20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
Ray Milland

レイ・ミランド

Ray Milland

 
1907-1986 (イギリス)


starbar

     代表作
 
Reap_the_Wild_Wind
 絶海の嵐
 Reep the Wild Wind
 (1942年/アメリカ)
The_Lost_Weekend
 失われた週末
 The Lost Weekend
   (1945年/アメリカ)
The_Big_Clock
 大時計
  The Big Clock
 (1948年/アメリカ)
Dial_M_for_Murder
  ダイヤルMを廻せ!
 Dial M for Murder
 (1954年/アメリカ)

    アルコール中毒患者を演じてオスカーを受賞

 ・1907年、イギリス・ウェールズ生れ。俳優になる前は近衛騎兵隊員だった。『Piccadilly (1929年) の端役で銀幕デビューし、その後4本のイギリス映画に出演。
 1930年、ハリウッドへ渡り、MGM社と契約。ノン・クレジットの端役も含め12本の映画に出演したが、鳴かず飛ばずの状況であり、32年に結婚をしたが、大学在学中の妻を残して単身イギリスへ帰国した。

 ・イギリスで2本の映画に出演した後、1934年に再渡米。『ボレロ』、『恋と胃袋』 (1934年) での演技が認められ、パラマウント社と契約。
 ヒット作 『ジャングルの女王』 (1936年)、『ジャングルの恋』 (1938年) で、「サロンの女王 」 と称されたドロシー・ラムーアの相手役を務め、映画俳優として名を上げた。
  (右の写真) 『ジャングルの恋』 ドロシー・ラムーアと
Her_Jungle_Love

Beau_Geste
Reap_the_Wild_Wind-2
『ボー・ジェスト』 (1939年/監督:ウィリアム・A・ウェルマン
ゲーリー・クーパー(中央)、ロバート・プレストン(右)と

『絶海の嵐』 (1942年/監督:セシル・B・デミル
ポーレット・ゴダードジョン・ウェイン(右)と

The_Major_and_the_Minor
Ministry_of_Fear
『少佐と少女』 (1942年/監督:ビリー・ワイルダー
ジンジャー・ロジャース

『恐怖省』 (1944年/監督:フリッツ・ラング
マージョリー・レイノルズと


The_Lost_Weekend-2
 ・『失われた週末』 (1945年/監督:ビリー・ワイルダー) で、アルコール中毒の作家を演じて、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、カンヌ国際映画祭など、各賞の主演男優賞を総なめ。
 アカデミー賞とカンヌ国際映画祭のダブル受賞は史上初の偉業であった。
  (左の写真) 『失われた週末』
 アルコール中毒患者の役などやれば笑い者となるとして、当初は演じることを躊躇したというが、撮影前にアルコール依存症の患者が入院している精神病棟に入るなど研鑽を重ね、大根役者との風評を吹き飛ばした。
 また、ニューロティック (異常心理) の役柄を演じることはオスカー受賞への近道となるという伝説を生み出した。
  (右の写真) オスカー像を手にするレイ・ミランド
Ray_Milland_Oscar
 
California
Golden_Earrings
『カリフォルニア』 (1947年) バーバラ・スタンウィック
『黄金の耳飾り』 (1947年) マレーネ・ディートリッヒ
The_Big_Clock-2
Something_to_Live_For
『大時計』 (1948年) チャールズ・ロートン
『生きるためのもの』 (1952年/監督:ジョージ・スティーヴンス
 ジョーン・フォンテイン(左)、テレサ・ライト(右)と


Ray_Milland_Show
 ・1950年代初頭、約20年契約していたパラマウント社を離れ、TVにも進出。
大学教授に扮した番組 「Meet Mr. McNutley(1953年〜) は、後に 「The Ray Milland Show 」 とタイトルを変え、2年間放映された。
  (左の写真) TV 「The Ray Milland Show

 ・劇場用映画も、『ダイヤルMを廻せ!』 (1954年/監督:アルフレッド・ヒッチコック 等のヒット作に出演し、自ら主役を務めた西部劇 『白昼の対決』 (1955年) では監督業にも乗り出した。
  (右の写真) 『ダイヤルMを廻せ!』 グレース・ケリー
Dial_M_for_Murder-2

X
 ・1960年代は、自ら監督・主演を務めたSFパニック映画 『性本能と原爆戦』 (1962年)、B級映画の帝王ロジャー・コーマン監督の 『姦婦の生き埋葬』 (1962年)、『X線の眼を持つ男』 (1963年) 等に出演。
  (左の写真) 『X線の眼を持つ男』

 ・その後も、大ヒット作品 『ある愛の詩』 (1970年) とその続編 『続ある愛の詩』 (1978年) で主人公の父親役を演じるなど、晩年まで息長く活躍した。
  (右の写真) 『ある愛の詩』 ライアン・オニールと
Love Story

 ・私生活では、32年に結婚した妻と亡くなるまで連れ添ったが、81年に当時41歳の一人息子が自殺するという不幸に見舞われた。

 ・1986年79歳で他界。

Ray_Milland-2
Ray_Milland-3

HOME