが、リーン監督が気に入らない箇所があり、『陽のあたる場所』 (1951年) の マイケル・ウィリソンとリーン監督自身が書き直した。
David_Lean
 フォアマンとウィルソンは ‟赤 狩り” でハリウッドから追われていたので、原作者のピエール・ブール (英語は出来なかった) が脚本家としてクレジットされ、アカデミー賞脚色賞を受賞した。
 1984年、全米脚本家組合の働きかけで、フォアマンとウィリソンにオスカー像が贈られることとなったが、既に2人ともこの世を去っていた。
 (左の写真) 撮影時のデヴィッド・リーン監督

 ・ニコルスン大佐役を最初に打診されたスペンサー・トレイシーは、この役は英国人が演じるべきだと辞退。その後、ローレンス・オリヴィエチャールズ・ロートンラ ルフ・リチャードソン等が候補となっていた。
 アレック・ギネスは、大佐が堅物過ぎるので、もう少しユーモアがあった方が良いと思っていたこともあり、撮影中はリーン監督と何度も衝突したという。
 (右の写真) 早川雪洲(左) と アレック・ギネス
The_Bridge_on_The_River_Kwai-29

The_Bridge_on_The_River_Kwai-30
 ・早川雪洲は、妻の青木鶴子に 「良い作品になりそうだから 」 と背中を押されての出演だった。
 ジェフリー・ホーンが演じたジョイス役は、モンゴメリー・クリフトが候補 で、もう少し重要な役となるはずだったが、モンティの精神状態が芳しくなく、起用が見送られたという。
 (左の写真) ウィリアム・ホールデン(左) と ジャック・ホーキンス

 ・アカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞 (ア レック・ギネス)、脚色賞、撮影賞、作曲賞、編集賞の7部門で受賞。
 助演男優賞にノミネートされていた早川雪洲だけが受賞を逃すという残念な結果となった。
 (右の写真) アカデミー賞授賞式にて。左から、サム・スピーゲル、
  ゲーリー・クーパー (作品賞のプレゼンター)、デヴィッド・リーン監督

The_Bridge_on_The_River_Kwai-31

The_Bridge_on_The_River_Kwai-32
 ・AFI (アメリカ映画協会)が1998年に選定した 「アメリカ映画100年ベスト100」 で第13位に。
 英国映画協会が1999年に選定した 「20世紀の英国映画ベスト100」 で第11位に。
 (左の写真) アレック・ギネス(左) と早川雪洲

 ・フレッド・ジンネマンハワード・ホークスオーソ ン・ウェルズ等が辞退したため監督することとなったデヴィッド・リーン。本作が大成功を収めたことで、再びサム・スピーゲルと組んで、奇跡の映画 と謳われる 『アラビアのロレンス』 (1962年) を撮ることになった。
 (右の写真) 左から、サム・スピーゲル、デヴィッド・リーン、早川雪洲
The_Bridge_on_The_River_Kwai-33

< 主題歌 『クワイ河マーチ』 >

HOME