20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Silvana_Mangano

シルヴァーナ・マンガーノ

Silvana Mangano

 1930-1989 (イタリア)


heartbar

   代表作

Riso_Amaro-2
 にがい米
  Riso Amaro
  (1949年/イタリア)
Ulisse  ユリシーズ 
  Ulisse
  (1954年/伊・仏・米)
Edipo_Re
 アポロンの地獄
 Edipo Re
 (1967年/イタリア)
Teorema
 テオレマ
 Teorema
 (1968年/イタリア)
Death_in_Venice
 ベニスに死す
 Death in Venice
 (1971年/伊・仏)
Gruppo_di_famiglia_in_un_interno
 家族の肖像   
 Gruppo di famiglia in un
  interno
 
(1974年/伊・仏)


    ミス・ローマから大女優へ

 ・1930年、ローマ生れ。父親はイタリア人、母親はイギリス人。
 知人の勧めでフランスへ渡り、『Le jugement dernier (1945年) に出演 (エキストラ) したが、直ぐに帰国し、モデルとなった。
 16歳の時に、美人コンテストで ‟ミス・ローマ” に選出され、翌年、ミス・イタリアのコンテストに臨んだが、入賞を逃した。ちなみに、この年のコンテストの上位4名も女優となった。
 <優勝> ルチア・ボゼー … シルヴァーナ・マンガーノが妊娠のため降板した 『オリーヴの下に平和はない』(1950年/監督:ジュゼッ
  ペ・デ・サンティス) で銀幕デビュー。『愛と殺意』 (1950年/監督:ミケランジェロ・アントニオーニ)等に出演。
 <準優勝> ジャンナ・マリア・カナーレ … イタリア初のホラー映画 『I Vampiri 』 (1957年)、『ヘラクレス』 (1958年)等に出演。
 <3位:取消> エレオノラ・ロッシ=ドラゴ … 『埋もれた青春』 (1954年/監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ)、『刑事』 (1959年/監督:ピエ
  トロ・ジェルミ)、『激しい季節』 (1959年) 等に出演。ミス・コン当時、既にミセスであったため、後で取り消された。
 
<3位> ジーナ・ロロブリジーダ … ‟ロロ” の愛称で人気スターに。
Lucia_Bose
Gianna_Maria_Canale
Eleonora_Rossi_Drago.
Gina_Lollobrigida
ルチア・ボゼー ジャンナ・マリア・カナーレ エレオノラ・ロッシ=ドラゴ ジーナ・ロロブリジーダ

 ・コンテスト参加がきっかけとなり、端役ながらも映画に出演。本格的に女優を目指すように なり、両親の薦めもあって演劇学校で学びながらエキストラとして数本の映画に出演した。

 ・『にがい米』 (1949年) のオーディションの時に、ジュゼッペ・デ・サンティス監督の目に留まり、同作のヒロインに抜擢された。
 米作りに従事する出稼ぎの季節労働者に扮したが、はち切れんばかりの太腿を露わにし、ダンス・シーンで腕を上げれば腋毛が生えたまま。そのインパクトの大きさゆえ、日本では ‟原爆女優” という凄いニックネームが付けられた。
Riso_Amaro

Dino_De_Laurentiis.
 ・1949年、映画製作者のディノ・デ・ラウレンティスと結婚。
 『にがい米』 は、弟のルイジに製作させ、ディノが製作統括した作品。マンガーノは、夫が製作した作品に数多く出演し、大女優への道を歩むことになった。
  (左の写真) 夫のディノ・デ・ラウレンティスと

 ・7歳から13歳まで、ロシア出身の著名な舞踏家ジア・ルースカヤの舞踏研究所でバレエを習っていたため、踊りが上手で、『アンナ』 (1951年)、『マンボ』 (1954年) といった作品では、彼女のダンス・シーンが見せ場の1つとなった。
  (右の写真) 『アンナ』 でのダンス・シーン
Anna

Ulisse-2
 ・古代ギリシャの詩人ホメロスの叙事詩 「オデュッセイア」 を映画化した大作 『ユリシーズ』 (1954年) は、イタリアでその年最大のヒット作となった。
 夫のラウレンティスは、『戦争と平和』 (1956年) のヒロインにも起用するつもりでいたが、彼女は子供たちと過ごす時間を欲して辞退。オードリー・ヘップバーンがヒロインを務めた。 
   (左の写真) 『ユリシーズ』 カーク・ダグラス

 ・約3年間の休養の後、『人間と狼』 (1957年) で銀幕復帰。
 ナチスの兵士と通じたために髪の毛を切られるユーゴの娘を演じた 『五人の札つき娘』 (1960年) では、坊主頭にするなど、セクシー女優からの脱皮を図った。
  (右の写真) 『五人の札つき娘』 左から、ヴェラ・マイルズ、バーバラ・ベル・ゲデス、
   カルラ・グラヴィーナ、シルヴァーナ・マンガーノ、ジャンヌ・モロー

Five_Branded_Women

Le_Streghe
 ・ヴィットリオ・デ・シーカ、ピエル・パオロ・パゾリーニ、ルキノ・ヴィスコンティ等、5人の監督によるオムニバス映画 『華やかな魔女たち』 (1967年) では、全5話を通じて、5人の魔女を演じ分けた。
  (左の写真) 『華やかな魔女たち』 クリント・イーストウッドと

 ・ピエル・パオロ・パゾリーニ監督の 『アポロンの地獄』 (1967年)、『テオレマ』 (1968年) に出演。演技派の女優へと見事に転身。
  (右の写真) 『アポロンの地獄』
Edipo_Re-2

Gruppo_di_famiglia_in_un_interno-2
 ・ルキノ・ヴィスコンティ監督の 『ベニスに死す』 (1971年)、『ルードヴィヒ』 (1973年)、『家族の肖像』 (1974年) に出演。
 デビュー当時の野性味溢れる ‟原爆女優” からは想像出来ない、上流階級の貴婦人に扮して見せた。
  (左の写真) 『家族の肖像』 ヘルムート・バーガーと
 ・『家族の肖像』 を最後に再び休養期間に。不眠症に悩まされるなど、精神的に不安定だったらしい。私生活では4人の子宝に恵まれていたが、一番下の子が飛行機事故で亡くなる (81年) 不幸にも見舞われた。

 ・父親同様、製作者となった次女ラファエラからの要請で、SF映画の大作 『デューン / 砂の惑星』 (1984年) に出演。10年ぶりの銀幕復帰となった。
  (右の写真) 『デューン / 砂の惑星』
Dune

Oci_ciornie
 ・マルチェロ・マストロヤンニと共演した 『黒い瞳』 (1987年) が、最後の映画となった。
 『にがい米』 でブレイクする前の下積み時代、マルチェロ・マストロヤンニとは恋人同士であったという。
  (左の写真) 『黒い瞳』 マルチェロ・マストロヤンニと
 ・私生活では、83年に夫と別居 (離婚はしていなかった)1989年59歳で他界。

Silvana_Mangano-2
Silvana_Mangano-3

HOME