20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
Henry Fonda

ヘンリー・フォンダ

Henry Fonda

   
1905-1982 (アメリカ)

    愛称 : ハンク  ( Hank )
starbar

     代表作
 
You_Only_Live_Once
 暗黒街の弾痕
 You Only Live Once
  (1937年/アメリカ)
Jezebel.
 黒蘭の女
 Jezebel
 (1938年/アメリカ)
The_Grapes_of_Wrath
 怒りの葡萄
 The Grapes of Wrath
 (1940年/アメリカ)
My_Darling_Clementine
 荒野の決闘
  My Darling Clementine
 (1946年/アメリカ)
Mister Roberts  ミスタア・ロバーツ
 Mister Roberts
 
(1955年/アメリカ)
The_Wrong_Man
  間違えられた男
 The Wrong Man
  (1956年/アメリカ)
12 Angry Men
 十二人の怒れる男
  12 Angry Men
 (1957年/アメリカ)
On_Golden_Pond
 黄昏
 On Golden Pond
  (1981年/アメリカ)

    史上最高齢76歳でアカデミー賞主演男優賞を受賞

 ・1905年、ネブラスカ州生れ。内気な子供で絵を描くのが趣味だった。新聞記者を志し、ミネソタ大学でジャーナリズムを専攻したが、中退し、小売信用会社で働き始めた。
Henry_Fonda-5
 20歳の時に、母親の友人であったドロシー・ブランドの勧めで、アマチュア劇団オマハ・コミュニティ・プレイハウスの舞台に出演。演劇に魅了され、役者の道を歩み始めることとなった。
  * ドロシー・ブランド … 元女優で劇団オマハ・コミュニティ・プレイハウスの創設者の1人。
   1924年に長男マーロン・ブランドを出産してからは劇団の理事を務めていた。
  (左の写真) 若い頃のヘンリー・フォンダ
 ・1928年、マサチューセッツ州のケープ・プレイハウスでの公演を終えた後、劇団ユニヴァーシティ・プレイヤーズ・ギルドに参加。

 ・1931年、同じ劇団の女優マーガレット・サラヴァンと結婚したが、数ヶ月で破綻。
 1932年、ブロードウェイでの成功を志し、劇団の仲間ジェームズ・ステュアートと、ニューヨークで共同生活をスタートした。
  (右の写真) 若き頃、ジェームズ・ステュアート(右)と
with James Stewart

The Farmer Takes a Wife
 ・ブロードウェイで 「The Farmer Takes a Wife (1934年) がヒットし、その映画化作品 『運河のそよ風』 (1935年/監督:ヴィクター・フレミング で銀幕デビュー。
  ゲーリー・クーパージョエル・マクリーが辞退したため舞台に出演していたフォンダが抜擢された。
  (左の写真) デビュー作 『運河のそよ風』 ジャネット・ゲイナー

 ・初の主演作 『浪費者』 (1936年/監督:ラオール・ウォルシュ、屋外撮影初のカラー作品 『丘の一本松』 (1936年/監督:ヘンリー・ハサウェイ等に出演。『月は我が家』 (1936年) では、元妻のマーガレット・サラヴァンと共演。ハリウッドでは彼女の方が先に成功を収めていた。
The Trai of Lonesome Pine
The Moon's Our Home
『丘の一本松』 シルヴィア・シドニー
『月は我が家』 マーガレット・サラヴァンと

 ・1936年、フランシス・シーモア・ブロカウと再婚。
 37年に長女ジェーン、40年に長男ピーターを授かった。
  (右の写真) 2番目の妻フランシス・シーモア・ブロカウと
Frances_Seymour

 ・演技に定評があったフォンダは、名監督たちの数多くの名作に出演。
You_Only_Live_Once
Jezebel-2
『暗黒街の弾痕』 (1937年/監督:フリッツ・ラング
 シルヴィア・シドニーと
『黒蘭の女』 (1938年/監督:ウィリアム・ワイラー
 ベティ・デイビス

 ・ジョン・フォード監督の作品に3作連続で出演。『若き日のリンカーン』、『モホークの太鼓』 (1939年)『怒りの葡萄』 (1940年)。フォード監督のお気に入りの俳優だった。
Young_Mr_Lincoln-3
/Drums_Along_the_Mohawk-2
『若き日のリンカーン』 『モホークの太鼓』 クローデット・コルベール

The Grapes of Wrath  ・ 原作を読んで以来、『怒りの葡萄』 のトム・ジョード役を熱望していたフォンダは、20世紀FOX社と7年間の長期契約を締結することを条件に同役を得た。同作で初めてアカデミー賞主演男優 賞にノミネートされたが、この年のオスカーは朋友ジェームズ・ステュアートが 『フィラデルフィア物語』 で獲得した。
   (左の写真) 『怒りの葡萄』

 ・フォンダのお気に入りの女優であったというバーバラ・スタンウィックと、『美人は人殺しがお好き』 (1938年)『レディ・イヴ』、『新妻はお医者さま』 (1941年) の3作で共演。
The_Lady_Eve You_Belong_to_Me
『レディ・イヴ』 バーバラ・スタンウィックと
『新妻はお医者さま』 バーバラ・スタンウィックと

 ・オールスター・キャストのオムニバス映画 『運命の饗宴』 (1942年/監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ、日本では劇場未公開だが、フォンダ本人のお気に入りの1作でもある西部劇の隠れた名作 『牛泥棒』 (1943年/監督:ウィリアム・A・ウェルマン 等に出演。
Tales_of_Manhattan
The_Ox-Bow_Incident
『運命の饗宴』 ジンジャー・ロジャース 『牛泥棒』 ダナ・アンドリュース(右)と

 ・第二次世界大戦中は米国海軍に入隊。
  (右の写真) 米国海軍在籍時のヘンリー・フォンダ
Henry_Fonda_USN

My Darling Clementine
 ・戦後の最初の作品は、ジョン・フォード監督とのコンビによる 『荒野の決闘』 (1946年)
 ワイアット・アープ役は、『怒りの葡萄』 のトム・ジョード役と並ぶ代表作となった。
  (左の写真) 『荒野の決闘』 ヴィクター・マチュア(左)と

 ・フォード監督のフォンダへの信頼は厚く、監督が自ら設立した会社 「Argosy Pictures 」 の第1作目、『逃亡者』 (1947年) でも主役に起用された。
 また、『アパッチ砦』 (1948年)では、フォード作品のもう一人の看板スター、ジョン・ウェインと初共演もした。
  (右の写真) 『アパッチ砦』  ジョン・ウェイン(手前右)と 
Fort Apache

 ・20世紀FOX社との契約が終了したフォンダは、契約で縛られるのを嫌って契約更新を拒否。
On_Our_Merry_Way
 古巣のブロードウェイへ戻り、劇団ユニヴァーシティ・プレイヤーズ・ギルド時代からの友人ジョシュア・ローガンが舞台監督を務めた 「ミスタア・ロバーツ」 に出演。空前の大ヒット、ロングランとなり、フォンダは1948年度のトニー賞を受賞した。
  (左の写真) 『我が道は楽し』 (1948年) 朋友ジェームズ・ステュアートと初共演

 ・私生活では、妻フランシスが1950年4月に自殺。ジェーン (当時12歳) とピーター (当時10歳) には、母親は心臓 病で亡くなったと伝えていたという。
 同年12月、演劇プロデューサーのスーザン・ブランチャードと3度目の結婚。女の子を1人養子縁組したが、56年に離婚した。
 * スーザンは99年にリチャード・ウィドマークと4度目の結婚
 をして話題となった。

Susan_Blanchard

< 次ページ >

HOME