20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
William_Holden

ウィリアム・ホールデン

William Holden

 
1918-1981 (アメリカ)

 

starbar

     代表作
 
Sunset_Boulevard
 サンセット大通り
 Sunset Boulevard
 (1950年/アメリカ)
Stalag_17
 第十七捕虜収容所
 Stalag 17
 (1953年/アメリカ)
Sabrina
 麗しのサブリナ
 Sabrina
 (1954年/アメリカ)
Love_Is_a_Many-Splendored_Thing
 慕情
 Love is a Many-Splendored
   Thing

 
(1955年/アメリカ)
Picnic
 ピクニック
 Picnic
 (1955年/アメリカ)
The_Bridge_on_the_River_Kwai
 戦場にかける橋
 The Bridge on the River Kwai
 (1957年/英・米)
The_Wild_Bunch
 ワイルドバンチ
 The Wild Bunch
 (1969年/アメリカ)
Network
 ネットワーク
 Network
 (1976年/アメリカ)

     ハリウッドの正統派二枚目スター

 ・1918年、イリノイ州生れ。本名は William Franklin Beedle Jr. 。3歳の時にカリフォルニア州に移住。パサデナ・ジュニア・カレッジ卒業後、地元の舞台に出演しているところをパラマウント社にスカウトされ、『Prison Farm(1938年)、『Million Dollar Legs (1939年) にエキストラとして出演した。

 ・大ヒットした舞台劇の映画化作品 『ゴールデン・ボーイ』 (1939年/監督:ルーベン・マムーリアン の主役に抜擢された際、彼の名が 「カブトムシ (Beetle ) みたいだ 」 という話になり、その場にいたスカウトマンの元妻で女優のグロリア・ホールデンの姓を拝借することになった。
  * グロリア・ホールデン … 『魔人ドラキュラ』 (1931年) の続編 『女ドラキュラ』 (1936年) で、ドラキュラの娘を演じた。
 
 ・『ゴールデン・ボーイ』 の撮影時、製作者がホールデンに不満で、クビにされそうになったが、バーバラ・スタンウィックによって救われ、彼はこの時の恩を忘れず、毎年、撮影の記念日に彼女に花束を贈っていたという。
 デビュー時は、「隣の男の子 The Boy Next Door 」 というイメージで売り出された。
  (右の写真) 『ゴールデン・ボーイ』 バーバラ・スタンウィックと
Golden_Boy

Invisible_Stripes
Our_Town
『前科者』 (1939年) ジョージ・ラフト (中央)、
ハンフリー・ボガート(右) と
『我等の町』 (1940年/監督:サム・ウッド
 マーサ・スコットと
I_Wanted_Wings
Texas
『空の要塞』 (1941年) ヴェロニカ・レイク
『掠奪の町』 (1941年) クレア・トレヴァー

Brenda_Marshall
 ・1941年、女優のブレンダ・マーシャルと結婚。
 彼女の前夫との間の娘を養子にし、長男 (43年生)と次男 (46年生) を授かった。
  (左の写真) 妻のブレンダ・マーシャルと

 ・第二次世界大戦中は陸軍航空隊に入隊。
 映画俳優として恵まれたデビューを飾ったが、4年近く銀幕から離れていたことが影響したのか、戦後暫らくの間は低迷した。
  (右の写真) 『荒原の女』 (1948年) ロレッタ・ヤング
Rachel_and_the_Stranger

Sunset_Boulevard-2
 ・『サンセット大通り』 (1950年/監督:ビリー・ワイルダーが大ヒット。
 内定していたモンゴメリー・クリフトが辞退し、ホールデンが抜擢された。同作でアカデミー賞の主演男優賞にノミネートもされた。
  (左の写真) 『サンセット大通り』 グロリア・スワンソン

 ・『サンセット大通り』 のグロリア・スワンソン、『イヴの総て』ベティ・デイビスといった大物女優を退けてアカデミー賞主演女優賞を獲得したジュディ・ホリデイ主演の 『Born Yesterday (1950年/監督:ジョージ・キューカー にも出演。日本では未公開であったが、本国ではこちらも大ヒット。ホールデンにとって飛躍の年となった。
  (右の写真) 『Born Yesterday 』 ジュディ・ホリデイと
Born_Yesterday

Stalag_17-2
 ・ビリー・ワイルダー監督と再び組んだ 『第十七捕虜収容所』 (1953年) も大ヒット。
 アカデミー賞の主演男優賞を受賞し、名実ともに、トップ・スターの仲間入りを果たした。
  (左の写真) 『第十七捕虜収容所』 ドン・テイラー(左)と

 ・アカデミー賞授賞式でのスピーチは、たった一言 「Thanks 」。とういのも、テレビ中継の時間が押していたからだった。
 その後、ホールデンは受賞の感謝の気持ちを伝えるために、業界誌に広告を出したという。
  (右の写真) オスカー像を手にするウィリアム・ホールデン
Holden_Oscar

The_Moon_Is_Blue
Escape_from_Fort_Bravo
『月蒼くして』 (1953年/監督:オットー・プレミンジャー
マギー・マクナマラと

『ブラボー砦の脱出』 (1953年/監督:ジョン・スタージェス
エレノア・パーカーと


Executive_Suite
 ・1954年、ドル箱 (マネー・メイキング) スター・ベストテンに第7位で初登場。以後、55年(4位)、56年(1位)、57年(7位)、58年(6位)、61年(8位) とランク入りした。
 日本の洋画誌 「スクリーン」 の人気投票でも、54年に第1位で初登場すると、59年までランク入りした。
  (左の写真) 豪華キャストの 『重役室』 (1954年/監督:ロバート・ワイズ

 ・ビリー・ワイルダー監督との3作目 『麗しのサブリナ』 (1954年) で共演したオードリー・ヘップバーンとは、撮影中に恋愛関係になった。ヘップバーンは子供を欲しがっていたが、ホールデンがパイプカットの手術を施した体であったために結ばれなかったとの説がある。
  (右の写真) 『麗しのサブリナ』 オードリー・ヘップバーンと
Sabrina-2

The_Bridges_at_Toko-ri
 ・『トコリの橋』 (1954年) は、箱根の富士屋ホテル等でも撮影されたが、来日した際、三船敏郎と面談したことがきっかけで、三船主演 『宮本武蔵』 (1954年) 米国版のナレーターを務めた。
  * 『宮本武蔵』 … アカデミー賞の名誉賞 (現在の外国語映画賞) を受賞
  (左の写真) 『トコリの橋』 グレース・ケリー


 ・グレース・ケリーと共演した 『トコリの橋』、『喝采』 (1954年) の2作品は、
本国では同じ12月に公開された。
 50年代のホールデンは引く手あまたの人気ぶりだった。
  (右の写真) 『喝采』 グレース・ケリー、ビング・クロスビー(右)と
The_Country_Girl

< 次ページ >

HOME