20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Pepe le Moko

       望 郷
        Pepe le Moko
        監督:ジュ リアン・デュヴィヴィエ
        (1937年/フランス)
filmbar

 
 戦前の日 本で大いに受けた デュヴィヴィエ&ギャバンの代表作

 フランス植民地アルジェリアの首都アルジェに、パリから刑事たちが乗り込んで来た。2年 前、 パリで銀行強盗をして大金を強奪し、その際に5人の警官を殺害した大泥棒のペペ・ル・モコを逮 捕しに来たのだ。
 ペペの潜伏先はアルジェのカスバと呼ばれる一画。家屋や道路が蜂の巣のように入り組み、街そのものが迷路のようになっている。
 アルジェのスリマン刑事は、この2年間ずっとペペを見張り、顔見知りにもなっているが、カス バ の中で下手に手を出すと自分の命が危ないことを知っており、逮捕のチャンスを伺っていた。ペペはカスバの暗黒街のボスであり、手下も大勢いて、街の人々か ら も敬愛されているからだ…。
PepeleMokoー1
PepeleMoko-2
PepeleMoko-3

  

youtubelogo
 『望郷』 予告編


  主な出演者など 

Jean Gabin
 ペペ・ル・モコ役
 ジャン・ギャバン
 Jean Gabin
Mireille Balin
 ギャビィ役
 ミレーユ・バラン
 Mireille Balin
Line Noro
 イネス役
 リーヌ・ノロ
 Line Noro
Lucas Gridoux
 スリマン刑事役
 リュカ・グリドゥ
 Lucas Gridoux

 ・戦前の日本で人気の高かったフランスのジュリアン・デュヴィヴィエ監督と、同監督に見出され、スターの地位を築いたジャ ン・ ギャバン。
 2人が組んだ5作目で、コンビの代表作でもある。
 日本でも大ヒットして、キネマ旬報ベスト・テンの第1位(1939年度)に選出された。 
  (右の写真) ジュリアン・デュヴィヴィエ監督(右)
Julien Duvivier

Frehel
 ・カスバに流れ着き、連れ込み宿の女将になれ果てたかつての人気歌手が、往時のレコードを 聞きながら涙を流す…というシーン。
 演じたのはフレエル (当時46歳)。10代の頃にはミュージック・ホールで最も人気のあった歌手であり、ブレイク前のモーリス・シュバリエのパートナーだった時期もあった。 
  (左の写真) 『望郷』 でのフレエル
 しかし、10代の頃からアルコール依存症で、自殺未遂騒動を起したこともあったとい う。
 映画の中で聞くレコードは、本人の歌声。実人生そのものの様な役柄を演じている。
  (右の写真) 17歳の時のフレエル

 
ジャン・ギャバンも映画スターとなる前はミュージック・ホールの芸人・歌手であり、『望郷』 の中ではシャンソンの歌声を披露している。
Frehel-2

Algiers  ・『望郷』 は、ハリウッドで 『カスバの恋』 (1938年) としてリメイクされ、シャルル・ボワイエヘ ディ・ラマーが主演した。
  (左の写真) 『カスバの恋』 シャルル・ボワイエとヘディ・ラマー

 ◆ ピック・アップ … ミレーユ・バラン

Mireille Balin-2
 Mireille Balin  1909-1968 (フランス)

 ・1909年、モナコのモンテカルロ生れ。モデルを経て、1932年に銀幕デビュー。

 ・『望郷』 、ジャン・ギャバンと再共演した 『愛欲』 の2作品が大ヒットし、フランス映画界を代表する人気女優の1人となった。
  『マカオ』 (1942年) では、日本人スター早川雪洲とも共演した。

Gueule_D'Amour Macao
『愛欲』 ジャン・ギャバンと 『マカオ』 早川雪洲と
 ・ナチス・ドイツによる占領時代に、ドイツ軍士官の愛人であったことにより、パリ解放後の 1944年に逮捕・投獄された。釈放後の1947年に銀幕復帰したが、1作に出演しただけで引退した。

 ・1968年59歳で他界。

HOME