20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Jean Renoir

ジャン・ルノワール

Jean Renoir

 
1894-1979 (フランス)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

Les Bas-fonds
 どん底
 Les Bas-fonds
  
(1936年/フランス)
La_grande_illusion
 大いなる幻影
 La Grande Illusion
  (1937年/フランス)
La_bete_humaine
 獣人
 La Bete Humaine
  (1938年/フランス)
La Regle du jeu
 ゲームの規則
 La Regle du Jeu
 (1939年/フランス)
Le Fleuve
 河
 Le Fleuve
  (1951年/フランス・インド
French Cancan
 フレンチ・カンカン
 French Cancan
 (1954年/フランス)

    戦前のフランス映画黄金期の巨匠

 ・1894年、パリのモンマルトルにて、印象派の画家オーギュスト・ルノワールの次男として生まれた。
  ・第一次世界大戦中、騎兵隊、後に空軍に入隊したが、足を撃たれ、父のもとで療養。
 1919年に父が他界し、翌20年、父の絵のモデルをしていたカトリーヌ・エスラン(通称:デデ)と結婚
 
療養中に映画に興味を抱き、特にグリフィスチャップリンシュトロハイムなどに感銘を受けた。また、カトリーヌが女優志望であったことも映画界入りの要因となった。
  (右の写真) 父オーギュストと。  * 兄のピエールは 『天井桟敷の人々』 等に出演した俳優
Pierre Jean

 ・自ら製作・脚本・共同監督を務めたカトリーヌのデビュー作 『カトリーヌ』 (1924年) で映画界入り。自身も脇役で出演し、俳優としてもデビューした。後に、アベル・ガンス監督の大作 『ナポレオン』 (1927年) で、ナオポレンに扮したアルベール・デュードネが共同監督と主演男優を務めた。

Nana-Catherine_Hessling
 ・その後、カトリーヌ主演の 『水の娘』 (1925年)、『女優ナナ』 (1926年)、『マッチ売りの少女』 (1928年) や、喜劇 『のらくら兵』 (1928年) 等を監督したが、興行的に振るわず、資金繰りの為に父の絵を売却した。
  カトリーヌとは1930年に離婚 (正式な離婚成立は1943年)。トーキー2作目の 『牝犬』 (1931年) のヒロインに起用しなかったことが破局の原因の1つとされている。 (左の写真) 『女優ナナ』 カトリーヌ・エスラン

Boudu_sauve_des_eaux
Toni
『素晴らしき放浪者』 (1932年)
『ジャン・ルノワールのトニ』 (1935年)
Les_bas-fonds
Partie_de_campagne
『どん底』(1936年) ジャン・ギャバン(左)とルイ・ジューベ
『ピクニック』 (1936年)

 ・『大いなる幻影』 (1937年) がベネチア国際映画祭の芸術映画賞を受賞。
 米アカデミー賞においても、外国語映画としては初めて作品賞にノミネートされた (当時は外国語映画賞という部門が無かった)
 『大いなる幻影』 の成功によって、ルノワール監督の国際的な名声は不動のものとなった。 (右の写真) ジャン・ギャバン(右)と
Renoir and Gabin

Les_Bas-fonds-2
Partie_de_campagne-2
『獣人』 (1938年) シモーヌ・シモンとジャン・ギャバン
『ゲームの規則』 (1939年) ジャン・ルノワール(右)

  ・1939年、ローマで 『Tosca 』 の撮影に入ったが、イタリアが第二次世界大戦に参戦したため途中で断念。同作は、『ゲームの規則』 の共同脚本家でもあったカール・コッホが監督となり完成させた。

Swamp Water
 ・1940年、アメリカへ亡命。ハリウッドで 『スワンプ・ウォーター』 (1941年)、『自由への闘い』 (1943年)、『南部の人』 (1945年)、『小間使いの日記』 (1946年)、『浜辺の女』 (1946年)を撮り、『南部の人』 でアカデミー賞監督賞にノミネートされた。
  (左の写真) 『スワンプ・ウォーター』 撮影中。ダナ・アンドリュース(左)、
   アン・バクスターと。


This_Land_Is_Mine
The_Diary_of_a_Chambermaid
『自由への闘い』 チャールズ・ロートンモーリン・オハラ
『小間使いの日記』 ポーレット・ゴダート(右)

  ・1949年、インドへ行き、自身初のカラー作品 『河』 (1951年)を監督。ベネチア国際映画祭の国際賞を受賞。

 ・イタリアで 『黄金の馬車』 (1953年) を監督。
  (右の写真) 『黄金の馬車』 主演のアンナ・マニャーニ(右)と

 ・1954年、14年ぶりに帰国した母国フランスで、『フレンチ・カンカン』 を監督。
Le_Carrosse_d'or

Renoir Bergman
 ・1956年、フランス・イタリア合作の恋愛喜劇 『恋多き女』 を監督。
 主演のイングリッド・バーグマンが、ロッセリーニとの破局後に最初に出演した作品。
  (左の写真) イングリッド・バーグマンと

 ・その後、ジャン・ルイ・バロー主演のTV映画 『コルドリエ博士の遺言』(1959年)、『草の上の昼食』 (1959年)、最後の劇場用映画 『捕えられた伍長』 (1962年)を監督。
 TV映画 『ジャン・ルノワールの小劇場』 (1970年) が最後の作品となった。

 ・晩年はアメリカに移住。ルノワール監督を映画の師と仰ぎ、慕っていたフランソワ・トリュフォー監督とも交流。
  (右の写真) フランソワ・トリュフォー監督と
Truffaut Renoir

Ford Renoir   ・1974年、「ジャン・ルノワール自伝」 を出版。

 ・1975年、アカデミー賞名誉賞を受賞。
 イングリッド・バーグマンがプレゼンターを務め、ルノワール監督の業績を称えた (本人は授賞式欠席)
  (左の写真) ジョン・フォード監督

  ・ジャック・ベッケル、ジャック・リヴェット、ルキノ・ヴィスコンティ、ロバート・アルドリッチといった名監督たちが、ルノワール監督の下で助監督をしていた。
  黒澤明監督も面会したことがあり、先輩のルノワール監督があまりにも物腰が低い態度だったので恐縮してしまったという。

 ・1979年、ビバリーヒルズの自宅にて、85歳で他界。
  (右の写真) 後ろの絵は、父のオーギュストが描いた少年の頃のジャン
Jean_Renoir-2

HOME