20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Maurice Chevalier

モーリス・ シュヴァリエ

Maurice Chevalier

1888-1972 (フランス)


starbar

     代表作
 
The_Love_Parade
 ラヴ・パレイド
 The Love Parade
 (1929年/アメリカ)
The_Smiling_Lieutenant
 陽気な中尉さん
 The Smiling Lieutenant
 (1931年/アメリカ)
Love Me Tonight-2
 今晩は愛して頂戴ナ
 Love Me Tonight
  (1932年/アメリカ)
The Merry Widow
 メリィ・ウィドウ
 The Merry Widow
  (1934年/アメリカ)
Love in the Afternoon
 昼下りの情事
 Love in the Afternoon
  (1957年/アメリカ)
Gigi
 恋の手ほどき
 Gigi
  (1958年/アメリカ)
   
    芸歴70年 フランス・アメリカで大活躍したエンターテイナー

 ・1888年、 パリにて、3人兄弟の末っ子として生れた。幼い頃に画家であった父親が失踪し、11歳年上の長男も家を出て音信不通となった。曲芸師となって家 計を助けようと、4歳年上の兄を誘ってトレーニングをしたが断念したという。大工や電気技師の見習いなどをしていたが、 町のカフェに頼み込んで歌を唄うになった。1901年、まだ12歳の時だった。

 ・人気歌手・芸人となり、短編映画 『Trop credules (1908年) で 銀幕デビュー。

 ・1909年、当時人気のあった女性歌手フレエル (1891-1951年) のパートナーとなったが、彼女はアルコール依存症で問題も多く、2年後に関係を解消。 * フレエル …  『望郷』 (1937年) 等に出演。

 ・1911年、「ミュージックホールの女王」 と称されていたミスタンゲット (1873-1956年) と共演。舞台は大人気となり、短編映画 『Une bougie recalcitrante(1912年) で共演もした。
 年齢も、歌手・芸人としてのステータスもミスタンゲットの方が上であったが、2人は私生活 でもパートナーとなった。
 シュヴァリエは第一次世界大戦に召集され、前線で負傷し、ドイツの捕虜収容所へ入れられてしまったが、ミスタンゲットが中立国のスペイン王室などに働 きかけたおかげで解放された。
 その後、ミスタンゲットの尽力で舞台活動に復帰したが、シュヴァリエの人気が高まるにつれ、2人の関係は悪化していき、パートナーシップを解消した。
  (右の写真) ミスタンゲットとシュヴァリエ
Mistinguett

 ・1920年代、パリのレヴュー界で最も人気のあるエンターテイナーとなっていたシュヴァ リエはハリウッドに招かれた。英語は収容所での2年間で勉強していたという。
 『レヴューの巴里っ子』 (1929年) でハリウッド・デビューし、2作目の 『ラヴ・パレイド』 (1929年) が大ヒット。台詞が歌になるという、後のミュージカル映画の原点となる “シネ・オペレッタ” というジャンルを確立した。
 『ラヴ・パレイド』 と 『チュウインガム行進曲』 (1930年) の2作品の演技により、アカデミー賞主演男優賞にノミネートもされた。
The Love Parade-2 The_Big_Pond
『ラヴ・パレイド』 ジャネット・マクドナルドと 『チュウインガム行進曲』 クローデット・コルベール

 ・『ラブ・パレイド』 のエ ルンスト・ルビッチ監督とは、『陽気な中尉さん』 (1931年)、『君とひととき』 (1932年)、『メリィ・ウィドウ』 (1934年) 、『LaVeuve Joyeuse (1935年/フランス) の合計5作品で組んだ。また、『ラヴ・パレイド』 でデビューしたジャネット・マクドナルドとは6作品 (内2作品は フランス映画) で共演。銀幕での名パートナーだった。
The_Smiling_Lieutenant-2 Love Me Tonight
『陽気な中尉さん』 ミリアム・ホプキンス(左)、
クローデット・コルベール(右)と
『今晩は愛して頂戴ナ』 (1932年/監督:ルーベン・マムーリアン
ジャネット・マクドナルドと

 ・1930年と32年には、ブロードウェイでコンサートも行った。
 演技良し、歌も良しのシュヴァリエは世界的な人気スターとなり、1935年にフランスへ帰国。『シュヴァリエの流行児』 (1936年/監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ 等に出演した。

 ・第二次世界大戦後、母国フランスで 『沈黙は金』 (1947年/監督:ルネ・クレール等に出演。
 1947年に再び渡米し、ブロードウェイでコンサート。その後も48年、55年、63年、65年にブロードウェイでコンサートを行うなど、フランス、アメリカのショー・ビジネスで大活躍した。

Love_in_the_Afternoon-2
 ・約20年ぶりにハリウッド映画 『昼下りの情事』 (1957 年/監督:ビリー・ワイルダー)  に出演。オードリー・ ヘップバーンの父親役を演じた。
  (左の写真) 『昼下りの情事』 オードリー・ヘップバーンと

 ・翌58年に出演した 『恋の手ほどき』 (監督:ヴィンセント・ミネリ は、アカデミー賞で作品賞など9部門で受賞。シュヴァリエには永年の貢献に対して名誉賞が贈呈された。
   (下の写真) 『恋の手ほどき』 の受賞者たちと。左から、シュヴァリエ、アーサー・フリード(製作者)、フレデリック・ロー(作曲家)、
           アラン・ジェイ・ラーナー(脚本&作詞家)、ヴィンセント・ミネリ(監督)

Chevalier-Oscar

youtube
 アカデミー賞授賞式。プレゼンターはロザリンド・ラッセル


Dietrich
Monroe
Hepburn-2
マレーネ・ディートリッヒ
マリリン・モンロー
オードリー・ヘップバーン と

 ・『Monkeys, Go Home ! (1967年) が最後の映画となった。
  (右の写真) 『Monkeys, Go Home ! 』 より

 ・1968年、80歳の時にパリで引退公演。その後、ディズニー社に請われて、アニメ映画 『おしゃれキャット』 (1970年) の主題歌を唄ったのが、70年に及ぶキャリアの最後の仕事となった。
Monkeys, Go Home

 ・カンカン帽がトレード・マークで、映画ではカメラ (=観客) に向かって、親しみやすい笑顔で語りかけるのが18番であった。

 ・1972年83歳で他界。ロンドン・タイムズ誌は 「パリは、その歴史と伝統の一部を失った…」 と報じた。

Maurice Chevalier-2
Maurice Chevalier-3

HOME