20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Frank Capra

フランク・キャプラ

Frank Capra

 
1897-1991(イタリア/アメリカ)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

Lady_for_a_Day
 一日だけの淑女
 Lady for a Day
  
(1933年/アメリカ)
It_Hppened_One_Night-3.
 或る夜の出来事
 It Happened One Night
  (1934年/アメリカ)
Mr. Deeds Goes to Town
 オペラハット
 Mr. Deeds Goes to Town
  (1936年/アメリカ)
You Can't Take it with You
 我が家の楽園
 You Can't Take it with
  You

 (1938年/アメリカ)
Mr. Smith Goes to Washington
 スミス都へ行く
 Mr. Smith Goes to
  Washington

 (1939年/アメリカ)
Meet John Doe
  群衆
 Meet John Doe
 
(1941年/アメリカ)
Arsenic and Old Lace
 毒薬と老嬢
 Arsenic and Old Lace
 (1944年/アメリカ)
It's a Wonderful Life
  素晴らしき哉、人生!
 It's a Wonderful Life
 
(1946年/アメリカ)

    心温まる名作の数々 戦前のハリウッドきっての人気監督

 ・1897年、イタリアのシチリア島で果樹園を営む両親の7人兄弟の末っ子として生れた。
 6歳の時に家族でロスアンゼルスへ。最も安価で劣悪なボートによる13日間の船旅は、「人生で最悪な経験の1つ 」 であったという。
 高校卒業まで新聞配達を続けて家計を助け、現在のカリフォルニア工科大学在籍中は、安酒場でバンジョーを弾くアルバイトなどをしていた。
 大学卒業後、陸軍に入隊したがスペイン風邪に罹り除隊。回復後、ポーカーのギャンブラーや本のセールスをして、約3年間放浪生活を送った。この期間に、ハリー・ケリー主演の 『ポーカー・フラットの浮浪者』 (1919年/監督:ジョン・フォード にエキストラとして出演した。

 ・1921年、映画界入り。短編ドキュメンタリーを撮った後、ラドヤード・キプリングの詩を自ら脚色した短編映画 『Fultah Fisher's Boarding House(1922年) を監督。その後、ハル・ローチ社で喜劇 『ちびっ子ギャング』 シリーズのギャグライター、マック・セネット・コメディーズ社で脚本家として働いた。

 ・マック・セネット・コメディーズ社からァースト・ナショナル社へ移籍した喜劇役者ハリー・ラングトンに請われ、初の長編 『当たりっ子ハリー』 (1926年)『初恋ハリー』 (1927年) を監督し、ヒットさせた。
 ラングトンが自ら監督もするようになり、キャプラは
クローデット・コルベールの銀幕デビュー作 『力漕一挺身』 (1927年) を監督したが、興行的に失敗作となった。 (右の写真) 『当たりっ子ハリー』 ハリー・ラングトン
Harry_Langdon-2

Harry Cohn and Frank Capra ・コロンビア社で 『呑気な商売』(1928年) を監督。手腕を認められ、同社と専属契約。1作品当たりのギャラは 1,000ドルから2,500ドルになった。
 同社での6作目 『サブマリン』 (1928年)は、従前の5倍の予算を投入した自身初のA級作品だったが、これが大ヒットし、同社初のオール・トーキー 『ドノヴァン』 (1928年) も監督。コロンビア社の最重要監督となった。
  (左の写真) コロンビア社の社長ハリー・コーン(左)と

 ・『希望の星』 (1930年) のヒロインに抜擢したバーバラ・スタンウィックは、キャプラ監督のお気に入りとなり、『奇跡の処女』 (1931年)、『たそがれの女』 (1932年)、『風雲のチャイナ』 (1933年) でもヒロインを務めた。
 (右の写真) 『希望の星』 撮影時。マリー・プレヴォー(左)、バーバラ・スタンウィック(右)と
Ladies_of_Leisure

Stanwyck and Capra Riskin and Capra
バーバラ・スタンウィックと  ロバート・リスキン(左)と

 ・『一日だけの淑女』 (1933年)が、アカデミー賞の作品、監督、主演女優、脚色の4部門でノミネートされたが、惜しくも無冠に。
 脚色は 『奇跡の処女』 の原案者ロバート・リスキン。名コンビとなり、『或る夜の出来事』 (1934年)、『オペラハット』 (1936年)、『我が家の楽園』 (1938年)、『群衆』 (1941年) といった名作を生み出すこととなった。
  (右の写真) 『一日だけの淑女』 撮影時。ウォーレン・ウィリアム(左)と
Lady_for_a_Day-3

It_Hppened_One_Night-3
 ・『或る夜の出来事』 (1934年)で、アカデミー賞の作品、監督、主演男優、主演女優、脚色賞の主要5部門制覇という快挙を達成。
 
20世紀中に主要5部門を制覇したのは他に、『カッコーの巣の上で』 (1975年) と 『羊たちの沈黙』 (1991年) だけである。
  (左の写真) 『或る夜の出来事』 撮影時。 クローデット・コルベール、
   クラーク・ゲーブル(右)と


 ・1935年、アカデミー協会会長に就任。
 1936年の授賞式開催の危機を乗り切り、1939年まで会長を務めた。
 また、1939年から2年間、映画監督組合 (現在の全米監督協会)の理事長に就任。1960年にも再選出された。
  (右の写真) オスカー像を手にするキャプラ監督
Capra-Oscar

Mr_Deeds_Goes_to_Town-3
 ・『その夜の真心』 (1934年) を撮った後、『オペラハット』 (1936年) を監督。
 同作で2度目のアカデミー賞監督賞を受賞。
 クラーク・ゲーブルもゲーリー・クーパーも、キャプラ監督の作品でキャリアを飛躍させた。
  (左の写真) 『オペラハット』 撮影時。ゲーリー・クーパー(左)、ジーン・アーサー

 ・冒険ファンタジー 『失はれた地平線』 (1937年) は、撮影に1年近く費やした意欲作であったが、コロンビア社史上最大の予算 (当時) を回収することが出来なかった。
  (右の写真) 『失はれた地平線』 (1937年)撮影時。ロナルド・コールマン(右)と
Lost Horizon

You_Can't_Take_it_With_You-3.
 ・『我が家の楽園』 (1938年) で、アカデミー賞の作品賞と監督賞を受賞。
 5年間で作品賞を2度、監督賞を3度も受賞。まさに黄金時代だった。
 ジェームズ・ステュアートも、キャプラ監督の作品によってキャリアを飛躍させたスターの一人。
  (左の写真) 『我が家の楽園』 撮影時。右から時計回りに、ライオネル・バリモア、
   キャプラ監督、ジェームズ・ステュアート、ジーン・アーサー。

 ・『スミス都へ行く』 (1939年) は、コロンビア社時代の最高傑作となった。
 アカデミー賞では、作品賞など10部門でノミネート。同年は、『風と共に去りぬ』 など強力なライバルがひしめき、受賞は原案賞のみに終わった。
 コロンビア社での最後の作品となったが、二流スタジオであったコロンビア社(現ソニー・ピクチャーズ社) は、キャプラ監督によって一流となった。 
 (右の写真) 『スミス都へ行く』 撮影時。ジェームズ・ステュアート (左)、ジーン・アーサーと
 
Mr_Smith_Goes_to_Washington-3

Meet_John_Doe-3
 ・自ら映画製作会社を設立し、『群衆』 (1941年) を製作・監督。ヒロイン役には、8年ぶりにバーバラ・スタンウィックが起用された。
  (左の写真) 『群衆』 撮影時。バーバラ・スタンウィック、ゲーリー・クーパー(中央)と

 ・ワーナー・ブラザーズ社で、ブロードウェイの大ヒット作 『毒薬と老嬢』 (1944年) を監督。キャプラ監督の作品では異色のブラック・コメディ。
 1941年に撮り終えていたが、ブロードウェイの興行終了後に公開された。
  (右の写真) 『毒薬と老嬢』 撮影時。ケーリー・グラント(左)と
Arsenic_and_Old_Lace-3

Capra-1945  ・第二次世界大戦中は陸軍の映画班に所属し、ドキュメンタリー映画を10本近く監督。
 『Prelude to War (1942年) は、アカデミー賞のドキュメンタリー映画賞を受賞した。
  (左の写真) ジョージ・C・マーシャル陸軍参謀総長からメダルを授与
   されるキャプラ監督



 ・戦後、ウィリアム・ワイラージョージ・スティーブンスらとリバティ・フィルムズ社を設立し、『素晴らしき哉、人生!』 (1946年) を発表。
 現在では、キャプラ監督の作品で人気No.1の作品だが、公開当時は興行成績が不振で、リバティ・フィルムズ社は次作の 『愛の立候補宣言』 (1948年) を製作後に解散した。
  (右の写真) 『素晴らしき哉、人生!』 撮影時。 ジェームズ・ステュアートと
It's_a_Wonderful_Life-2

 ・パラマウント社で、ビング・クロスビー主演の 『恋は青空の下』 (1950年)、『花婿来たる』 (1951年) を製作・監督。

 ・‟赤狩り” を巡る映画監督組合内の対立に嫌気が差して、組合の理事を辞任。以後、映画界と距離を置き、TVの教育用ドキュメンタリー番組を4本監督した。

Capra and Davis  ・8年ぶりの劇場用映画 『波も涙も暖かい』(1959年) を監督。

 ・出世作 『一日だけの淑女』 をリメイクした 『ポケット一杯の幸福』 (1961年) を製作・監督。最後の劇場用映画となった。
  (左の写真) 『ポケット一杯の幸福』 撮影中。ベティ・デイビス

 ・1982年、AFI (アメリカ映画協会) の生涯功労賞を受賞。
 授賞式のホストはジェームズ・ステュアートが務めた。
  (右の写真) ジェームズ・ステュアートと
Capra_and_Stewart-3

Frank Capra-2  ・拝金主義にまみれた特権階級を嘲笑い、人間の素朴さ・純真さ・誠実さに光をあてたキャプラ監督。
 心温まるヒューマニズムに溢れた作風は 「キャプラスク」 と呼ばれるようになり、今でも多くの人々を魅了し続けている。

 ・1991年94歳で他界。

HOME