20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Claudtte_Colbert-2

クローデット・コルベール

Claudette Colbert

1903-1996 (フランス/アメリカ)


heartbar

    代表作

The Smiling Lieutenant
 陽気な中尉さん
  The Smiling Lieutenant
  (1931年/アメリカ)
It Happened One Night
 或る夜の出来事
 It Happened One Night
  (1934年/アメリカ)
Cleopatra
 クレオパトラ
 Cleopatra
 (1934年/アメリカ)
Imitation_of_Life-2
 模倣の人生
 Imitation of Life
 (1934年/アメリカ)
Bluebeard's Eighth Wife  青髭八人目の妻
 Bluebeard's Eighth Wife
 (1938年/アメリカ)
Since_You_Went_Away-2  君去りし後
 Since You Went Away
  (1944年/アメリカ)

    戦前に大活躍した人気のコメディエンヌ

 ・1903年、フランス生れ。本名は Émilie Chauchoin 。父親はフランス人で、母親はイギリス人。3歳の時に家族でニューヨークへ移住した。

 ・ファッション・デザイナーを志し、アート・スクールに通っていたが、あるパーティーで出会った劇作家のアン・モリソンに請われ、ブロードウェイの舞台 「The Wild Westcotts (1923年) で女優デビューをした。
 『力漕一挺身』 (1927年/監督:フランク・キャプラで銀幕デビューもしたが、興行的にも失敗作となり、2度と映画には出ないと思ったという。
 舞台に戻り、「The Barker(1927年) の演技が賞賛され、注目を集めた。 
  (右の写真) アート・スクール時代のコルベール
Claudtte_Colbert-4

The_Barker
 ・私生活では、「The Barker 」 で共演した舞台俳優のノーマン・フォスターと28年に結婚したが、35年に離婚。その4ヶ月後、医師と再婚し、彼が68年に亡くなるまで連れ添った。
  (左の写真) 舞台 「The Barker 」 ノーマン・フォスターと

 ・パラマウント社と契約し、『壁の穴』 (1929年) で銀幕再デビュー。不況の煽りで舞台の仕事は減ったが、映画界はトーキーの時代に入り、台詞の話せる役者を求めていた。
 『恋愛四重奏』 (1930年) では夫婦で共演もし、『陽気な中尉さん』 (1931年/監督:エルンスト・ルビッチ)、『暴君ネロ』 (1932年/監督:セシル・B・デミルといったヒット作に出演し、人気スターとなった。
Young_Man_of_Manhattan
The_Smiling_Lieutenant-3
『恋愛四重奏』 ノーマン・フォスターと
『陽気な中尉さん』 モーリス・シュヴァリエ
His_Woman
The_Sign_of_the_Cross
『貨物船と女』 (1931年) ゲーリー・クーパー
『暴君ネロ』 フレドリック・マーチ

 ・『或る夜の出来事』 (1934年) が大ヒットし、彼女の人気を決定づけた。
 コロンビア社からオファーを受けた時は旅行へ行く予定であり、しかも監督が失敗作となった 『力漕一挺身』 のフランク・キャプラ。断るつもりで高額のギャラと撮影期間は4週間という条件を出したが、これが受け入れられたため出演したという。
It_Hppened_One_Night-3
It Happened One Night-2
『或る夜の出来事』 クラーク・ゲーブル
フランク・キャプラ監督(左)、クラーク・ゲーブル(右)と

 撮影後、コルベールは知人に、「最悪の映画を撮ってきた 」 と不満を漏らしていたという。
 アカデミー賞の主演女優賞候補になったものの、受賞できる訳がないと思っていた彼女は、旅行に向かう鉄道の駅で受賞を知らされ、急遽タクシーで授賞式 会場へ駆けつけた。
  (右の写真) プレゼンターのシャーリー・テンプル
Colbert-Oscar-2
Colbert Oscar
 「嬉しくて泣きたいが、時間がない。外でタクシーがエンジンをかけたまま待っているので 」、とスピーチをして会場を笑わせた後、 キャプラ監督のもとへ行き、感謝の言葉を伝えたという。
  (左の写真) シャーリー・テンプルと

 ・34年は、大作史劇 『クレオパトラ』 (監督:セシル・B・デミル)、人種問題を題材にした 『模倣の人生』 (監督:ジョン・M・スタール) も大ヒットし、大躍進の年となった。
Cleopatra-2
Imitation_of_Life
『クレオパトラ』 『模倣の人生』 ウォーレン・ウィリアムと

 ・コメディもシリアスもこなせる確かな演技力。アカデミー賞を受賞したこともあり、ギャラは10倍近くに跳ね上がり、最高給女優の1人となった。その後も、『白い友情』 (1935年) と 『君去りし後』 (1944年) で2度アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。
Private Worlds Bluebeard's_Eighth_Wife-2
『白い友情』 シャルル・ボワイエ 『青髭八人目の妻』 (1938年) ゲーリー・クーパーと
Drums_Along_the_Mohawk-2
Boom_Town
『モホークの太鼓』 (1939年/監督:ジョン・フォード) 
ヘンリー・フォンダ
『ブーム・タウン』 (1940年) クラーク・ゲーブルと
The_Palm_Beach_Story
Since you went away
結婚五年目 / パームビーチ・ストーリー』
(1942年/監督:プレストン・スタージェスジョエル・マクリー

『君去りし後』
 
シャーリー・テンプル(左)、ジェニファー・ジョーンズ(右)と

 ・1945年、パラマウント社との契約を終了。フリーとなってからも、『卵と私』 (1947年)、『三人の帰宅』 (1950年) 等がヒットした。『イヴの総て』 (1950年) への出演も決まっていたが、怪我のため降板。 ベティ・デイヴィスが代わりに役を得た。
The_Egg_and_I
Three_Came_Home
『卵と私』 フレッド・マクマレー
『三人の帰宅』  早川雪洲

 ・1950年代中盤以降はTVや舞台を中心に活動。シャルル・ボワイエと共演した舞台 「The Marriage-Go-Round(1958年〜) でトニー賞にノミネートされ、女優として最後の仕事となったTVドラマ 「グレンヴィル家の秘密」(1987年) でゴールデングローブ賞の助演女優賞を受賞した。
Parrish Two_Mrs._Grenvilles
最後の劇場用映画となった 『二十歳の火遊び』 (1961年)
トロイ・ドナヒューと
TVドラマ 「グレンヴィル家の秘密」
 アン・マーグレット (右)と

 ・1996年92歳で他界。

 ・AFI (アメリカ映画協会)が1999年に選定した 「伝説のスター・ベスト50」 で、女優部門の第12位に選出。

 !
コルベールは自分の顔の右側が好きでなく、アップで撮影する際は必ず左側から撮らせていたというエピソードを残している。

Claudtte_Colbert
Claudette Colbert-3

HOME