20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Sabrina

     麗しのサブリナ
     Sabrina
     監督:ビリー・ワイルダー
     (1954年/アメリカ)
filmbar

 
 オード リー・ヘップバーンの魅力が満開

 大富豪ララビー家のお抱え運転手の娘サブリナは、 子供の頃から主家の次男デイヴィットに恋していた。ある晩、この恋は叶わぬものと痛感したサブ リナは、車庫で自殺を図ったが、主家の長男ライナスに助けられた。
Sabrina-1
Sabrina-2
 サブリナは父親の勧めでパリの料理学校に留学したが、デイヴィットへの想いを絶ち切れない でいた。その頃デイヴィットは、新規事業を図るライナスの政略により、4度目の結婚をすることが決まっていた。
Sabrina-3
Sabrina-4

  


youtube
 『麗しのサブリナ』 予告編



  主な出演者など

Sabrina-21
 サブリナ役 … オードリー・ヘップバーン Audrey Hepburn
 ライナス役 … ハンフ リー・ボガート Humphrey Bogart
 デイヴィット役 … ウィリ アム・ホールデン William Holden
 サブリナの父親役 … ジョン・ウィリアムズ John Williams

 ・原作はサミュエル・テイラーの戯曲 「サブリナ・フェア」 。パラマウント社が、舞台興行中は映画を公開しないという条件で映画化権を取得し、1953年9月から12月にかけて撮影された。
 舞台劇 「サブリナ・フェア」 は、ブロードウェイで1953年11月から翌54年8月まで上演された。 (右の写 真) 左から、H. C. ポッター (舞台監督)、
 ジョゼフ・コットンマーガレット・サラヴァン (舞台の主役)、サミュエル・テイラー
Sabrina_Fair

Sabrina-25
 ・『ローマの休日』 (1953年) でライジング・スターとなったオードリー・ヘップバーンの2 作目 (ハリウッドでの) という事で、パラマウント社の力の入れようが分かる豪華な共演陣となった。 出演料はヘップバーンが1万5千ドル、ホールデンが15万ドル、ボガートが30万ドルだった。
 (左の写真) 手前左から、ビリー・ワイルダー監督、ハンフリー・ボガート、
  オードリー・ヘップバーン


 ・ライナス役に内定していたケー リー・グラントが辞退 (その後、引退を宣言) したため、脚本を書き直しながら撮影が行われた。その時間を稼ぐために、ワイルダー監督がヘップバーンに仮病を使わせた事もあったという。
 ワイルダー監督が次作 『七年目の浮気』 の宣伝までしているのはご愛敬。
 (右の写真) 左から、ハンフリー・ボガート、オードリー・ヘップバーン、
  ビリー・ワイルダー監督

Sabrina-26

Sabrina-27
 ・ヘップバーンが着こなした衣装は 「サブリナ・ファッション」 と呼ばれ、大評判となった。イーディス・ヘッドがデザインした衣装と、ヘップバーン自身が 選んだジバンシィの既製服が着用された。その為、黒のカクテル・ドレス等、どちがデザインしたのかハッキリしない衣装もあり、論争の的となっている。
 (左の写真) ウィリアム・ホールデン と オードリー・ヘップバーン 。
  この衣装はジバンシィの既製服。


 ・ヘップバーンが車の中で口ずさんだ歌は、エディット・ピアフの 「バラ色の人生 〜 ラ・ヴィ・アン・ローズ」 (1946年)
 ボガートがボートの中でかけたコミック・ソングは 「イエス、ウィ・ハブ・ノー・バナナ」。1922年、ブロードウェイのレビューでエディ・カンターが歌った曲。
Sabrina-28

Sabrina-29
 ・アカデミー賞では、監督賞、主演女優賞、脚本賞、撮影賞(白 黒部門)、美術賞(白黒部門)、衣装デザイン賞(白黒部 門)の6部門でノミネートされ、イーディス・ヘッドが自身6度目の衣装デザイン賞を受賞した。
 (左の写真) イーディス・ヘッド(左) とオードリー・ヘップバーン

Sabrina-30
Sabrina-31
Sabrina-32

Sabrina-23
Sabrina-22
Sabrina-24

HOME