20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Montgomery_Clift

モンゴメ リー・クリフト

Montgomery Clift

 
1920-1966 (アメリカ)

 愛称 : モンティ (Monty

starbar

     代表作
 
Red_River
 赤い河
 Red River
 (1948年/アメリカ)
The_Heiress
 女相続人
 The Heiress
   (1949年/アメリカ)
A_Place_in_the_Sun
 陽のあたる場所
  A Place in the Sun
 (1951年/アメリカ)
I_Confess
  私は告白する
 I Confess
 (1953年/アメリカ)
Stazione_Termini
 終着駅
 Srazione Termini
 (1953年/伊・米)
From_Here_to_Eternity
 地上より永遠に
 From Here to Eternity
 (1953年/アメリカ)
The_Misfits
 荒馬と女
 The Misfits
 (1961年/アメリカ)
Judgment_at_Nuremberg
 ニュールンベルグ裁判
 Judgment at  Nuremberg
 
(1961年/アメリカ)
 


     名監督たちがこぞって起用した2枚目俳優

 ・1920年、 ネブラスカ州生れ。二卵性双生児であった。父親が銀行の副頭取という裕福な家庭で、子供たちを貴族のように育てたいという母親の意向により、欧州などを周 遊していたが、世界大恐慌の煽りで父親の銀行が破綻し、優雅な生活は終わりを告げた。兄と姉は進学したが、学校が嫌いなモンティはフロリダ州のアマチュア 劇団に入り、「As Husbands Go (1933年) で初舞台に立った。
 モンティの俳優としての資質を認めた母親の勧めでオーディションを受けて合格。14歳の時 に、トーマス・ミッチェル主演の舞台 「Fly Away Home(1935年) でブロードウェイ・デビューを果たした。
 順調にキャリアを積み重ね、演技達者な2枚目の若手俳優として注目を集めるようになった。ハリウッドからの度重なるオファーを断り、約10年間、舞台で の活動に専念した。
  (右の写真) 舞台 「The Mother 」 (1939年) にて。アラ・ナジモヴァと
The_Mother_1939

 ・1946年、モンティの舞台を観たハワード・ホークス監督にスカウトされ、漸くハリウッドに進出。初出演作の 『赤い河』 (1948年) は公開が遅れた ため、次に出演したフレッド・ジンネマン監督の 『山河遥かなり』 (1948年) の方が先に公開され、同作でいきなりアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。
Red_River-2
The_Search
『赤い河』 ジョン・ウェイン(左)と
『山河遥かなり』 イワン・ヤンドル(左)と

 ・一躍ハリウッドの新星となったが、大手スタジオとの専属契約を拒み、作品を厳選して出演 した。ハリウッドの ‟スター・システム” に抗し、新世代の俳優と評されるようになった。
 ウィリアム・ワイラー監督『女相続人』 (1949年)、ジョー ジ・シートン監督の 『大空輸』 (1950年) に出演。ビリー・ワイルダー監督『サンセット大通り』 (1950 年) への出演を辞退している。
The_Heiress-2
/The_Big_Lift
『女相続人』 オリヴィア・デ・ハヴィランド
『大空輸』 コーネル・ボーチャーズと

A_Place_in_the_Sun-2
 ・ジョージ・スティーヴン ス監督『陽のあたる場所』 (1951年) で、2度目のアカデミー賞主演男優賞候補に。
 12歳年下のエリザベス・テイラーとは、当時のハリウッドで、最も美しいカップルと評され、私生活においても固い友情で結ばれることとなった。
 (左の写真) 『陽のあたる場所』 エリザベス・テイラーと

 ・エリザベス・テイラー曰く、「モンティがもっと多くの映画に出演していたら、最大 のスターになっていたでしょう 」。
 フレッド・ジンネマン監督の 『真昼の決闘』 (1952年) への出演を辞退。
 アルフレッド・ヒッチコック監督の 『私は告白する』 (1953年) で、2年ぶりに銀幕に姿を現した。 
  (右の写真) 『私は告白する』 アン・バクスター
I_Confess-2
 同年には、ヴィットリ オ・デ・シーカ監督の 『終着駅』、フレッド・ジンネマン監督の 『地上より永遠に』 (1953年) も 公開され、『地上より〜』で、3度目のオスカー候補にもなった。尚、ジョージ・スティーヴンス監督の 『シェーン』 (1953 年) への出演は辞退している。
Stazione_Termini-2
From_Here_to_Eternity-2
『終着駅』 ジェニファー・ジョーンズ
『地上より永遠に』 ドナ・リード

The_Seagull
 ・1954年、『王妃デシレ』 等、ハ リウッド映画のオファーを断り、出演料が遥かに安いオフ・ブロードウェイで、チェーホフ作の 「かもめ」 に出演。
 ハリウッドでは異端児と見なされるようになった。
 (左の写真) 舞台 「かもめ」にて。ジュディス・イヴリンと

 ・30代から慢性の大腸炎を患い、薬を服用していたという。そんなことも影響したのか、 「かもめ」 に出演した後、舞台や映画から遠ざかってしまった。
 復帰させたのはエリザベス・テイラーだった。エドワード・ドミトリク監督の 『愛情の花咲く樹』(1957年) での共演者にモンティを指名した。
 1956年5月、約2年ものブランクを経て撮影に臨んでいたモンティは、エリザベス・テイラー宅でのパーティーからの帰路、自動車事故を起こしてしまっ た。飲酒の上での居眠り運転だったとされている。
  事故車の中から彼を救出したのは、急報を受けて駆けつけたエリザベス・テイラーだった。咽喉に詰まっていた折れた歯を取り出し、窒息から救ったという。
 モンティは顔面骨折の大怪我を負い、整形手術と2ヶ月間のリハビリを経て撮影に復帰したが、顔の一部の神経が麻痺して動かなくなっていたという。
 (右の写真) 『愛情の花咲く樹』 エリザベス・テイラーと
Raintree_Country-2

 ・当時、モンティの好敵手と見なされていたのがマーロン・ブランド。2人とも著名な演技指 導者リー・ストラスバーグから 「メソッド演技法」 の手ほどきを受けており、同郷 (ネブラスカ州オマハ生) でもあった。エドワード・ドミトリク監督の 『若き獅子たち』 (1958年) では共演もしたが、一緒のシーンはなかった。
Lonelyhearts
The_Young_Lions
『孤独の旅路』 (1958年) マーナ・ロイ
『若き獅子たち』 リー・ヴァン・クリーフ(左)、
ディーン・マーティン(中央)と


 ・ジョセフ・ L・マンキーウィッツ監督の 『去年の夏、突然に』 (1959年)エリア・カザン監督の 『荒れ狂う河』 (1960年)に 出演。事故後は痛み止めの薬も服用するようになり、撮影に支障をきたすこともあったという。ドラッグとアルコールにより心身ともに蝕まれていったとされて いる。
Suddenly_Last_Summer
Wild_River
『去年の夏、突然に』   キャサリン・ヘップバーン(左)、
エリザベス・テイラー(右)と

『荒れ狂う河』 リー・レミックと

 ・ジョン・ヒューストン監督の 『荒馬と女』 (1961年) に出演。やはりドラッグ中毒であったマリリン・モンローが、「私 より(薬の服用が) ひどい人に初めて会った 」 と語ったという。それでも演技にかける情熱は失わず、スタンリー・クレイマー監督の 『ニュールンベルグ裁判 』 (1961年) にはノーギャラで出演し、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。
The_Misfits-2
Judgment_at_Nuremberg-2
『荒馬と女』 マリリン・モンロー、クラーク・ゲーブル
『ニュールンベルグ裁判』

 ・再びジョン・ヒューストン監督と組んだ 『フロイト/隠された欲望』 (1962年) では、精神分析学の権威ジークムント・フロイトを演じたが、モンティのせいで撮影が遅延し、予 算超過になったとユニヴァーサル社に提訴されてしまった。
 トラブル・メーカーとの評判が立ってしまい、ハリウッドから声が掛からなくなり、ラジオやTVに出演。
 4年ぶりの劇場用映画となる仏・独合作の 『ザ・スパイ』 (1966年) に出演したが、作品が公開される前に亡くなってしまった。
Freud
L'espion
『フロイト/隠された欲 望』 スザンナ・ヨークと
『ザ・スパイ』

 ・1966年7月23日。モンティはニューヨークの自宅にいた。午前1時過 ぎ、付き人の看護師から、その夜にTV放映された 『荒馬と女』 を観たか尋ねられたモンティは、「まったく観ていないよ (Absolutely not ) 」 と答えたという。これが最後の会話となった。朝、看護師が起こしに行くと、ドアには鍵が掛けられ、返事がない。心配した看護師が庭から梯子で2階の部屋へ 入ると、ベッドの上で既に亡くなっていたという。死因は心臓発作。享年45歳だった。
 生きていればエリザベス・テイラーとの4度目の共演作となっていた 『禁じられた情事の森』 (1967年/ジョン・ヒューストン監督) には、マーロン・ブランドが代わりに出演した。

Youtube
 モンゴメリー・クリフト トリビュート動画。ナレータはエリザベス・テイラー


 ・45歳で亡くなるまで独身であったこともあり、その性的指向や薬物・アルコール中毒に 陥った原因について様々な説が飛び交っている。エリザベス・テイラーに失恋したというのもその1つ。また、両性愛若しくは同性愛であったとの説もある。

Montgomery_Clift-2
Montgomery_Clift-3

< モンゴメリー・クリフト写真館 >

HOME