20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
Jean Gabin

ジャン・ギャバン

Jean Gabin

1904-1976 (フランス)


starbar

     代表作
 
La_bandera
 地の果てを行く
 La Bandera
 (1935年/フランス)
La bell equipe
 我等の仲間
 La Belle Equipe
 (1936年/フランス)
Pepe_le_Moko
 望郷
 Pepe le Moko
  (1937年/フランス)
La grande illusion
 大いなる幻影
 La Grande Illusion
  (1937年/フランス)
Le quai des brumes
 霧の波止場
  La Quai des brumes
 (1938年/フランス)
Touchez_pas_au_grisbi-3
 現金に手を出すな
 Touchez pas au grisbi
 (1954年/フランス)
Des_gens_sans_importance-3
 ヘッドライト
 Des gens sans 
 importance

  (1956年/フランス)
Melodie en sous-sol
 地下室のメロディ
 Melodie en sous-sol
  (1963年/フランス)
   
    フランス映画界最大のスター

 ・1904年、パリにて、ミュージック・ホールの芸人であった両親のもとに生まれ、18歳の時から舞台芸人として働くようになった。

 ・1925年、女優のギャビー・バセットと結婚。
    (右の写真) 最初の妻ギャビー・バセットと

 
・1928年、『Ohe! Les Valises (1928年) で銀幕デビュー。
Gaby Basset

Chacun sa chance  ・自身初のトーキー 『Chacun sa chance(1930年)では夫婦で共演したが、バセットとは33年に離婚。ダンサーのJanne Mauchain と再婚したが、43年に離婚した。
  (左の写真) 『Chacun sa chance
ギャビー・バセットと

 


 ・ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の 『白き処女地』 (1934年) で注目を集め、以後、同監督の 『ゴルゴダの丘』 (1935年)、『地の果てを行く』 (1935年)、『我等の仲間』 (1936年)『望郷』 (1937年)、ジャン・ルノワール監督の 『どん底』 (1936年)『大いなる幻影』 (1937年)、『獣人』 (1938年)、マルセル・カルネ監督の 『霧の波止場』 (1938年)、『陽は昇る』 (1939年)等、巨匠たちの名作で主役を務め、フランス映画界を背負って立つ大活躍。ギャバンが主役なら外れ (駄作)なし、とも言われていた。
Maria ChapdelaineLa Bandera-2
『白き処女地』 マドレーヌ・ルノーと『地の果てを行く』 アナベラ
La_belle_equipe-2.
Les_bas-fonds
『我等の仲間』 シャルル・ヴァネル
『どん底』 ルイ・ジューベ
Pepe le Moko-2 La_grande_illusion-2
『望郷』 『大いなる幻影』 ピエール・フレネーと
Le_quai_des_brumes-2
La_bete_humaine
『霧の波止場』 ミシェル・モルガン
『獣人』 シモーヌ・シモンと

 ・第二次世界大戦中はアメリカへ移住し、同じくアメリカへ逃れていたデュヴィヴィエ監督の 『逃亡者』 (1943年)などハリウッド映画に出演。

 ・アメリカの地でマレーネ・ディートリッヒと恋に落ちた。
 英語はディートリッヒから教わっていたという。
  (右の写真) マレーネ・ディートリッヒと
Gabin-Dietrich
Gabin-Dietrich-2  ・ ギャバンは愛する祖国の為に自由軍フランスに志願し、戦地へ赴いた。
 1944年、連合国軍の兵士慰問活動で戦地を廻っていた ディートリッヒとアルジェリアの地で再会もした。
  (左の写真) マレーネ・ディートリッヒと


 ・戦後、2人はパリで一緒に生活を始め、『狂恋』 (1946年) で共演もしたが、その生活は長くは続かなかった。
 ギャバンは49年にモデルのChristiane Fournier と3度目の結婚をした。
  (右の写真) 『狂恋』 マレーネ・ディートリッヒと
Martin_Roumagnac

 ・戦後もフランス映画界を代表するスターとして活躍。その演技は国際的に高く評価され、『夜は我がもの』 (1951年) でベネチア国際映画際の男優賞を受賞。『現金に手を出すな』 (1954年/監督:ジャック・ベッケル、『われら巴里っ子』 (1954年/監督:マルセル・カルネ) の2作の演技で再びネチア国際映画際の男優賞を受賞。更に、『放浪者アルシメード』 (1959年)でベルリン国際映画際の男優賞(銀熊賞) を受賞した。
Le_mura_di_Malapaga
La_nuit_est_mon_royaume
『鉄格子の彼方』 (1948年/監督:ルネ・クレマン) イザ・ミランダと
『夜は我がもの』 シモーヌ・ヴァレールと
Touchez_pas_au_grisbi-2
L'air_de_Paris
『現金に手を出すな』  ジャンヌ・モロー
『われら巴里っ子』 アルレッティ
French_Cancan
Des_gens_sans_importance
『フレンチ・カンカン』 (1954年/監督:ジャン・ルノワール)
『ヘッドライト』 (1956年/監督:アンリ・ヴェルヌイユ)
フランソワーズ・アルヌールと
Les_miserables
Archimede,_le_clochard
『レ・ミゼラブル』 (1957年) ブールヴィルと
『放浪者アルシメード』

Belmondo Delon Gabin
 ・1960年代以降も、ジャン=ポール・ベルモンドアラン・ドロンといった次世代のスターと共演し、その圧倒的な存在感で映画 ファンを楽しませ、『Le chat (1971年) で、再びベルリン国際映画際の男優賞(銀熊賞) を受賞。
 『脱獄の報酬』 (1976年) が遺作となった。
  (左の写真) 左からジャン・ポール・ベルモンド、アラン・ドロン、ギャバン

Un_singe_en_hiver
Melodie_en_sous-sol-2
『冬の猿』 (1962年/監督:アンリ・ヴェルヌイユ)
ジャン・ポール・ベルモンドと
『地下室のメロディ』 (1963年/監督:アンリ・ヴェルヌイユ)
アラン・ドロンと
Le_clan_des_Siciliens
Le Chat
『シシリアン』 (1969年/監督:アンリ・ヴェルヌイユ)
アラン・ドロン(左)、リノ・ヴァンチュラ(右)と
Le chat 』 (1971年) シモーヌ・シニョレ
Deux_hommes_dans_la_ville
L'annee_sainte
『暗黒街のふたり』 (1973年) アラン・ドロンと
『脱獄の報酬』 (1976年) ダニエル・ダリュー

 ・1976年72歳で他界。遺言により遺骨はブルターニュの海に撒かれた。

Jean Gabin-2
Jean Gabin-3

HOME