20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Julien Duvivier

ジュリアン・デュヴィヴィエ

Julien Duvivier

1896-1967 (フランス)

Megaphonrbar

   代表作

Poil_de_Carotte
 にんじん
 Poli de Carotte
  
(1932年/フランス)
Le paquebot Tenacity
 商船テナシチー
 Le paquebot Tenacity
  (1934年/フランス)
La_bandera
 地の果てを行く
 La Bandera
  (1935年/フランス)
La_belle_equipe-2
 我等の仲間
 La belle equipe
 (1936年/フランス)
Pepe le Moko
 望郷
 Pepe le Moko
 (1937年/フランス)
Un carnet de bal
  舞踏会の手帖
 Un carnet de bal
 
(1937年/フランス)
La fin du jour
 旅路の果て
 La fin du jour
 (1939年/フランス)
Tales of Manhattan
  運命の饗宴
 Tales of Manhattan
 
(1942年/アメリカ)

    戦前の日本で大いに受けたフランスの巨匠

 ・1896年、フランスのリール生まれ。リール大学卒業後パリへ出て、リアリズム演劇の先駆者アンドレ・アントワーヌ率いる 「自由劇場」 に入団。舞台進行係や役者として働き、その後、アントワーヌと共に映画界に進出。
 アントワーヌ監督作品の助監督等を経て、自ら脚本を執筆した 『Haceldama ou Le prix du sang (1916年) で監督デビューを果たした。

 ・1925年、フィルム・ダール社に招かれ、自身初のトーキー 『資本家ゴルダー』 (1930年)、『にんじん』 (1932年)、『商船テナシチー』 (1934年) 等のヒット作を発表。
  (右の写真) 『にんじん』 ロベール・リネン
Poil_de_Carotte-2

Jean Gabin and Julien Duvivier  ・『白き処女地』 (1934年) が、第1回フランス・シネマ大賞を受賞。
 同作の主役に、無名であったジャン・ギャバンを起用。以後、『ゴルゴダの丘』 (1935年)、『地の果てを行く』 (1935年)、『我等の仲間』 (1936年)『望郷』 (1937年)等でコンビを組み、自身が国際的な名声を手に入れただけでなく、フランス映画界を代表する大スター、ジャン・ギャバンを世に送り出した。
  (左の写真) ジャン・ギャバン(左)と

 ・1938年、ハリウッドに招かれ、MGM社で 『グレート・ワルツ』 を監督。1作だけで帰国した。

 ・第二次世界大戦中はアメリカに逃れ、オールスター・キャストのオムニバス作 『運命の饗宴』 (1942年)、ジャン・ギャバン主演の 『逃亡者』 (1944年) などを撮った。
  (右の写真) グローマンズ・シアター前で手形を押す 『運命の饗宴』 出演者たち。
   左からヘンリー・フォンダシャルル・ボワイエリタ・ヘイワースチャールズ・ロートン
      エドワード・G・ロビンソン。後ろはシド・グローマン
Tale of Manhattan-2

Anna Karenina  ・戦後に帰国し、『パニック』 (1946年) を撮った後、イギリスの映画製作者アレクサンダー・コルダに招かれ、ヴィヴィアン・リー主演の 『アンナ・カレニナ』 (1948年) を監督。
  (左の写真) 『アンナ・カレニナ』 撮影時。デュヴィヴィエ監督 (右から3番目)、
     ヴィヴィアン・リー(一番左)、

 ・ルネ・クレールジャック・フェーデージャン・ルノワールマルセル・カルネと共に、フランス映画黄金時代の5大巨匠とされたデュヴィヴィエ監督。亡くなるまで現役監督として精力的に映画を撮り続けた。
La Fete a Henriette Marianne
『アンリエットの巴里祭』 (1952年)
ハリウッドでオードリー・ヘップバーンウィリアム・ホールデン主演  『パリで一緒に』
(1964年)としてリメイクされた。
『わが青春のマリアンヌ』 (1955年)

  ・「世界映画全史」の著者ジョルジュ・サドゥール (フランス )は、「この監督は、東洋の一小国だけにおいて、過大な評価を得ている 」 と評している。
 日本においては、間違いなくフランス映画を代表する人気監督であった。
  (右の写真) 『奥様ご用心』 (1957年) 撮影時。ダニエル・ダリュー
Pot-Bouille
  昭和9年 … 『商船テナシチー』 (第1位)、『にんじん』 (第3位)、昭和11年 … 『白き処女地』 (第4位)、『地の果てを行く』 (第5位)、昭和12年 … 『我等の仲間』 (第2位)、『巨人ゴーレム』 (第8位)、昭和13年 … 『舞踏会の手帖』 (第1位)、昭和14年 … 『望郷』 (第1位)、昭和15年 … 『幻の馬車』 (第10位)、昭和21年 … 『運命の饗宴』 (第2位)、昭和23年 … 『旅路の果て』 (第5位)、昭和27年 … 『巴里の空の下セーヌは流れる』 (第9位)、昭和29年 … 『陽気なドン・カミロ』 (第8位)、昭和30年 … 『埋もれた青春』 (第4位) 
  「キネマ旬報ベスト・テン」 より。

Julien Duvivier-2  ・1967年、交通事故により71歳で他界。
 遺作となったアラン・ドロン主演の 『悪魔のようなあなた』 が、本国フランスで公開される2ヶ月前であった。

HOME