20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Meet John Doe

       群衆
        Meet John Doe
        監督:フラン ク・キャプラ
        (1941年/アメリカ)
filmbar

  名匠フランク・キャプラの独立後最初の作品

 ある州の新聞社が政財界の大物D・B・ノート ンによって買収され、新任の編集長ヘンリー・コネルは大量の人員整理を敢行し た。 コラムニストのアン・ミッチェルは、「記事にパンチが効いていない 」 との理由でクビを言い渡されてしまった。ヤケクソとなったアンは最後にデタラメの投書記事を書いて会社を後にした。
    「私は失業した…。州の政策が良くないからだ…。抗議の為に、クリスマス・イヴの晩に市庁舎から
     飛び降り自殺をする…。差出人ジョン・ドー
」  

Meet_John_Doe-1
Meet_John_Doe-2
Meet_John_Doe-3
 アンの記事はパンチが効きすぎて?大反響を呼んだ。アンはコネルに呼び出され、記事がデッ チ上げであることを告白。コネルは頭を抱えてしまった。
 アンは架空の人物ジョン・ドーを実在の人物に仕立て上げ、記 事の続きを掲載することを提案した。
 アンとコネルは、失業者の中からジョン・ドーに仕立て上げる人物を選抜する面接を始めた。
 マイナー・リーグでピッチャーをしていたが腕を怪我して失業中というジョン・ウィロビーが、 何も知らずに面接に来ていた。見た目も誠実そうである。アンとコネルは、ウィロビーをジョン・ドーに仕立て上げることに決めた。

Meet_John_Doe-3-2
Meet_John_Doe-4
  

youtubelogo
 『群衆』 予告編


  主な出演者など

Meet John Doe-38  ・ジョン・ウィロビー (ジョン・ドー) 役 …  ゲーリー・クーパー Gary Cooper
 ・アン・ミッチェル役 … バーバラ・スタンウィック Barbara Stanwyck
  ・D・B・ノートン役 … エドワード・アーノルド  Edward Arnold
 ・大佐” … ウォルター・ブレナン Walter Brennan
  ・ヘンリー・コネル役 … ジェームズ・グリースン  James Gleason

 ・フランク・キャプラ監督が コロンビア社から独立し、脚本家のロバート・リスキンと共に設立した会社で製作した最初の作品 (配給はワー ナー・ブラザーズ社)。
 名コンビだったリスキンとの最後の作品となっている。
  (右の写真) 『群衆』 撮影時。左からバーバラ・スタンウィック、ゲーリー・クーパー、
   キャプラ監督
Meet_John_Doe-3

Meet John Doe-40  ・キャプラ監督は、主役はゲーリー・クーパーしかいないと決めていて、同監督の 『オペラハット』 (1936年) で主役を務めていたクーパーは、キャプラ監督ならばと、脚本をほとんど読まずに出演を快諾したという。

 ・ヒロイン役は、オ リヴィア・デ・ハヴィランド、アン・シェリダンも候補として挙がっていたが、最終的にキャプラ監督のお気に入りの女優であったバーバラ・スタン ウィッ クが8年ぶりにキャプラ監督作品に出演することになった。
  
Meet John Doe-41

Meet John Doe-42  ・映画のラストは4〜5パターンが準備されており、中にはジョン・ドーが自殺をしてしまう パターンもあったという。

 ・アカデミー賞では脚本(原案)賞にノミネートされたが受賞は逃した。


  ピック・アップ … エドワード・アーノルド

Edward Arnold
  Edward Arnold  1890-1956  (アメリカ)

 ・1890年、ニューヨーク生まれ。17歳の時に舞台俳優となった。

 ・『The Misleading Lady (1916年)で銀幕デビューし、 2年間で50本近くの映画に出演したが、1920年代は舞台を中心に活動した。
 ・『O・Kアメリカ』 (1932年) で、トーキー映画に初出演。以後、活動の場を映画に移し、『ダイヤモンド』 (1935年)、『大自然の 凱歌』 (1936年/監督:ウィリアム・ワイラー 等では主役を務めた。
 『我が家の楽園』 (1938年) でフランク・キャプラ監督のお気に入りとなり、『スミス都へ行く』 、『群衆』 にも出演。
Come_and_Get_It
Mr._Smith-42
『大自然の凱歌』 フランシス・ファーマー
『スミス都へ行く』
 ・1940〜42年まで映画俳優組合の代表を務め、ロサンゼルス市議会議員に立候補したこ ともあったが落選。
 その後も、『私を野球につれてって』 (1949年)、『アニーよ銃をとれ』 (1950年)、遺作となった 『Miami Expose(1956年) 等、数多くの映画に出演。

 ・1956年66歳で他界。

HOME