20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Maria_Schell

マリア・シェル

Maria Schell

 1926-2005 (オーストリア)

 

heartbar

   代表作

Die_Letzte_Brucke-2
 最後の橋
 Die Letzte Brucke
 (1954年/オーストリア・
 ユーゴスラビア)
Gervaise  居酒屋
 Gervaise
 (1956年/フランス)
Le_notti_bianche  白夜
 Le notti bianche
 (1956年/伊・仏)
The_Hanging_Tree
 縛り首の木
 The Hanging Tree
  (1959年/アメリカ)

      『居酒屋』 で国際的なスターに

 ・1926年、オーストリアのウィーン生れ。父親はスイス人で作家、母親はオーストリア人で女優だった。弟のカール・シェル(長男)、マクシミリアン・シェル(次男)、妹のイミー・シェルも俳優だった。

 ・1938年、オーストリアがナチス・ドイツに併合され、一家でスイスへ移住。
 16歳の時にスカウトされ、『Steibruch(1942年) で銀幕デビュー。その後、本格的に演技を学び、戦時中は舞台女優として活動した。
 (右の写真) 『Steibruch
Steibruch

Die_Letzte_Brucke
 ・戦後、1948年から再び映画に出演するようになり、オーストリアとユーゴスラビアの合作 『最後の橋』 (1954年) での演技でカンヌ国際映画祭の特別賞を受賞。
 (左の写真) 『最後の橋』

 ・『居酒屋』 (1956年/監督:ルネ・クレマンでの演技でヴェネツィア国際映画祭の主演女優賞を受賞。
 日本では 『最後の橋』 と 『居酒屋』 が同じ年 (1956年) に公開され、キネマ旬報ベスト・テンで 『居酒屋』 が第1位、『最後の橋』 が第5位にランクされ、洋画誌 「スクリーン」 の読者人気投票で彼女は女優の第1位に選出された。
 (右の写真) 『居酒屋』
Gervaise

Rose_Bernd
Le_notti_bianche-2
『枯葉』 (1957年/西独)
ラフ・ヴァローネ

『白夜』 (1957年/監督:ルキノ・ヴィスコンティ
マルチェロ・マストロヤンニ


The_Brothers_Karamazov
 ・ハリウッドに進出して 『カラマゾフの兄弟』 (1958年/監督:リチャード・ブルックス) に出演。
 『居酒屋』 がアカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされ、授賞式に出席するためハリウッドへ行った際、ユル・ブリンナーと会ったことが出演のきっかけになった。
 (左の写真) 『カラマゾフの兄弟』 ユル・ブリンナーと

Une_vie
For_Whom_the_Bell_Tolls_1958
『女の一生』 (1958年/フランス) クリスチャン・マルカンと
米TVドラマ 「誰が為に鐘は鳴る」 (1958年)
The_Hanging_Tree
Cimarron
『縛り首の木』 (1959年) ゲーリー・クーパー
『シマロン』 (1960年) グレン・フォード

 ・『シマロン』 出演後は欧州の作品を中心に出演したが、日本ではほとんど公開されなかった。日本でも公開された 『オデッサ・ファイル』 (1974年/英・西独) では弟のマクシミリアン・シェルと共演し、その後、『さすらいの航海』 (1976年/英)、『スーパーマン』 (1978年/米)、『サン・スーシの女』 (1982年/仏・西独) 等に出演した。
 (右の写真) 『ジャスト・ア・ジゴロ』 (1978年/西独) で共演したデヴィッド・ボウイと
David_Bowie_&_Maria_Schell

Meine_Schwester_Maria
 ・晩年には、弟のマクシミリアン・シェルが監督したドキュメンタリー映画 『我が姉マリア』 (2002年/日本未公開) が製作された。
 (左の写真) 『我が姉マリア』 マクシミリアン・シェルと

 
2005年79歳で他界。



Maria_Schell-2
Maria_Schell-3

HOME