20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
Cary Grant

ケーリー・グラント

Cary Grant

   
1904-1986 (イギリス/アメリカ)


starbar

     代表作
 
The_Awful_Truth
 新婚道中記
 The Awful Truth
 (1937年/アメリカ)
The Philadelphia Story
 フィラデルフィア物語
 The Philadelphia Story
 (1940年/アメリカ)
Suspicion
 断崖
  Suspicion
 (1941年/アメリカ)
Arsenic and Old Lace
  毒薬と老嬢
 Arsenic and Old Lace
 
(1944年/アメリカ)
Notorious
 汚名
  Notorious
 (1946年/アメリカ)
An_Affair_to_Remember-1
 めぐり逢い
 An Affair to Remember
  (1957年/アメリカ)
North by Northwest
 北北西に進路を取れ
 North by Northwest
 
(1959年/アメリカ)
Charade
 シャレード
 Charade
  (1963年/アメリカ)

    アメリカで 「伝説のスター」 第2位に選出

 ・1904年、イギリスのブリストル生れ。本名は Archibald Alexander Leach
 9歳の時に母親が失踪。父親から、「母親は死んだ 」 と言われていたが、実は精神疾患で介護施設に入っており、その事を知らされたのは31歳の時だった。
  (右の写真) 子供の頃のケーリー・グラント

 
・1918年、学校を放校処分とされると、家を飛び出し、年齢を偽って、「ボブ・ペンダー劇団」 という曲芸団に入った。
Cary Grant-5
Cary Grant-6  ・1920年、アメリカ公演へ出立し、22年にはブロードウェイの舞台にも立った。劇団の巡業終もアメリカに留まり、芸人としてドサ回りの生活を続け、一時期、ジェームズ・キャグニーと組んだこともあった。
 27年には再びブロードウェイの舞台に立ったが、当時は本名に近い 「Archie Leach 」 という名で活動していた。
  (左の写真) 「アーチー・リーチ」 として舞台活動をしていた時期のケーリー・グラント 

 ・1931年、パラマウント社と契約。芸名を変えることになり、第1候補はブロードウェイの舞台 「Nikki (1931年) での役名 「Cary Lockwood 」 であったが、似た名の男優が別にいたため、クラーク・ゲーブルゲーリー・クーパーにあやかって、「C」 と 「」 となるように、「Cary Grant 」 とした。

 ・コメディ作品 『その夜』 (1932年) で銀幕デビュー。
  (右の写真)  『その夜』 セルマ・トッド
This Is the Night

 ・パラマウント社はケーリーを 「第2のゲーリー・クーパー」 として売り出し、1932年だけで8本の映画 (内1本は短編) に出演。5本目はクーパー主演の 『悪魔と深海』 だったが、2人が一緒に映るシーンは無かった。
Blonde Vinus
Madame Butterfly
『ブロンド・ヴィナス』 (監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ
マレーネ・ディートリッヒ

『お蝶夫人』
シルヴィア・シドニー


with_Randolph_Scott
 ・『七月の肌着』 (1932年) で共演したランドルフ・スコットと意気投合し、共同生活をスタート。
 後年、2人はゲイの関係であったとの証言も出た。
  (左の写真) ランドルフ・スコット(左)と

 ・性に関する際どい台詞を連発し、高い人気を誇ったメイ・ウエストの相手役を務めた 『わたしは別よ』、『妾は天使ぢゃない』 (1933年)の2本が大ヒット。
She_Done_Him_Wrong
I'm No Angel
『わたしは別よ』 メイ・ウエストと 『妾は天使ぢゃない』 メイ・ウエストと

 ・1934年、チャップリン『街の灯』 (1931年) で盲目の花売り娘を演じたヴァージニア・チェリルと結婚したが、1年も続かずに離婚。
 チェリルは家庭内暴力が離婚の原因と表明している。
  (右の写真) ヴァージニア・チェリルと
with Virginia Cherrill

Wings in the Dark
Sylvia_Scarlett
『盲目の飛行士』 (1935年)
マーナ・ロイ

『男装』 (1935年/監督:ジョージ・キューカー
 キャサリン・ヘップバーン

Suzy
Wedding_Present
『暁の爆撃機』 (1936年)
ジーン・ハーロー

『結婚の贈物』 (1936年)
ジョーン・ベネット

 ・1936年、パラマウント社との契約が切れ、フリーの立場を選択。生涯で80本近くの映画 (短編も含む) に出演したが、そのうちの1/3以上はパラマウント社時代の5年間で出演した。

 ・フリーとなってから、都会派コメディの傑作に数多く出演。
The Awful Truth-2 Bringing_Up_Baby
『新婚道中記』 (1937年/監督:レオ・マッケリー
アイリーン・ダン
『赤ちゃん教育』 (1938年/監督:ハワード・ホークス
キャサリン・ヘップバーンと
Holiday
Gunga_Din
『素晴らしき休日』 (1938年/監督:ジョージ・キューカー)
キャサリン・ヘップバーンと

『ガンガ・ディン』 (1939年/ジョージ・スティーヴンス
ヴィクター・マクラグレン(中央)、ダグラス・フェアバンクス.Jr(右)と
Only_Angels_Have_Wings
In Name Only
『コンドル』 (1939年/監督:ハワード・ホークス)
ジーン・アーサー

In Name Only 』 (1939年)
キャロル・ロンバード

His_Girl_Friday-2
The Philadelphia Story-2
『ヒズ・ガール・フライデー』 (1940年/監督:ハワード・ホークス)
ロザリンド・ラッセル
『フィラデルフィア物語』 (1940年/監督:ジョージ・キューカー)
キャサリン・ヘップバーン、ジェームズ・ステュアート(右)と

 ・『愛のアルバム』 (1941年/監督:ジョージ・スティーヴンス) で、アカデミー賞主演男優賞にノミネート。『断崖』 (1941年/監督:アルフレッド・ヒッチコック では、影のある男を演じて新境地を開拓。
Penny_Serenade
Suspicion-2
『愛のアルバム』 アイリーン・ダンと
『断崖』 ジョーン・フォンテイン
The_Talk_of_the_Town
Once_Upon_a_Honeymoon
『希望の降る街』 (1942年/監督:ジョージ・スティーヴンス)
ジーン・アーサー、ロナルド・コールマン(右)と
『恋愛情報網』 (1942年/監督:レオ・マッケリー)
ジンジャー・ロジャース


with Barbara Hutton  ・1942年、大富豪のバーバラ・ハットンと再婚したが、3年後に離婚。
 42年、アメリカの市民権を取得。
  (左の写真) 2人目の妻、バーバラ・ハットンと

 ・『孤独な心』 (1944年) で、2度目のアカデミー賞主演男優賞候補に。
Arsenic_and_Old_Lace-2
None_But_the_Lonely_Heart
『毒薬と老嬢』 (1944年/監督:フランク・キャプラ
ジョセフィン・ハル(左)、ジーン・アデーア(中央)と

『孤独な心』
エセル・バリモアと


 ・ヒッチコック監督との2作目 『汚名』 (1946年) が大ヒット。当時の映倫規程を逆手にとった、イングリッド・バーグマンとの長いキス・シーンは映画ファンの語り草に。
Notorious-2 I_Was_a_Male_War_Bride
『汚名』
イングリッド・バーグマンと

『僕は戦争花嫁』 (1949年/監督:ハワード・ホークス)
アン・シェリダンと

  ・1949年、『恋はかくの如く』 (1948年) で共演した19歳年下の女優ベッツィ・ドレイクと3度目の結婚。
 彼女は結婚後も女優を続け、『Room for One More(1952年)では夫婦で共演もしたが、62年に離婚。
  (右の写真) 3人目の妻、ベッツィ・ドレイクと
with_Betsy_Drake

Monkey_Business
Dream_Wife
『モンキー・ビジネス』 (1952年/監督:ハワード・ホークス)
ジンジャー・ロジャース(中央)、マリリン・モンロー(右)と
Dream Wife 』 (1953年)
デボラ・カー


 ・1953年、「ケーリー・グラントであることを忘れたい 」 と引退を宣言。

次ページ >

HOME