20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Luchino_Visconti

ルキノ・ヴィスコンティ

Luchino Visconti

1906-1976 (イタリア)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

Senso
 夏の嵐
 Senso
 (1954年/イタリア)
Rocco_e_i_suoi_fratelli
 若者のすべて
 Rocco e i suoi fratelli
 (1960年/伊・仏)
Il_gattopardo  山猫
 Il gattopardo
 (1963年/伊・仏)
La_caduta_degli_dei
 地獄に堕ちた勇者ども
 La caduta degli dei
 (1969年/伊・西独)

Death_in_Venice
 ベニスに死す
 Death in Venice
 (1971年/伊・仏)
Ludwig  ルートヴィヒ / 神々の黄昏
  Ludwig
   (1972年/伊・仏・西独)
Gruppo_di_famiglia_in_un_interno  家族の肖像
 Gruppo di famiglia in un
   interno
 (1974年/伊・仏)
L'innocente
 イノセント
 L'innocente
 (1976年/伊・仏)
   
     ◆
 デカダンスの美学を追及したイタリアの巨匠

 ・1906年、イタリアのミラノで名門貴族の第4子として生れ、14世紀に建てられた城で育った。若い頃から演劇に興味を持ち、舞台俳優、セット・デザイナーとして働いていたが、フランスへ渡り、ジャン・ルノワール監督に師事し、助監督として、『トニ』 (1935年)、『ピクニック』 (1936年)の撮影に携わった。
 1939年、ルノワールがローマで 『Tosca 』 を撮影することになり帰国した。
 (右の写真) ジャン・ルノワール監督(左) と
Renoir_&_Visconti

 ・『Tosca 』 の撮影が始まって間もなく、イタリアが第二次世界大戦に参戦。ルノワール監督がアメリカへ亡命したため、同作は共同脚本家だったカール・コッホが監督を引き継ぎ、ヴィスコンティはそのまま助監督を務めた。
 ヴィスコンティは若い頃にマルキシズムに傾倒し、「赤い伯爵」 と揶揄されていたというが、大戦中はイタリア共産党に入党した。

Ossessione  ・ 1943年、初監督作品 『郵便配達は二度ベルを鳴らす』 を発表。アメリカの同名小説の舞台をイタリアに置き換えた作品だが、小説の映画化権を取得していなかった為、原題は 「妄執」 となっている。当時のイタリアのファシスト政権を批判する描写があるとの理由で、公開後間もなく上演禁止となった。
 (左の写真) 『郵便配達は二度ベルを鳴らす』 撮影時のヴィスコンティ監督(右)
 * 『郵便配達は二度ベルを鳴らす』 … アメリカでも、ジョン・ガーフィールド主演 (1946年)、ジャック・ニコルソン主演(1981年) と2度映画化されている。

 ・『郵便配達は〜』 の共同脚本家、助監督を務めたジュゼッペ・デ・サンティス等と共同で、ドキュメンタリー映画 『栄光の日々』 (1945年) を撮った後は、舞台劇の演出家として活動していた。
 * ジュゼッペ・デ・サンティス … 『にがい米』 (1949年) 等を監督

 ・戦後、5年ぶりの新作 『揺れる大地』 (1948年) を監督。シチリア島の貧しい漁民一家の艱難辛苦の日々を、同島の住民たちを俳優として起用し、全編ロケで撮影したドキュメンタリー・タッチの作品。自ら脚本を執筆し、ナレーターも務めた。ネオレアリズモの代表的な作品の1つとされている。
 (右の写真) 『揺れる大地』 撮影時。カメラに肘をついているのがヴィスコンティ監督
La_terra_trema

Bellissima
 ・コメディ作品 『ベリッシマ』 (1951年) を監督。娘を映画スターにしようと奔走するステージママをアンナ・マニャーニが演じた。原案は、ヴィットリオ・デ・シーカ監督との名コンビで知られた脚本家のチェーザレ・ザヴァッティーニ。撮影所で本当にあった事にヒントを得て創作された話。
 (左の写真) 『ベリッシマ』 撮影時。左から、ヴィスコンティ監督、アンナ・マニャーニ、
  ティーナ・アピチッラ


 ・上記の初期3作品は、日本ではヴィスコンティ監督の没後に公開された。ロベルト・ロッセリーニやヴィットリオ・デ・シーカと比べて、ネオレアリズモ映画の先駆者としての印象が薄いのはそのためかも知れない。

 ・全5話から成るオムニバス映画 『われら女性』 (1953年) の第5話を監督。前作と同じく、チェーザレ・ザヴァッティーニの原作で、アンナ・マニャーニが主役を務めた。

 ・『夏の嵐』 (1954年) は日本で最初に公開されたヴィスコンティ監督の作品  (厳密には 『われら女性』 の方が先)。イタリア独立戦争時代のヴェネツィアを舞台に、敵方オーストリア軍の若い将校に恋してしまった伯爵夫人の苦悩と身の破滅を描いた。ヴィスコンティ監督は、イングリッド・バーグマンマーロン・ブランドの起用を希望していた。
 (右の写真) 『夏の嵐』 撮影時。アリダ・ヴァリ
Senso

Le_notti_bianche
 ・ドストエフスキーの短編 『白夜』 (1957年) を映画化。名パートナーだった女流脚本家スーゾ・チェッキ・ダミーコとヴィスコンティが2人で脚色し、マルチェロ・マストロヤンニ (伊)、マリア・シェル (墺)、ジャン・マレー (仏) と3ヶ国のスターが共演。ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞) を受賞した。
 (左の写真) 『白夜』 撮影時。マリア・シェルと 

 スーゾ・チェッキ・ダミーコ (脚本家)
 『ベリッシマ』 以後、『華やかな魔女たち』、『地獄に堕ちた勇者ども』、『ベニスに死す』 の3作品を除く全てのヴィスコンティ監督作品で共同脚本家を務めた。
 (右の写真) ヴィスコンティ監督と
スーゾ・チェッキ・ダミーコ
 
Suso_Cecchi_d'Amico

Rocco_e_i_suoi_fratelli-2  ・『太陽がいっぱい』 (1960年) で大ブレイクしたアラン・ドロンを主役に迎えた 『若者のすべて』 (1960年) を監督。原題は 「ロッコとその兄弟」。イタリア南部の貧しい5人兄弟の家族が、成功を夢見て、経済の発展した北部のミラノへ移住するも、厳しい現実に直面する模様をドラマチックに描いた。
 (左の写真) 『若者のすべて』 撮影時。アラン・ドロン (手前右)、アニー・ジラルドと

 ・全4話から成るコメディのオムニバス 『ボッカチオ’70』 (1962年) の第3話 「仕事中」 を監督。主演はロミー・シュナイダー。

 ・『山猫』 (1963年) を監督。19世紀半ばのシチリア島を舞台に、時代の波に呑まれ没落していく貴族の悲哀を描いた3時間超 (オリジナル版) の大作。
 約1時間に及ぶ舞踏会のシーンは圧巻。カンヌ国際映画祭のパルム・ドール (大賞) を受賞した。
 (右の写真) 『山猫』 撮影時。左から、クラウディア・カルディナーレ、ヴィスコンティ監督、
  アラン・ドロン
Il_gattopardo-2

Vaghe_stelle_dell'orsa  ・クラウディア・カルディナーレがヒロインの 『熊座の淡き星影』 (1965年) は、古代ギリシャの悲劇を現代にアレンジし、ある家族の愛憎劇をミステリー・タッチで描いた作品。ヴェネツィア国際映画祭で、『赤ひげ』 (監督:黒澤明)等を抑え、金獅子賞を受賞した。
 (左の写真) 『熊座の淡き星影』 撮影時。クラウディア・カルディナーレと

 ・シルヴァーナ・マンガーノがヒロインを務めた全5話から成るオムニバス 『華やかな魔女たち』 (1966年) の第1話 「疲れ切った魔女」 を監督。

 ・「太陽が眩しかったから…」。作家アルベール・カミュの代表作を映画化した 『異邦人』 (1967年) を監督。アラン・ドロンが主役の予定だったが、『山猫』 でのギャラがバート・ランカスターよりも低いことに不満で、ヴィスコンティと仲たがいしたため、マルチェロ・マストロヤンニが主役を務めた。
 (右の写真) 『異邦人』 撮影時。マルチェロ・マストロヤンニ(左)とヴィスコンティ監督(中央)
Lo_Straniero

La_caduta_degli_dei-2  ・『地獄に堕ちた勇者ども』 (1969年) を監督。ナチスが台頭した30年代のドイツを舞台に、財閥一族が跡目を巡る骨肉の争いの果てに崩壊していく様を、ナチス親衛隊の暗躍ぶりを織り込みながら 描いた。ヴィスコンティ監督のデカダンスの美学が色濃く出た作品。アカデミー賞の脚本賞にノミネートされた。
 (左の写真) 『地獄に堕ちた勇者ども』 撮影時。ヘルムート・バーガー(左)と

 ・トーマス・マンの小説を映画化した 『ベニスに死す』 (1971年) を製作・監督。静養のためヴェネツィアを訪れた老作曲家 (マーラーをイメージしたキャラクター) が、ホテルで見かけた美少年に心を奪われる…。
 理性をも超越した圧倒的な ‟美” には、人をたじろがせ、破滅へと導く残酷さが潜んでいること (=美の魔性)を、格調高い映像美で示した。
 (右の写真) 『ベニスに死す』 撮影時。ダーク・ボガート(右)と
Death_in_Venice-2

 ・19世紀のドイツ・バイエルンの ‟狂王” ルートヴィヒ2世の半生を描いた 『ルートヴィヒ / 神々の黄昏』 (1972年)
Ludwig-2
監督。完全版は約4時間の大作だが、監督の意に反して約140分の短縮版が公開された。日本では1980年に、監督自身が編集した約3時間の短縮版が 『ルードウィヒ / 神々の黄昏』 の邦題で初公開され、2006年に完全版が公開された際、『ルートヴィヒ / 神々の黄昏』 に改題された。
 (左の写真) 『ルートヴィヒ / 神々の黄昏』 撮影時。左から、ヴィスコンティ監督、
  ロミー・シュナイダー、ヘルムート・バーガー
 
 ・旧世代の孤立と崩壊を描いた 『家族の肖像』 (1974年) を監督。前作の編集中、病に倒れたヴィスコンティ監督は車椅子で撮影に臨んだ。
 日本ではヴィスコンティ監督の没後の1978年に公開され大ヒット。同監督の人気が高まったおかげで、未公開だった作品が陽の目を見ることになった。
 (右の写真) 『家族の肖像』 撮影時。前列左から、シルヴァーナ・マンガーノ、
  ヴィスコンティ監督、バート・ランカスター、ヘルムート・バーガー

Gruppo_di_famiglia_in_un_interno

L'innocente-2
 ・貴族の男女の愛憎劇を官能的に描いた 『イノセント』 (1976年) が遺作となった。‟イノセント” = ‟無垢なるもの” とは、貴族への愛情とも皮肉ともとれるタイトル。自身の出自である貴族階級に愛憎相半ばする感情を抱いていたというヴィスコンティ監督が、滅びゆく貴族階級に鎮魂の思いを込めて撮ったとも言える作品。
 (左の写真) 『イノセント』 撮影時。ジャンカルロ・ジャンニーニ(左)、ラウラ・アントネッリと。

 ・監督デビューは37歳と遅かったが、スランプに陥って凡作を撮ることがなかった。幅広い芸術分野に造詣が深く、映画への情熱を持ち続けた証しではないだろうか。

 ・1976年69歳で他界。

HOME