20世紀・シネマ・パラダ イス

hearttbar
Ginger Rogers

ジン ジャー・ロジャース

Ginger Rogers

 
1911-1995 (アメリカ)


heartbar

     代表作

Top Hat
 トップ・ハット 
  Top Hat
  (1935年/アメリカ)
Swing Time
 有頂天時代
 Swing Time
  (1936年/アメリカ)
Kitty Foyle   恋愛手帖
 Kitty Foyle
  (1940年/アメリカ)
The_Barkleys_of_Broadway
 ブロードウェイの
            バークレー夫妻
 The Barkleys of  Broadway
 
(1949年/アメリカ)

    フレッド・アステアとのダンシング・コンビで 一世を風靡

 ・1911年、ミズーリ州生れ。生後間もなく両親が離婚し、母親と母方の祖 父母に育てられた。
 14歳の時にチャールストン・ダンスのコンテストで優勝したことがきっかけでショー・ビジネスの世界に入り、演劇評論家であった母親と一緒に全米各 地のボードビルを巡演した。
 1929年、17歳の時にダンサーのジャック・ペッパーと結婚し、「ジンジャーとペッパー (生姜と胡椒)」 として舞台で共演もしたが、数ヶ月で別れた (離婚が成立したのは1931年)

 ・1929年、ニューヨーク滞在中に3本の短編映画に出演。同年の12月25日(クリスマス)に、舞台 「Top Speed 」 でブロードウェイ・デビュー。パラマウント社と契約し、クローデット・コルベール主 演の 『恋愛四重奏』 (1930年)で長編映画デビューも果たした。その後も昼は映画の撮影、夜は 舞台に出演という生活をしていたが、ブロードウェイでの2作目 「Girl Crazy 」 の公演が終了した1931年にハリウッドへ移った。

 ・ハリウッドではなかなか芽が出なかったが、ワーナー・ブラザーズ社の大ヒットミュージ カル 『四十二番街』 (1933年) に出演し、注目を集めた。
 (右の写真) 『四十二番街』  左から、ウナ・マーケル、ルビー・キーラー、ロジャース
42nd Street

Flying Down to Rio  ・RKO社で、ドロレス・デル・リオ主演 の 『空中レビュー時代 』 (1933年) に出演。
 準主役のロジャースとフレッド・アステアのダンスが大評判となり、RKO社と専属契 約。
 ロジャースとアステアが主演の 『コンチネンタル』 (1934年) が製作され大ヒット。2人の人気を決定的なものとした。
  (左の写真) 『空中レビュー時代 』 フレッド・アステアと

 ・アステア & ロジャースはハリウッド史上最高のダンシング・コンビと謳われ、一世を風靡した。
 『ロバータ』、『トップ・ハット』 (1935年)、『艦隊を追って』、『有頂天時代』 (1936年) が立て続けに大ヒット。
 ドル箱 (マネー・メイキング)スター・ベスト10にも 「アステア & ロジャース」 のコンビとして、1935年 (第4位)、36年 (第3位)、37年 (第7位)と、3年連続でランクインした。
Top Hat-2
Follow the Fleet Swing Time-2
『トップ・ハット』 『艦隊を追って』 『有頂天時代』

 ・ハリウッドのミュージカル史に一時代を築いたアステア & ロジャースだったが、マンネリ化は避けられず、コンビ7作目 『踊らん哉』 (1937年) の興行 成績が落ち込み、『気儘時代』 (1938年)、『カッスル夫妻』 (1939年) も興行不振でコンビは解消した。
 ロジャースはアステアについて、「いつも厳しい教師であり、完全主義者であった」 とのコメントを残している。
  (右の写真) 『踊らん哉』 フレッド・アステアと
Shall_We_Dance-2

with Lew Ayres  ・私生活では、『恋に賭けるな』 (1933年) で 共演したリュー・エアーズと1934年に再婚 したが、41年に離婚。
 その後3度、生涯で計5度の結婚・離婚をした。
  (左の写真) リュー・エアーズと

 ・アステアとのコンビを組んでいる時から、『ステージ・ドア』 (1937年)、『モーガン先生のロマンス』 (1938年) といった非ミュージカル作品にも出演していた。彼女が演技派女優への転身を望んでいたことも、アステアとのコンビ解消の一因であったと言われて いる。
Stage Door
Vivacious_Lady
『ステージ・ドア』 キャサリン・ヘップバーン 『モーガン先生のロマン ス』 ジェームズ・ステュアート

 ・『恋愛手帖』 (1940年/監督:サム・ウッド でアカデミー賞主演女優賞を受賞。
 ベティ・デイヴィス (『月光の女』)、 キャサリン・ヘップバーン (『フィラデルフィア物語』)ジョーン・フォンテイン『レベッカ』といった強力なライバルたちに競り勝っての受賞。ダンスだけでな く、演技も一流と認められた。
  (右の写真) オスカー像を手にするジンジャー・ロジャース
Ginger Rogers Oscar

Lera and Ginger   ・1940年にフリーとなり、オールスター・キャストのオムニバス映画 『運命の饗宴』 (1942年/監督:ジュリアン・ デュヴィヴィエビリー・ワイルダーのハリウッドでの監督デ ビュー作 『少佐と少女』 (1942年) などに出演。『少佐と少女』 には母親のレラも出演した。
  42年にはハリウッドで最高給の女優の一人となった。
  (左の写真) 『少佐と少女』 撮影中。母親のレラと

Tales of Manhattan Once_Upon_a_Honeymoon
『運命の饗宴』 ヘンリー・フォンダ 『恋の情報網』 (1942年/監督:レオ・マッケリー ケーリー・グラント

 ・『ブロードウェイのバークレー夫妻』 (1949 年) で10年ぶりにフレッド・アステアと共演。
 病で降板したジュディ・ガーランドの代役としての出演であったが、2人は以前と変わ らぬ息の合った ダンスを披露。コンビ最大のヒット作となった。
  (右の写真) 『ブロードウェイのバークレー夫妻』 フレッド・アステアと
The_Barkleys_of_Broadway

Monkey Business  ・1950年代に入っても、後の大統領ロナルド・レーガンと共演したフィルム・ノワール 『目撃者』 (1951年)、ケーリー・グラントと再共演した 『モンキー・ビジネス』 (1952年/監督:ハワード・ホークスな どで、オスカー女優として貫禄の演技を披露した。
  (左の写真) 『モンキー・ビジネス』 ケーリー・グラント(左)、マリリン・モンロー(右)と

 ・映画への出演は 『Harlow (1965年) が最後となったが、50年代後半からは舞台での活動を盛んにこなし、65年にはブロードウェイ の大ヒットミュージカル 「ハロー・ドーリー!」 の主役をキャロル・チャニングから引き継ぎ、好評を博した。

 ・1967年のアカデミー賞授賞式に脚本賞のプレゼンターとしてフレッド・アステアと共に登場。即興でダンスを披露し、会場を沸かせた。

youtube
 1967年のアカデミー賞授賞式。司会のボブ・ホープも負けじと…

      * 受賞者 : <脚色賞> ロバート・ボルト 『わが命つきるとも』 。<オリジナル脚本賞> クロード・ルルーシュ 『男と女』

 ・1969年にはロンドンの舞台で 「メイム叔母さん」 のタイトル・ロールを演じ、1年以上のロング・ランとなった。
 舞台女優としては1984年まで活動し、1985年、74歳の時にミュージカル 「Babes in Arms 」 の舞台監督を初めて務めた。
 1987年、TVドラマ・シリーズ 「Hotel 」 に出演したのが、女優としての最後の仕事となった。 

 ・1995年83歳で他界。

 ・AFI (アメリカ映画協会)が1999年に選定した 「伝説のスター・ベスト50」 で、女優部門の第14位に選出。

Ginger Rogers-2
Ginger Rogers-3

HOME