20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Jean Arthur

ジーン・アーサー

Jean Arthur

 
1900-1991 (アメリカ)


heartbar

     代表作

Mr. Deeds Goes to Town
 オペラハット 
  Mr. Deeds Goes to Town
  (1936年/アメリカ)
The Plainsman
 平原児
 The Plainsman
  (1936年/アメリカ)
History_is_made_at_Night
 歴史は夜作られる 
  History is Made at Night
  (1937年/アメリカ)
You_Can't_Take_it_With_You
 我が家の楽園
 You Can't Take It
   with You

  (1938年/アメリカ)
Mr. Smith Goes to Washington
 スミス都へ行く 
  Mr. Smith Goes to
 Washington
  (1939年/アメリカ)
Shane
 シェーン
 Shane
  (1953年/アメリカ)
 
    ハスキー・ボイスでトーキー後に人気爆発

 ・1900年、ニューヨーク生れ。本名は Gladys Georgianna Greene 。芸名は、彼女にとっての歴史上の英雄 「ジャンヌ・ダルク 」 と「アーサー王 」 から採った。
 父親が写真家だったこともあり、子供の頃からモデルをしており、フォックス社にスカウトされて映画界入り。
  『侠骨カービー』 (1923年/監督:ジョン・フォード の準主役級で銀幕デビューした。
 2作目の 『海底の大宮殿』 (監督:ヘンリー・オットー) ではヒロインに抜擢されたが、監督が彼女の演技に不満でエキストラ同然の端役に降格。その後、数本の短編映画に出演しただけで、1年の契約が終了するとお払い箱にされた。

  ・演技が好きだった彼女は女優を続け、マイナー会社で数多くのB級西部劇に出演。撮影環境は劣悪であったという。
 また、バスター・キートンの 『セヴン・チャンス』 (1925年) にもクレジットなしの端役で出演した。
  (右の写真) 『セヴン・チャンス』 の出演シーン
Seven_Chances

 ・コメディ 『野球王』 (1928年) の演技で注目を集め、パラマウント社と契約。
 彼女は 「しゃがれ声」 であったため、トーキー時代を乗り越えられるか危ぶまれ、実際、その声の為に起用を敬遠する製作者や監督もあったという。
 トーキー移行後、『カナリヤ殺人事件』、『恋のデパート』 (1929年) 等に出演したが、なかなか芽が出なかった。
The_Canary_Murder_Case
The Saturday Night Kid
『カナリヤ殺人事件』 ルイーズ・ブルックス(右)と 『恋のデパート』 クララ・ボウ(中央)と

 ・1932年、パラマウント社との契約が切れたのを契機に、活動の中心をブロードウェイの舞台に移した。舞台の合間を縫って映画にも出演し続けたが、舞台を経験したことで演技を磨き直した。

The Whole Town's Talking  ・1934年、コロンビア社と契約。
 コメディ 『俺は善人だ』 (1935年/監督:ジョン・フォード) でキャリア・ウーマンを演じて好評を博した。この頃から髪をブロンドに変えた。
  (左の写真) 『俺は善人だ』 エドワード・G・ロビンソン

 ・1936年、キャリア最大の転機が訪れた。
 『オペラハット』 (監督:フランク・キャプラが大ヒットし、国際的な人気女優となった。当初のヒロイン役であったキャロル・ロンバードが撮影直前にキャンセルし、彼女の起用が決まったのは撮影開始後だった。
  (右の写真) 『オペラハット』 ゲーリー・クーパー
Mr. Deeds Goes to Tpwn-2

Capra_Arthur
 ・フランク・キャプラ監督のお気に入りの女優となり、同監督の 『我が家の楽園』(1938年)『スミス都へ行く』(1939年) でもヒロインに起用された。『オペラハット』 で大ブレイクした時は36歳。同じくハスキー・ボイスの大スター、グレタ・ガルボが引退した年齢である。
 遅咲きではあったが、以後、名監督たちに起用され、高い人気を保持した。
  (左の写真) 『我が家の楽園』 撮影時。フランク・キャプラ監督と

 ・パラマウント社に貸し出されて出演した大作西部劇 『平原児』 (1936年/監督:セシル・B・デミルで、お気に入りの男優であったゲーリー・クーパーと再共演。西部開拓時代の実在の人物 「平原の女王」 ことカラミティ・ジェーンを颯爽と演じ、自身のお気に入りの役の1つとなった。
  (右の写真) 『平原児』 ゲーリー・クーパーと
The Plainsman-2

 ・靴を脱ぎ捨てて踊るシーンが評判となったメロドラマの秀作 『歴史は夜作られる』 (1937年/監督:フランク・ボーゼージ、キャプラ監督との2作目で、アカデミー賞作品賞を受賞した『我が家の楽園』 (1938年) 等に出演。
History is made at NightYou_Can't_Take_It_with_You-2
『歴史は夜作られる』
 シャルル・ボワイエ
『我が家の楽園』
 ジェームズ・ステュアート(中央)、ライオネル・バリモア(右)と

 ・航空アドベンチャー 『コンドル』 (監督:ハワード・ホークス、キャプラ監督との3作目 『スミス都へ行く』 (1939年)に出演。キャプラ監督の絶頂期をヒロイン役として支えた。
 39年には 『風と共に去りぬ が公開されたが、彼女はスカーレット・オハラ役の最終候補の4人まで残っていた。
Only_Angels_Have_WingsMr._Smith_Goes_to_Washington-2
『コンドル』 ケーリー・グラント 『スミス都へ行く』 ジェームズ・ステュアートと

 ・『希望の降る街』 (1942年)、『陽気なルームメイト』 (1943年) と、2作続けてジョージ・スティーヴンス監督作のヒロインに起用され、『陽気なルームメイト』 でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。スティーヴンス監督曰く、「彼女は最も偉大なコメディエンヌの1人 」。
The Talk of the Town
The More the Merrier
『希望の降る街』
ケーリー・グラント(中央)、ロナルド・コールマン(右)と
『陽気なルームメイト』
ジョエル・マクリー

 ・1944年、コロンビア社との契約が終了すると、時折舞台には出演していたが、銀幕からは遠ざかり、映画女優としては引退に近い状況となった。
  (右の写真) 『西部を駆ける恋』 (1943年) ジョン・ウェイン
A_Lady_Takes_a_Chance-2

A_Foreign_Affair-3
 ・ビリー・ワイルダー監督に請われ、『異国の出来事』 (1948年)で4年ぶりに銀幕復帰。
  (左の写真) 『異国の出来事』 マレーネ・ディートリッヒ (左)と

 ・1950年、ブロードウェイの舞台 「ピーター・パン」 で、タイトル・ロールを演じて大成功を収めた。
  (右の写真) 「ピータ・パン」 に扮したジーン・アーサー。当時50歳。
Peter Pan

Shane-2
 ・ジョージ・スティーヴンス監督に請われ、『シェーン』 (1953年)で5年ぶりに銀幕復帰。
 彼女にとって最初のカラー作品で、キャリア最大のヒット作となったが、最後の劇場用映画にもなった。
  (左の写真) 『シェーン』 アラン・ラッド(左)、ヴァン・ヘフリン(右)と

 ・TVドラマ 「Gunsmoke(1965年) にゲスト出演し、12年ぶりに公に姿を現し、翌66年には 「ジーン・アーサー・ショー」 という冠番組が放映されたが、視聴率が伸びずに3ヶ月で打ち切りとなった。
  (右の写真) 「ジーン・アーサー・ショー」 より
The_Jean_Arthur_Show

 ・1960年代後半から数年間、 ニューヨークのヴァッサー大学とノース・カロライナ芸術大学で演技についての講義を受け持った。後の大女優メリル・ストリープ (ヴァッサー大学) も受講生の1人だった。

 ・私生活ではマスコミを遠ざけ、隠遁生活を送っていた。2度の結婚・離婚をしたが、最初の結婚は僅か1日で解消。『西部を駆ける恋』 等の製作者フランク・ロスとの2度目の結婚 (1932-1949) でも子宝には恵まれなかった。

 ・1991年90歳で他界。遺灰はカリフォルニア州沖のポイントロボスに撒かれた。

Jean Arthur-2
Jean Arthur-3

HOME