20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Annabella

アナベラ

Annabella

1907-1996 (フランス)


heartbar

     代表作

Le Million
 ル・ミリオン 
  Le Milion
  (1931年/フランス)
Quatorze Julliet
 巴里祭
 Quatorze Julliet
  (1933年/フランス)
La bandera
 地の果てを行く
 La bandera
 (1935年/フランス)
Hotel du Nord
 北ホテル
 Hotel du Nord
 
(1938年/フランス)

    フランス映画界最初のアイドル女優

 ・1907年、フランス生れ。本名は Suzanne Georgette Charpentier

 ・アベル・ガンス監督の大作 『ナポレオン』 (1927年) で銀幕デビュー。
 芸名はアメリカの作家エドガー・アラン・ポーの詩 「Annabel Lee 」 から採ったと言われている。
  (右の写真) 『ナポレオン』 でのアナベラ (右)
Napoleon

 ・ルネ・クレール監督の 『ル・ミリオン』 (1931年) の踊子役で注目を集め、同監督の 『巴里祭』 (1933年) の花売り娘役で一躍人気スターとなった。
Quatorze_Juillet-2
 当時の日本でも多くの男性ファンのハートを掴み、外国人女優の中ではブロマイドの売上が1番に。日本でアイドルとなった最初のフランス人女優だった。
 尚、『巴里祭』 の原題はフランス革命記念日である 「7月14日」。アナベラの誕生日も7月14日だった。
  (左の写真) 『巴里祭』

 ・日露戦争を題材とした 『La bataille (1933年) では日本人、外人部隊ものの 『地の果てを行く』 (1935年/監督:ジュリアン・デュヴィヴィエでは砂漠の民ベドウィン族に扮し、『戦ひの前夜』 (1935年) の演技でヴェネチア国際映画祭の主演女優賞を受賞した。
  (右の写真) 『戦ひの前夜』
Veille_d'armes

Suez  ・イギリス映画 『暁の翼』 (1937年)ヘンリー・フォンダと共演。同作をアメリカで配給した20世紀FOX社と契約し、ハリウッドへ進出。
 『スエズ』 (1938年) で共演したタイロン・パワーと恋に落ちた。
 (左の写真) 『スエズ』 タイロン・パワーと

 ・アナベラは、『Paris-Mediterranee (1932年) で共演したジャン・ミュラ ( 『女だけの都』  等に出演) と結婚していたが、離婚してタイロン・パワーと再婚 (39年)
 この結婚に反対していた20世紀FOX社のダリル・F・ザナックが、アナベラにはあまり仕事を与えなかったため、ブロードウェイの舞台で活動していた。
  (右の写真) タイロン・パワーと
Annabella and Tyrone Power

 ・戦後、49年にタイロン・パワーと離婚し、フランスへ帰国。欧州で数本の映画に出演し、アメリカのTVドラマに出演したのを最後に、54年に引退した。

 ・1963年度のアカデミー賞授賞式で、主演女優賞を受賞したパトリシア・ニールの代理人として久々に元気な姿を見せた。

 ・1996年89歳で他界。

Annabella-2
Annabella-3

HOME