20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Vittorio_De_Sica

ヴィットリオ・デ・シーカ

Vittorio De Sica

  1901-1974 (イタリア)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

Sciuscia
 靴みがき
 Sciuscia
  
(1946年/イタリア)
Ladri_di_biciclette  自転車泥棒
  Ladri di Biciclette
  (1948年/イタリア)
Miracolo_a_Milano  ミラノの奇蹟
  Miracolo a Milano
  (1951年/イタリア)
Umberto_D.  ウンベルト・D
 
Umberto D. 
 (1952年/イタリア)
Stazione_Termini
 終着駅
 Stazione Termini
 (1953年/伊・米)
Ieri,_oggi,_domani
 昨日・今日・明日
 Ieri, Oggi, Domani
 (1963年/イタリア)
I_Girasoli
 ひまわり
 I Girasoli
 (1970年/伊・仏・ソ)
Il_giardino_dei_Finzi_Contini
 悲しみの青春
 Il Giardino dei Finzi-Contini
 
(1971年/イタリア)

    俳優としても活躍したイタリア・ネオレアリズモの巨匠

 ・1901年、イタリアのラツィオ州ソーラ生れ。子供の頃から演劇が好きで、アマチュア劇団の舞台に立ち、映画 『Il processo Clemenceau (1917年) にも出演した。
 1922年、プロの俳優として舞台デビュー。人気スターとなり、映画 『殿方は嘘吐き』 (1932年)、『ナポリのそよ風』 (1937年) 等で主役を務めた。

 ・主役も兼ねた 『紅いバラ』 (1940年) で、ジュゼッペ・アマトとの共同で監督デビュー。その後、一人立ちして3本のコメディ映画を監督した。
  * ジュゼッペ・アマト …  『自転車泥棒』 (1948年)、『ウンベルト・D』 (1952年)、フェリーニ監督の 『甘い生活』 (1960年) 等の製作者。

 ・5作目の 『子供たちは見ている』 (1944年) で、監督としての本領を発揮。
 脚本家の一人として名を連ねたのがチェーザレ・ザヴァッティーニ。
 以後、ザヴァッティーニとの名コンビで、数多くの名作を生み出していくこととなった。
  (右の写真) 脚本家のチェーザレ・ザヴァッティーニ(右)と
Cesare_Zavattini

 ・7作目の 『靴みがき』 (1946年/脚本:ザヴァッティーニ他)、9作目の 『自転車泥棒』 (1948年/脚本:ザヴァッティーニ他) と、ネオレアリズモの名作を監督。2作品とも米アカデミー賞の特別賞 (現在の外国語映画賞) を受賞。イタリアを代表する巨匠の地位を確立した。
Sciuscia-2
Ladri_di_biciclette-2
『靴みがき』
フランコ・インテルレンギ (右) と リナルド・スモルドーニ (中央)
『自転車泥棒』
ランベルト・マジョラーニ (左) と エンツォ・スタヨーラ

 ・3年ぶりの作品、ファンタジーの 『ミラノの奇蹟』 (1951年/脚本:ザヴァッティーニ他) は、カンヌ国際映画祭のグランプリを受賞。
 次作の 『ウンベルト・D』 (1952年/脚本:ザヴァッティーニ) では、貧しく孤独な老人の絶望を描いた。主人公 ウンベルト・ドメニコ・フェラーリのモデルは、父親のウンベルト・デ・シーカ。父親に捧げたこの作品は、デ・シーカ監督本人のお気に入りであったが、興行的には振るわなかった。
Miracolo_a_Milano-2
Umberto_D.-2
『ミラノの奇蹟』 フランチェスコ・ゴリザーノ
『ウンベルト・D』 カルロ・バティスティ
 
 ・アメリカの大プロデューサー、デビッド・O・セルズニックと組んで 『終着駅』 (1953年/脚本:ザヴァッティーニ他) を監督。
 セルズニックの最後の作品となった 『武器よさらば』 (1957年/主演:ジェニファー・ジョーンズ には俳優として出演し、アカデミー賞の助演男優賞にノミネートされた。
Stazione_Termini-2
Stazione_Termini-3
『終着駅』 撮影時。ジェニファー・ジョーンズと
『終着駅』 撮影時。モンゴメリー・クリフト

 ・『ふたりの女』 (1960年/脚本:ザヴァッティーニ) では、ソフィア・ローレンにアカデミー賞主演女優賞をもたらし、3話から成るコメディ 『昨日・今日・明日』 (1963年/脚本:ザヴァッティーニ他) は、アカデミー賞外国語映画賞を受賞した。
La_Ciociara
Ieri,_oggi,_domani-2
『ふたりの女』 撮影時。ソフィア・ローレンと
『昨日・今日・明日』 撮影時。
マルチェロ・マストロヤンニ、ソフィア・ローレンと


 ・晩年にも名作を撮った。『ひまわり』 (1970年/脚本:ザヴァッティーニ) は、ヘンリー・マンシーニの主題曲とともに、映画ファンに愛され続けている作品。
 『悲しみの青春』 (1971年) は、ベルリン国際映画祭の金熊賞、アカデミー賞外国語映画賞を受賞。音楽は息子のマニュエルが作曲した。
I_Girasoli-2
De_Sica_Oscar
『ひまわり』 撮影時。
リュドミラ・サベーリエワ (左)、ソフィア・ローレンと

オスカー像を手にするデ・シーカ監督。
『自転車泥棒』 での受賞時。


 ・監督として巨匠の地位を確立してからも、俳優として映画に出演し続けた。中には、新作を撮る資金を稼ぐ為に、仕方なく出演した作品もあったという。
Pane,_amore_e_fantasia
La_Bella_mugnaia
『パンと恋と夢』 (1953年) ジーナ・ロロブリジーダ
『バストで勝負』 (1955年) ソフィア・ローレンと
Montecarlo
Il_Generale_della_Rovere
『モンテカルロ物語』 (1957年) マレーネ・ディートリッヒ
『ロベレ将軍』 (1959年/監督:ロベルト・ロッセリーニ

 ・1974年73歳で他界。
 
HOME