20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
Gary Cooper

ゲーリー・クーパー

Gary Cooper

1901-1961 (アメリカ)

 
愛称 : クープ (Coop
starbar

     代表作
 
Morocco
 モロッコ
 Morocco
 (1930年/アメリカ)
Mr.Deeds Goes to Town
 オペラハット
 Mr. Deeds Goes to Town
 (1936年/アメリカ)
Sergent York
 ヨーク軍曹
 Sergeant York
  (1941年/アメリカ)
The Pride of the Yankees
 打撃王
 The Pride of the Yankees
  (1942年/アメリカ)
For Whom the Bell Tolls
 誰が為に鐘は鳴る
 For Whom the Bell Tolls
  (1943年/アメリカ)
High Noon
 真昼の決闘
 High Noon
  (1952年/アメリカ)

Friendly Persuasion
 友情ある説得
 Friendly Persuasion
  (1956年/アメリカ)
Love in the Afternoon
  昼下りの情事
 Love in the Afternoon
  (1957年/アメリカ)
 
    日本で人気No.1の外国人男優

 ・1901年、モンタナ州生まれ。本名は Frank James Cooper
 両親ともイギリスからの移民。母親の意向で、9歳からの3年間は、6歳年上の兄と一緒にイギリスで教育を受けた。
  (右の写真) 2歳の時のクーパー
Gary Cooper 1903

Gary Cooper Sketch  ・画家になることを夢見て、アイオワ州グリネル大学の美術部に入学したが、2年弱で退学。両親が移住していたロスアンゼルスへ。
  (左の写真) 絵を描く若き日のクーパー。俳優となってからも趣味として絵を描いていた。
       狩猟、乗馬、スキー、テニス、水泳なども趣味であった。

 ・ロスアンゼルスで新聞・雑誌にイラストや漫画を投稿したり、街頭看板を描いて生活していた時に、映画のエキストラをしていた故郷モンタナの友人に再会。そのツテで、西部劇のエキストラを務めるようになった。
 クーパーは高校生の時に自動車事故で足を負傷し、モンタナの牧場で療養中に乗馬をマスターしていた。
  (右の写真) 『The Thundering Herd 』 (1925年)エキストラ時代のクーパー。
The_Thundering_Herd

 ・小遣い稼ぎとして始めたエキストラ稼業が続くこと1年余り。
The_Winning_of_Barbara_Worth
 フランク・ジェームスという名の俳優が別にいたため、芸名をゲーリー・クーパーとした。
 まともな役を得るために、自ら撮影したフィルムを映画会社に持ち込んだ時に、ヘンリー・キング監督の目にとまり、ロナルド・コールマン主演の 『夢想の楽園』 (1926年) で本格的な俳優デビューを果たした。
  (左の写真) 『夢想の楽園』 ロナルド・コールマン(右)と

 ・『夢想の楽園』 がヒットし、注目を集めたクーパーはパラマウント社と契約。クララ・ボウ主演の大ヒット作 『あれ』 (1927年) に端役で出演し、次作の 『赤ちゃん母さん』 (1927年) では彼女の相手役に抜擢された。これはクララ・ボウの指名だったそうで、当時は2人の仲が噂になった。
  (右の写真) 『赤ちゃん母さん』 。 クララ・ボウと
Chidren of Divorce

Arizona Bound  ・デビュー当時は演技が下手。特にラヴ・シーンが苦手だったようで、『赤ちゃん母さん』 のフランク・ロイド監督が、「あの大根役者を交替させろ」 と息巻いたが、パラマウント社の撮影所長が、「あの男は後ろ向きに立っているだけで、女性の心を掴む 」 と言って、監督をなだめた、というエピソードも。
  (左の写真) 初の主演西部劇 『アリゾナの天地』 (1927年)。ベティ・ジュウェルと

 ・パラマウント社の超大作で、第1回アカデミー賞作品賞を受賞した 『つばさ』 (1927年) にも出演。
 僅か2〜3分の出演であったが、多くの女性ファンを獲得し、ファンレターが殺到したという。
 (右の写真) 『つばさ』 。主演のチャールズ・ロジャース(左)、リチャード・アーレン(中央)と
Wings

The_Virginian-2
 ・自身初のトーキー 『ヴァジニアン』 (1929年/監督:ヴィクター・フレミング が大ヒットし、人気スターとしての地位を確立。
 クーパー本人もお気に入りの一作。
  (左の写真) 『ヴァジニアン』 メリー・ブライアン(中央)、リチャード・アーレン(右)と

 ・『モロッコ』 (1930年/監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ が世界中で大ヒット。
 日本では、クーパーが助演扱いであったポスターに女性ファンからの抗議が殺到し、映画会社がポスターを作り直したというエピソードも。
 日本初の字幕スーパー作品。
  (右の写真) 『モロッコ』 。マレーネ・ディートリッヒ
Morocco-2

City Streets  ・初めてのギャング映画 『市街』 (1931年/監督:ルーベン・マムーリアンでは、「悪く思うなよ 」 の台詞が流行語に。
  (左の写真) 『市街』 。シルヴィア・シドニー

 ・文豪アーネスト・ヘミングウェイの 「武器よさらば」 を映画化した 『戦場よさらば』 (1932年/監督:フランク・ボ-ゼージで共演したヘレン・ヘイズは、「もし、クープに愛を告白されたら、私は夫を捨てることさえいとわなかった 」 と述懐。
  (右の写真) 『戦場よさらば』 。ヘレン・ヘイズと
A Farewell to Arms

Cooper_and_Family1937  ・1933年、女優のサンドラ・ショーことヴェロニカ・バルフと結婚。
 ヴェロニカ夫人(愛称:ロッキー)は女優を辞めて主婦に専念。
 1937年に、一人娘のマリアを授かった。
  (左の写真) 妻と娘と

 ・ソフィスティケイテッド・コメディの第一人者、エルンスト・ルビッチ監督の 『生活の設計』 (1933年)に出演。共演はフレドリック・マーチ
 名監督、名優との仕事で演技の幅を広げていった。
  (右の写真) 『生活の設計』 。ミリアム・ホプキンス(左)、フレドリック・マーチ(右)と
Design for Living

Now and Forever  ・『久遠の誓い』 (1934年)ヘンリー・ハサウェイ監督とは、その後も6作品で組んだ。
 (左の写真) 『久遠の誓い』 。シャーリー・テンプル(中央)、キャロル・ロンバード(右)と

 ・名匠フランク・キャプラ監督『オペラハット』 (1936年)に出演。
  クーパーは自分の体が空くまで6ケ月も撮影を延期していたキャプラ監督の期待に応える好演。初めてアカデミー賞主演男優賞の候補にもなり、人気は更に上昇した。
  (右の写真) 『オペラハット』。共演のジーン・アーサー
Mr. Deeds Goes to Town-2

The Plainsman  ・パラマウント社の大御所セシル・B・デミル監督の大作西部劇 『平原児』 (1936年)では、西部開拓時代の実在のガンマン、ワイル ド・ビル・ヒコックを颯爽と演じた。
  (左の写真) 『平原児』 。ジーン・アーサーと

 ・1936年、全米の映画館館主による “ドル箱 (マネー・メイキング) スター・ベストテン” に第10位で初登場。以降、1957年までの22年間で18回もベストテン入り。これは、ジョン・ウェインに抜かれるまで最多記録であった。

 ・1936年、パラマウント社との契約が終了し、サミュエル・ゴールドウィンと契約。
 看板スターを横取りされたパラマウント社が提訴したが、同社の作品にも出演するということで円満に決着した。
  (右の写真) 『青髭八人目の妻』 (1938年/監督:エルンスト・ルビッチ)。
    クローデット・コルベール
Bluebeard's_Eighth_Wife

Beau_Geste-2
 ・1939年には全米NO.1の高所得者に。
 同年公開された 『風と共に去りぬ』『スミス都へ行く』『駅馬車』 といった名作は、クーパーが主演の第一候補だった。
 まさに引く手あまた。ハリウッドを代表する人気スターとなっていた。
  (左の写真) 『ボー・ジェスト』 (1939年)。レイ・ミランド(左)、ロバート・プレストン(右)と

 ・1940年代に入るとキャリアの絶頂期を迎えた。
 『西部の男』 (1940年/監督:ウィリアム・ワイラー、自身初のカラー作品 『北西騎馬警官隊』 (1940年/監督:セシル・B・デミル)『群衆』 (1941年/監督:フランク・キャプラ) 。出演作が立て続けに大ヒット。
  (右の写真) 『西部の男』 。ウォルター・ブレナン
The Westerner

Sergeant York-2  ・第一次世界大戦時に活躍した実在の人物の伝記映画 『ヨーク軍曹』 (1941年/監督:ハワード・ホークス は、その年最大のヒット作に。
 インフレ調整後の興行成績では歴代105位 (2014年現在) で、クーパーのキャリアで最大のヒット作。
  (左の写真) 『ヨーク軍曹』 。ジョーン・レスリーと

 『ヨーク軍曹』 でアカデミー賞主演男優賞を受賞。デビュー当時は大根役者呼ばわりもされたが、人気・実力を兼ね備えた名優の仲間入りも果たした。
Cooper Oscar
Cooper Oscar-2
プレゼンターのジェームズ・ステュアート
『断崖』 で主演女優賞を受賞したジョーン・フォンテイン

< 次ページ >

HOME