20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Picnic

     ピクニック
     Picnic
     監督:ジョシュア・ローガン
     (1955年/アメリカ)
filmbar

 
 ピュー リッツアー賞を受賞した舞台劇の映画化作品

 労働感謝の日 (9月の第1月曜日) の 朝。カンザスのとある町に着いた貨車からハルという若者が降り立った。着の身着のまま文無しの 彼は、通りかかったポッツ家の庭掃除と引き換えに朝食にありつき、隣のオウェンス家の4人の女性 〜 シングルマザーのフロー、長女のマッジ、次女のミリー、同居人の教師ローズマリー 〜 とも顔見知りとなった。
Picnic-1
Picnic-2
 ハルがこの町へ来たのは、大学時代の友人で実業家の息子であるアランに会い、職を得るためだった。アランはハルを歓迎した。
 マッジはアランの恋人であり、フローは2人が結婚することを願っていたが、マッジは結婚に踏み切れないでいた。
Picnic-3.
Picnic-4
 この町では労働感謝の日にピクニックに出かける習慣があり、ハルはミリーと、オールドミス のローズマリーは雑貨店を営むハワードと同伴することになった。
Picnic-7
Picnic-8

Picnic-9
Picnic-10
 川沿いのピクニック会場に町中の人々が集い、さまざまな催し物に興じた。
Picnic-11
Picnic-13

  


youtube
 『ピクニック』 予告編



  主な出演者など

Picnic-24
 ハル役ウィリアム・ホールデン William Holden
 マッジ役キム・ノ ヴァク Kim Novak
 ローズマリー役ロザリンド・ラッセル Rosalind Russell
 フロー役 … ベティ・フィールド Betty Field
 ミリー役 … スーザン・ストラスバーグ Susan Strasberg
 ハワード役 … アーサー・オコンネル Arthur O'Connell

 ・ピューリッツアー賞 (戯曲部門)を受 賞したブロードウェイ劇 (1953年) の映画化作品で、舞台もジョシュア・ローガンが監督を務めていた。
 舞台では、アラン役でポール・ニューマンがブロードウェイ・デビューを果たしている。
  (右の写真) 撮影時。ジョシュア・ローガン監督(左) と ウィリアム・ホールデン
Picnic-25

Picnic-26
 ・ウィリアム・ホールデンは当時37歳で、ハルを演じるには年を取り過ぎていると感じ、一 度は辞退したとも言われている。上半身裸のシーンでは胸毛を剃って撮影に臨んでいた。
 (左の写真) 左から、キム・ノヴァク、スーザン・ストラスバーグ、ウィリアム・ホールデン、
  クリフ・ロバートソン


 ・アカデミー賞の作品賞、監督賞、助演男優賞 (アーサー・オコンネル)、劇・喜劇映画音楽賞、美 術・装置賞、編集賞の6部門でノミネートされ、美術・装置賞、編集賞の2部門で受賞。アーサー・オコンネルは舞台でも同じ役を演じていた。ロザリン ド・ラッセルは助演女優賞の有力候補と評判だったが、本人が主演女優賞でのノミネートを希望したため、選外となったと言われている。
  (右の写真) アーサー・オコンネルとロザリンド・ラッセル
Picnic-27

< 主題曲 「ムーングロウ 〜 ピクニックのテーマ」 >

  ピックアップ … ジョシュア・ローガン監督

Joshua_Logan  Joshua Logan  1908 -1988 (アメリカ)

 ・プリンストン大学在学中から演劇活動に打ち込み、奨学金を得て、モスクワでコ ンスタンチン・スタニスラフスキーから演技を学んだ。尚、プリンストン大学時代から同窓のジェームズ・ステュアートとは友人だった。

 ・帰国後、1932年に舞台俳優としてデビューし、その後、演出家に転身した。

 ・戦後、ブロードウェイで 「アニーよ銃をとれ」 (1946 年〜)、「ミスタア・ロバーツ」 (1948年〜)、「南太平洋」 (1949年〜) といった大ヒット作を演出。

 ・『ピクニック』(1955年) で映画監督として本格的にデビューし、『バス停留所』 (1956年)、『サヨナラ』 (1957年)、『南太平洋』 (1958年) 等、9作品を監督した。 
Bus_Stop
South_Pacific
『バス停留所』 ドン・マレー と マリリン・モンロー
『南太平洋』 ロッサノ・ブラッツィ と ミッツィー・ゲイナー
 ・『ピクニック』 と 『サヨナラ』 でアカデミー賞監督賞にノミネートされ、『サヨナラ』 では日本人のナンシー梅木にオスカー (助演女優賞) を もたらした。

 * ブロードウェイの歴代ロングラン公演  … 「南太平洋」 (第34位)、「ミスタア・ロバーツ」 (第89位)、「アニーよ銃をとれ」 (第90位)。
  (2016年現在)

HOME